FC2ブログ

山遊人の徒然日記

山と写真をこよなく愛するおじさんのブログです。 山行記録や旅日記また花の写真などを中心によしなし事を載せていきます。 同好の方がみえましたらお立ち寄り下さい。
No  892

山登りの喜び、再び:竜頭山

5月30日(土)

奥三河:竜頭山(752.6m)

新型コロナウィルス感染拡大防止のために全国に出ていた「緊急事態宣言」が25日に解除された。
まだまだ油断はできないが、1か月半に及ぶ自粛生活にも一応の区切りがついた。
県をまたぐ外出はまだ自粛が続くが、足慣らしも兼ね、約2か月振りに愛知県内の山へ登る計画を立てる。
山仲間2人と一緒に、愛知県奥三河にある「奥三河名山八選」の山の一つ「竜頭山」へ山行する。
ryuutozanmap.png 

ryuutouzan.png

【天気】 晴れ
SPAS_COLOR_202005300000.png

【コースタイム】

鳴沢苑駐車場(7:45)~登山口(7:52)~小竜頭分岐(8:52)~竜頭山(9:20/9:25)~大竜頭(9:50)~展望台(10:06)~途中で昼食(10:35/11:00)~竜頭山(11:08)~小竜頭分岐(11:28)~小竜頭(11:39/11:45)~小竜頭分岐(12:00)~登山口(12:37)~鳴沢苑駐車場(12:47)



朝6時前に出発し、湾岸道から新東名道を走って新城ICを出る。
R257を北上し、途中で左折れして当貝津川に沿ってR420を走る。
折立の集落を過ぎ、国道脇の道を左手に少し下って、午前7時半ごろ鳴沢苑の駐車場に着く。
鳴沢苑は現在は営業していないが、10台以上は駐められそうな大きな駐車場がある。
駐車場を少しく下ると、「鳴沢の滝」という落差15m程の滝があるそうである。
きれいなトイレも設置されている。
先客の車が2台駐車している。
IMG_4300.jpg

準備をして、8:45、田んぼの中の道を歩き始める。
IMG_4302.jpg

5分ほど歩き一旦国道に出て、すぐに小滝バス停前の民家の所から谷に下る。
IMG_4303.jpg

すぐに赤い鉄板の橋が架けられた谷を渡る。
IMG_4304.jpg

その先で再び谷を渡って尾根に取り付く。
(手前の道標を見逃してしまい、正規の登山道から左へずれた踏み後を登る)
すぐに右手から正規の登山道が合流し、そこからは尾根に沿った道を登っていく。
杉林の道から登るにつれ傾斜の増す雑木林の道に変わる。
IMG_4305.jpg

竜頭山へ続く稜線直下の道は結構な急坂で、久し振りの登山で息が上がる。
登山口から約1時間登り、8:52、やっと稜線上に出る。
ここで帰りに寄る小竜頭への道が左へ分岐する。
IMG_4306_20200531072226887.jpg

右手に折れて、小さなピークをアップダウンしながら竜頭山への道を歩いていく。
20分ほど行くと、地図上にはない林道を横切り、正面の階段を登って竜頭山を目指す。
IMG_4307.jpg

分岐から30分弱かかり、9:20、展望のない二等三角点の竜頭山山頂に着く。
IMG_4309.jpg

少し休憩した後、その先にある大竜頭を目指す。
小さなピークから急坂を50mほど下る。
最低鞍部から大竜頭の岩峰への急坂を20、30m登り、9:50、石像が祀られた小さな広場がある大竜頭に着く。
IMG_4320_20200531072122b86.jpg

IMG_4312.jpg

山頂にザックを置き、少し下った展望台へ行く。
5,6分下ると、両側が切れ落ちた岩上の展望台に着く。
IMG_4317_20200531072109937.jpg

展望台からは、鳳来寺山方面や北設楽の山々が見渡せる。
天気が良ければ南アルプスも見えるそうである。
IMG_4314.jpg

IMG_4319_20200531072058338.jpg

IMG_4315_20200531072101848.jpg

大竜頭を後に来た道を戻り、途中の登山道脇で昼食を食べる。
昼食後、再び竜頭山を通過し小竜頭を目指す。
竜頭山から30分ほどかかり、11:39、小竜頭に着く。
IMG_4326.jpg

