FC2ブログ

山遊人の徒然日記

山と写真をこよなく愛するおじさんのブログです。 山行記録や旅日記また花の写真などを中心によしなし事を載せていきます。 同好の方がみえましたらお立ち寄り下さい。

Entries

悠久の桜花

4月8日(水)
        根尾の薄墨の桜

そろそろ今年の名古屋の桜の饗宴も終期を迎える。
暖かな一日、急に思い立って久しぶりに根尾の薄墨桜を見に車を走らせる。
朝6時半に家を出て、瑞穂市、本巣市を通り根尾川に沿って北上する。
平日の早い時間のため順調に走ることができる。
根尾近くなると、北に能郷白山がたっぷりの残雪をいただき、白く輝いて見える。
8時少し過ぎに橋を渡り、薄墨公園に着く。
すでに、村の人が多く出て駐車場整理をしている。
車もすでに50台以上は駐車している。
昨日NHKテレビで満開の様子を写していたからか、さすがに人手が多い。
30年以上も前に来て以来で、あまり記憶にない。
薄墨公園へ行く坂道の両側には多くので店が出ている。
坂道を上がり切り、久しぶりの桜との対面である。
地元本巣市によれば、樹齢1,500余年、樹高16.3m、幹囲9.9mの世界一の名桜、
満開はつややかな白、散り際には淡墨色になることから淡墨桜と名付けられたとある。
開花シーズンには、1日8,000人近くの人々が訪れるそうである。
うす曇りの中、少し白みをおびた花がほぼ満開である。
幹にも風格が漂よい、どちらから見ても美しい姿である。
エドヒガンの桜で、花はソメイヨシノに比べると白っぽく小ぶりである。
何度も枯死の危機に遭いながらも、宇野千代さんら多くの人々の努力で甦った不死鳥のような桜である。
千数百年という悠久の年月をこの山中で、風雪に耐えて毎年花を咲かせてきたのである。
これからも大事に見守っていきたい桜の銘木である。
今度の土日が多くの人が来て今年最後の花見になりそうである。
今度はいつ来れるかわからないが、いつまでも咲き続けて欲しいと願いながら帰名する。
                               山遊人

usuzumiIMGP1227.jpg

usuzumiIMGP1219.jpg


usuzumiIMGP1208.jpg


usuzumiIMGP1212.jpg


usuzumiIMGP1211.jpg

 
関連記事

*Comment

*Comment_Post

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

山遊人

Author:山遊人
Myブログへようこそ!
我が家の番犬だったウィルくんです。安全で楽しい登山を願っています!

FC2カウンター

電光掲示板

人生が輝き出す名言集



presented by 地球の名言

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ全記事表示

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-