少し先の切り開きからは、平山明神山、大鈴山方面が見える。
IMG_4321_20200531072032a68.jpg

小竜頭から分岐まで戻り、登山口まで急坂を下って、12:47、鳴沢苑駐車場に戻る。
駐車場には観光客の車も含めて7、8台の車が駐まっている。

まだまだ感染が心配されるので日帰り温泉に立ち寄るのはやめ、新東名,湾岸道を走り、午後3時ごろ名古屋へ帰る。



コロナ禍で、いっさい山へ行くことは自粛しており、約2ヶ月振りの山行であった。
この間、近所の散歩や自転車で出かけたりする程度で、体力が大分落ちてしまった。
稜線までの急登や大竜頭の岩峰への急坂の登り下りは、低山にしては結構体力を要した。
竜頭山は、標高は800mにも満たない山であるが、予想していた以上に歩き甲斐のある山であった。
久し振りに緑滴る新緑の中を歩き、改めて自然の中に身を置くことの出来る喜びを実感できた山行であった。
途中で数パーティーとすれ違っただけであったが、たくさんの人が登るような山では密になる心配もある。
今後しばらくはこのような静かな山を探して登りたい。
まだまだ感染拡大防止への配慮を忘れてはならないが、徐々に山行が出来る環境が戻ってくることを願っている。
山遊人

別窓 | 山行 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
No  882

静かな尾根を辿り:伊吹山

4月4日(土)

伊吹山地:伊吹山(1377.3m)

上平寺尾根から弥高尾根をたどり伊吹山に山行する。
ibukiyamamap.gif

ibukiyama.png

【天気】 下界では晴れていたが、山頂はガスがかかる
SPAS_COLOR_202004040000.png

【コースタイム】
伊吹神社駐車場(6:35)~上平寺城跡(7:20/25)~弥高尾根分岐(7:50)~弥高山(8:05)~伊吹山(9:45)~山頂小屋(9:50/10:10)~5合目分岐(11:00)~弥高山分岐(11:43)~上平寺尾根分岐(12:05)~上平寺城跡(12:17)~伊吹神社駐車場(12:48)



日本中に新型コロナウィルスの感染拡大が猛威をふるっている。
不要不急の外出が要請されてひき籠り状態が続き,閉塞感に覆われている。
所属山岳会の山行もすべて中止され、家にじっと籠っているとストレス感が増してくる。
一人で車で行けば、感染の心配もないだろうと、久しぶりに山に出かける。
以前から登ってみたかった上平寺尾根から弥高尾根を経て伊吹山へ登りに行く。
名古屋では20℃を超す暑くなる予報が出ている。
午前5時半前に家を出て、名神道を走って関ケ原ICを出る。
R365を走り、上平寺集落で案内に従って右折れする。
6時半前、伊吹神社手前の駐車場に駐車する。
10台以上は駐められそうな新しい駐車場である。
IMG_4272.jpg

現地に着くと伊吹山山頂には雲がかかっている。
すでに先客が2人準備をしている。
準備を済ませ、6:35、橋を渡って伊吹神社の鳥居をくぐる。
IMG_4273.jpg

ここから奥の登山道沿いには、戦国大名の京極氏の城館跡や上平寺城跡が点在する史跡の道である。
IMG_4275_0000.jpg

京極氏庭園跡を右手に見て、伊吹神社の前を左に曲がり、登山道に入る。
IMG_4277_2020040416323847b.jpg

IMG_4278.jpg

よく整備された歩きやすいジグザグの道を登り、緩やな尾根になると三の丸跡が出てくる。
IMG_4279_20200404163208364.jpg

少し先の右手の丘の上に登ると上平寺城本丸跡がある。
IMG_4281_20200404163209beb.jpg

IMG_4280_0000.jpg 

城跡からは南に養老山系が見える。
IMG_4283.jpg

城跡から25分ほどで左手から弥高尾根からの道が合流する。
IMG_4285.jpg

その上のピークで一人で登りに来ていた登山者と出会う。
この道は何度も登っているようで、弥高山から山頂へ直登する道の状態等を教えてもらう。
見通しのいい尾根道を行くと,右手に伊吹山ドライブウェーが見える。
IMG_4288_202004041631473d4.jpg

左手に5合目へ行く道が分岐すると、8:05、展望のない弥高山に着く。
ここから直登の道は,傾斜がきつく踏み後も薄くなり、ササをかき分けながら登っていく。
IMG_4286_202004041631462b9.jpg

ガスの中に山頂方面がうっすらと見える岩場の中の急な道を尾根を外さないように登っていく。
IMG_4289.jpg

殆ど赤テープ等もない分かりにくい急な道を1時間半程度登り、やっと獣除けのネットが張られた山頂近くに出る。
少し先で上野から登ってきた一般道と合流し、9:45、一等三角点の山頂に着く。
IMG_4290.jpg

風が強く寒いので、来週からの小屋明け準備をしていた小屋の中で休憩させてもらう。
今年は積雪が少なく、来週の土曜日にはドライブウェーが開通するそうである。
休憩後、10:10、上野からの一般道を下りにかかる。
下の方からは続々と登山者が登ってくる。
私と同じようにストレス解消のためか、予想以上に登山者が多いのにはビックリする。
IMG_4292_2020040416312863f.jpg

午前11時ころ6合目避難小屋下を通過し、その下の弥高山への分岐点を探しながら下るもよくわからない。
5合目休憩所の上まで下り、適当に左手の樹林帯に入る。
道らしい道がない樹林の中を歩き、2度ほど沢を横切ってトラバースする。
地図で確認すると下り過ぎているので、少し登り返してやっと正規の道に出る。
12:05、弥高山の下で登りにとった山頂直登の道と合流する。
緩やかな尾根道をあるいていくと、青空が広がりだし、伊吹山山頂が姿を現す。
IMG_4294_20200404163027772.jpg

登ってきた尾根も正面に見える。
IMG_4295_20200404163028623.jpg

上平寺城跡を通り、12時半ごろ伊吹神社下にある京極氏庭園跡に立ち寄る。
今では礎石があるだけであるが、かなり大きな庭園があったようである。
IMG_4297.jpg

12:48、伊吹神社の駐車場に無事降り立つ。

帰りは、日帰り温泉にも立ち寄らず、名神道を走り、午後2時過ぎ名古屋へ帰る。



今日の上平寺尾根から弥高尾根を登るルートは、登山者も少なく途中で一人と会っただけであった。
途中の弥高山までは道もはっきりしており歩きやすいルートであった。
しかし,そこから上の山頂直登のルートは、踏み後もはっきりせず、急坂の続く道であった。
地図を頼りに、ガスの中を尾根をはずさないように注意して登った。
山頂直下はかなり急で、下りにとると大変そうな道であった。
一般道の5合目上にある弥高山への分岐が分かりにくかった。
適当にトラバースして弥高山に出たが、一度反対からたどってみるといいかもしれない。
一般道を登ってくる登山者が多いのには驚かされた。
やはり皆が家籠りを強制されており、ストレス発散のために登ってくるのだろか?
山の自然の中では感染の危険はないが、途中の交通機関等では感染に十分注意したい。
山遊人

別窓 | 山行 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
No  881

日本最古の官道竹内街道を歩いて:二上山

2020年3月23日(月)

二上火山群:二上山【雄岳(517m)・雌岳(474m)】

大阪と奈良を結ぶ日本最古の官道といわれる「竹内街道」を歩いて、多くの史跡の残る山、二上山(にじょうざん・ふたかみやま)に登る。
nijouzanmap2.gif

nijouzan.png

【天気】 晴れ
SPAS_COLOR_202003230000.png

【コースタイム】
上ノ太子駅(9:35)~近つ飛鳥の里太子道の駅(10:33/10:43)~鹿谷寺跡(11:10)~馬の背(11:38)~二上山雄岳(11:55)~雌岳(12:13/12:35)~岩屋峠(12:50)~竹内峠(13:14/13:23)~綿弓塚(14:00)~當麻寺(14:28/14:58)~当麻駅(15:14)



すっかり春めいた暖かなハイキング日和の一日になりそうである。
同行者3名と朝7時前に近鉄名古屋駅に集合する。
7:00発,この春に投入された新型名阪特急「ひのとり」に乗車する。
深いメタリックレッド色をした車体で、気持ちのいいシートに座って大和八木駅まで乗る。
さらに乗り換えて橿原神宮を通り、9:24、上ノ太子駅で下車する。
ここで待ち合わせしていた大阪からの仲間一人と合流する。
IMG_4219_202003240827283b4.jpg


暖かな陽気の中、駅前から竹内街道歩きを始める。
IMG_4220_202003240827305ff.jpg

R166に沿って歩いていく。
IMG_4221.jpg

国道をはなれ、竹内街道の石碑や案内が建つ雰囲気のある街の中を歩いていく。
IMG_4224.jpg

IMG_4225.jpg


IMG_4230.jpg

飛鳥川を渡り、茅葺の旧家の残る街中の道を歩いていく。
IMG_4232_20200324082657310.jpg

国道横にある「近つ飛鳥の里太子道の駅」を通り、国道を少し歩き,午前11前,二上山登山口に着く。
IMG_4236.jpg

ここから階段の続く登山道を登っていく。
IMG_4239_202003240826408c5.jpg

しばらく登り鹿谷寺跡に出る。
IMG_4240_202003240826268be.jpg

ここには線彫りの摩崖仏がある。
IMG_4241.jpg

岩稜帯の急坂を登っていく。
IMG_4243.jpg

11:38、トイレのある馬の背に着く。
IMG_4246_20200324082613833.jpg

右手に帰りに登る雌岳への道を分け、階段状の道をジグザグに登っていく。
雄岳の山頂から少し行ったところに悲劇の皇子「大津皇子」の墓陵がある。
IMG_4247_202003240826103b3.jpg

万葉集にある姉の大来皇女(おおくのひめみこ)が詠んだ歌が有名である。
大津皇子がひそかに伊勢神宮に下向してきた時に詠んだ歌
 「わが背子を大和に遣るとさ夜深けて 暁(あかとき)露にわが立ち濡れし」
大津皇子を二上山に移葬したときに詠んだ歌
 「うつそみの人にあるわれや明日よりは 二上山を弟背(いろせ)とわが見む」

二上山雄岳山頂まで戻る。
IMG_4249_20200324082550dd5.jpg

雄岳から馬の背まで引き返し、雌岳へ登る。
IMG_4252_2020032408253515d.jpg

雌岳の山頂には大きな日時計が作られており、そこからの神戸、大阪方面の眺望がすばらしい。
IMG_4255_202003240825349dd.jpg

たくさんの人が憩っている雌岳山頂のベンチで昼食を食べて休憩する。
休憩後、12:35、岩屋峠へと下山にかかる。
途中には山桜がすでに咲き始めている。
IMG_4256_202003240825200dc.jpg

南方に、ダイヤモンドトレイルの雄、葛城山や金剛山を望みながら下っていく。
IMG_4258.jpg

急な道を竹内峠へと下り、鶯の関址に出る。
IMG_4261.jpg

R166に沿った道を歩き、途中からは雰囲気のある旧家が続く竹内の集落の中の道を行く。
IMG_4263.jpg

途中で、芭蕉の句碑のある「綿弓塚」に立ち寄る。
 「綿弓やびわになぐさむ竹のおく」
IMG_4264.jpg

綿弓塚を過ぎ、左手に登ってきた二上山を見ながら曼荼羅や中将姫伝説で有名なボタンの寺「當麻寺」を目指す。
IMG_4265_20200324082451e8f.jpg

午後2時半ごろ、立派な當麻寺の山門をくぐる。
IMG_4266_202003240824338c8.jpg

境内には端正な三重塔(東塔・西塔)も建っている。
IMG_4267_20200324082432a6e.jpg

本堂に参拝した後、當麻寺を後に当麻駅まで歩いていく。
駅までの途中には、葛城市相撲館「けはや座」がある。
相撲の起源としては、古事記や日本書紀の中に武内宿禰(すくね)・蹶速(けはや)の天覧勝負の伝説がある。
IMG_4270.jpg 

当麻駅前のヨモギ餅を餡で包んだ中将餅を土産に買う。
午後4時過ぎの近鉄に乗り、大和八木駅で特急に乗り換え、午後6時半過ぎ名古屋へ帰る。



今日は史跡探訪を兼ねて歴史街道の「竹内街道」を歩いた。
竹内街道はシルクロードの東の端ともいわれ、街道沿いには飛鳥から奈良時代にかけての遺跡も多く残る古道であった。
以前から一度歩いてみたいと思っていたが、今回誘われてやっと念願がかなった。
また、竹内街道の途中にある二上山も、山頂からの素晴らしい展望や大津皇子の墓所など史跡の多く残る山であった。
ほかにも奈良地方には史跡が多く、これからはそれらの史跡を訪ねながらのハイキングもしてみたいものである。
山遊人

別窓 | 山行 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
No  880

春めく山を楽しむ:鈴北岳・鈴ヶ岳

2020年3月21日(土)

鈴鹿山系:鈴北岳(1182m)・鈴ヶ岳(1130m)

早春の花フクジュソウを見たくて、鈴鹿の鈴北岳・鈴ヶ岳へ山行する。
suzugatakemap.gif

suzugatake.png

【天気】 晴れ
SPAS_COLOR_202003210000.png

【コースタイム】
鞍掛橋駐車地点(7:20)~鈴北岳登山口(7:32)~第2鉄塔(8:00)~鞍掛尾根出合(8:40)~鈴北岳(9:13)~元池(9:27/9:30)~西のボタンブチ(9:59/10:04)~鈴北岳(10:15)~ヒルコバ(10:37)~鈴ヶ岳(10:55/11:25)~桜峠(11:47)~茶野(12:05/12:15)~桜峠(12:28)~鉄塔(13:25)~鞍掛峠駐車地点(13:45)



新型コロナウィルスの感染拡大が続いている。
家でじっとしているとストレスがたまるので、晴天を見計らって山行する。
この時期は鈴鹿の各地でフクジュソウなどいろいろな春の花が咲きだす。
以前から行ってみたいと思っていた鈴ヶ岳のフクジュソウを見に行くことにする。
朝5時半ごろに出発し、名神道を走って彦根ICを出る。
多賀大社前から右折れしてR306を走り、午前8時過ぎ通行止め手前の鞍掛橋に着く。
橋手前の林道御池谷線入口の車止め手前の空き地にはすでに2台の車が駐まっている。
近くの国道沿いの空き地に駐車する。
準備をして、8:20、林道の車止めを抜けて歩き始める。
IMG_4165.jpg

すぐに右手に折れ御池谷に架かる橋を渡っていく。
IMG_4167.jpg

10分ほどで右手に「急登」と書かれた鈴北岳への登山口が現れる。
IMG_4168.jpg

急なジグザグの道を登っていく。
尾根上に出て30分ほど登り、送電線線鉄塔に出る。
2つ目の鉄塔上で休憩する。
IMG_4170.jpg

強い風が吹きつける中,尾根道を登り、8:40、鞍掛峠から登ってくる尾根と合流する。
IMG_4171.jpg

少し登ると明るく広い尾根道になり、行く手には鈴北岳が見えてくる。
IMG_4172.jpg

気持ちのいい尾根道を登り、少し雪の残る鈴北岳への最後の急坂を登る。
IMG_4174.jpg

9:13、鈴北岳山頂に着く。
IMG_4176.jpg

登ってきた鞍掛峠からの道を振り返る。
IMG_4178.jpg

R302がまだ通行止なので、登山者はそんなに多くない。
時間も早いので元池から西のボタンブチへ立ち寄ってみる。
石灰岩特有のカレントフェルトの斜面を少し下る。
IMG_4179.jpg

御池岳への道を右に折れて元池方面へ行く。
IMG_4180_202003220732446b5.jpg

5分ほど歩くと小さな元池が現れる。
IMG_4182_20200322073245cdd.jpg

池から西のボタンブチを目指す。
どこでも歩けるので、さまよいながら適当に歩いて、9:59、西のボタンブチに着く。
IMG_4186_20200322073226b93.jpg

南西方面が切れ落ちており、遠く御在所岳や雨乞岳が見え,天狗堂が近い。
IMG_4185_202003220732272b0.jpg

鈴北岳まで戻り、ひらりに折れて鈴ヶ岳方面を目指す。
鈴ヶ岳を少し下った斜面に待望のフクジュソウの群落が現れる。
北側斜面のためか,まだやや早かったが、多くのフクジュソウが咲き始めている。
IMG_4191_20200322073206187.jpg

IMG_4192.jpg

IMG_4194.jpg

そこで出会った方の話では、この先の鈴ヶ岳にはもっとたくさん咲いているということである。
ヒルコバという鈴ヶ岳との暗部まで下る。
IMG_4196_20200322073150d5f.jpg

ヒルコバから鈴ヶ岳まで急斜面を90mほど登っていく。
登っていく途中の斜面に待望のフクジュソウの群落が現れる。
ここは南側斜面のためか、ほぼ満開状態である。
足の踏み場もないほどのフクジュソウが咲いており、夢中でカメラに収める。
IMG_4198.jpg

ほぼ全開状況のフクジュソウが明るい太陽の光に輝き素晴らしい。
IMG_4201.jpg

IMG_4199_20200322073130cdc.jpg

IMG_4197_20200322073133827.jpg

山頂近くまで続くフクジュソウの花を楽しみながら、10:55、鈴ヶ岳山頂に着く。
IMG_4204.jpg

北方方面が開けており、伊吹山の向こうに雪の残る能郷白山(?)が見える。
IMG_4205.jpg

風もない暖かな山頂で昼食を食べて休憩する。
昼食後、11:25、さらに先の茶野まで足を延ばし、緩やかな尾根道を下る。
11:47、送電線鉄塔の建つ桜峠まで下り、そこから茶野まですこし登り返す。
IMG_4216.jpg

12:05、石灰岩の点在する展望の開けた茶野山頂に着く。
IMG_4213_20200322073051657.jpg

釈迦ヶ岳、御在所岳、雨乞岳方面が霞んで見える。
IMG_4214_202003220730528e2.jpg 

西には,眼下に琵琶湖方面が霞んでいる。
IMG_4215_20200322073053fc4.jpg

山頂で休憩した後、桜峠まで戻る。
峠から100mほど急斜面を下り、右に折れて山腹の道をトラバースする。
ほとんど踏み後のない獣道のような所を注意してトラバースしていく。
(全く道はなく滑りやすいのでおすすめはできません。自己責任で!)
峠から1時間ほどでやっと送電線鉄塔の建つ尾根に出る。
ここからは巡視路用の道か、はっきりとしており、尾根道を20分ほど下り、13:45、車を駐めた地点に降り立つ。

日帰り温泉には立ち寄らず、名神道を走って、午後3時半過ぎ名古屋へ帰る。



鞍掛峠を通るR306が開通する前の登山者の少ないうちに、鈴ヶ岳のフクジュソウを見ようと計画した山行であった。
鞍掛橋から登る登山者は5,6組いたが、ほとんどが御池岳を目指す登山者であった。
鈴北岳から鈴ヶ岳への尾根道では、フクジュソウ目当ての登山者がと結構出会った。
桜峠からの下りはほとんど踏み後がなく、尾根に出るまでは結構緊張しながら下った。
すっかり春めいた暖かな一日、春の山を楽しめた山行であった。
山遊人

別窓 | 山行 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
No  879

春の花咲く:藤原岳

2020年3月13日(金)

鈴鹿山系:藤原岳(1140m)

山仲間4人と一緒に、鈴鹿山系の藤原岳へ山行する。
fujiwaramap_202003131937451a1.gif

fujiwara_20200313193740c92.png

【天気】 晴れ
SPAS_COLOR_202003130000.png

【コースタイム】
茶屋川林道終点(8:31)~茨川(8:40)~蛇谷出合(9:23/9:35)~P893(10:14/10:21)~藤原岳(11:10/11:30)~迷い尾根分岐(12:35/12:40)~茨川(13:15)~茶屋川林道終点(13:20)



雨が降る前の暖かないい天気になりそうである。
10日ほど前に下見をしてきた茶屋川を遡って西尾根からの藤原岳へ登る計画である。
朝7時前に集合し、東海環状道の大安ICを出てR421を走る。
石榑トンネルを抜けてすぐに右に折れし、茶屋川に沿って林道を遡る。
40分ほど走り、林道終点に駐車する。
先客の釣り師の車が1台駐まっている。
8:31、準備をして茨川集落跡から茶屋川に下りる。
IMG_4139_2020031319372566c.jpg

茶屋川の水量はかなり多く、渡れる個所を探しながら歩いていく。
IMG_4141.jpg

途中で先客の登山者がアマゴを釣りあげているのに出会う。
時には登山靴の上までの深さの水の中を何度も渡り返しながら行く。
IMG_4142_2020031319370784b.jpg

茨川から50分ほど遡り、蛇谷との出会いで藤原岳西尾根への取り付きに出る。
以前は道標などなかったが、「鈴鹿10座」に指定されてから立派な案内板が建っている。
IMG_4145.jpg

300mほど急坂を登り、10:14、西尾根突端のP893に着き休憩する。
IMG_4146_20200313193647b2a.jpg

そこからしばらくは気持ちのいい明るい尾根道を歩いていく。
IMG_4147.jpg

途中で樹林が切れると前方に藤原岳(展望台)が姿を現す。
IMG_4148_2020031319365005d.jpg

少し急坂を登り、石灰岩の中の道を過ぎると、11:10、藤原岳山頂(展望台)に着く。
IMG_4149.jpg

山頂には大貝戸(表道)の方から登ってきた登山者がたくさん憩っている。
やや霞んではいるが、御嶽山や乗鞍岳が遠くに浮いて見える。
IMG_4150.jpg

IMG_4151_202003131936273ac.jpg

暖かな山頂で昼食を食べて休憩する。
昼食後、11:30、県境稜線の道を治田峠方面に向けて下山にかかる。
急坂の下り口からは、石灰岩を掘削している斜面や孫田尾根が見下ろせる。
IMG_4155.jpg

先回は見逃してしまったが、急坂の南側斜面にはフクジュソウの花が点々と咲いてる。
今年になって初めて見る春の花である。
IMG_4161_20200313193608880.jpg

IMG_4160_20200313193603c77.jpg

IMG_4159_20200313193601ec1.jpg

小さなセツブンンソウの花も少し咲いている。
IMG_4157.jpg

急坂を下り、多志田山との分岐点で巻き道を行き、再び稜線の道に戻って、12:35、治田峠と迷い尾根との分岐点に出る。
分岐を右折れし、迷い尾根の道を下る。
13:15、名大ワンゲル部の小屋の前で茨川の登山口に降り立つ。
IMG_4163.jpg

丸太がかけられている茶屋川を渡り、13:20、駐車地点に戻る。
IMG_4164_2020031319354019e.jpg

コロナウィルスの感染などが心配されるので、日帰り温泉には立ち寄らず、午後3時ごろ名古屋へ帰ってくる。



コロナ騒動で登山者は少ないかと思っていたが、山頂にはたくさんの登山者が登ってきていた。
街の中でじっとしているよりも、自然の中で活動して気分転換を図った方が健康にはいいと考える人が多いのかもしれない。
この日本中の閉塞状況が一日でも早く終息に向かっていってほしいものである。
山遊人

別窓 | 山行 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
BACK | 山遊人の徒然日記 | NEXT