FC2ブログ

山遊人の徒然日記

山と写真をこよなく愛するおじさんのブログです。 山行記録や旅日記また花の写真などを中心によしなし事を載せていきます。 同好の方がみえましたらお立ち寄り下さい。

2020年12月29日(火)

高島トレイル:赤坂山(823.6m)

今年最後の山行で、下見を兼ねて琵琶湖西岸にある高島トレイルの赤坂山へ山行する。
akasakayamamap_20201230070304252.gif
(地理院地図)

akasakayama_202012300703054c0.png

【天気】 晴れ


【コースタイム】
マキノスキー場駐車場(7:40)~赤坂山登山口(7:52)~展望台(8:20)~ブナの木平(9:00/9:10)~送電線鉄塔(10:15/10:20)~赤坂山(10:50/11:22)~ブナの木平(12:18/12:25)~マキノスキー場駐車場(13:20)



大晦日から元旦にかけて、数年に一度の大寒波が襲来するという天気予報が出ている。
今日だけは天気が良くなるという予報を信頼しての山行である。
一週間ほど前の大雪で、高島トレイル方面ではまだ雪山ハイクが出来るだろうと、赤坂山に出かける。
朝6時前に出発し、北陸道の木之本ICを出る。
琵琶湖北岸を走り、午前7時過ぎにマキノ高原に着く。
少し手前の登山者専用の駐車場に駐車する。
土日は駐車料金(1000円)がとられるが、平日は無料で止めることが出来る。
まだ車は数台止まっているだけである。
前日に雨が降り心配していたが、スキーゲレンデやその奥にそびえる稜線上にはまだかなり雪が残っている。
IMG_4945.jpg

7:20、スノーシューを持って、スキーゲレンデを抜けて登山口を目指す。
少し登って振り返ると、下界にはガスが下りており、朝日に輝き幻想的な風景が広がっている。
IMG_4948.jpg

10分ほどで赤坂山登山口に着き、そこから登山道の尾根に取り付く。
IMG_4947.jpg

50cmほどは積もっているトレースの付いた登山道をツボ足で登っていく。
IMG_4949_202012300702305ae.jpg

途中調子ヶ滝への道を左に分けて少し登ると、琵琶湖方面の視界が開けた展望地を通過する。
IMG_4952_20201230070219604.jpg

徐々に雪は深くなり、ツボ足のため時々踏み抜きが多くなり歩きにくい。
予定より少し時間がかかり、9:10、東屋の建つブナの木平に着く。
IMG_4955.jpg

少し先で沢筋を通るため、そこで軽アイゼンを付ける。
すぐに沢に下り堰堤を抜けて、再び尾根道をジグザグに登っていく。
登るにつれ積雪は増し1mほどは積もっている。
稜線上の粟柄越に出る手前で、冬道は急坂を登って送電線鉄塔の下に出る。
鉄塔下からはやっと真っ白に雪を付けた赤坂山方面が姿を現す。
IMG_4959_2020123007015361c.jpg

一面の積雪なのでどこを歩いてもよく、ここでスノーシューを履く。
粟柄越手前から右に折れて、出来るだけトレースの少ない真っ白な斜面を登っていく。
IMG_4968.jpg

途中単独登山の若者に抜かれる。
積雪のため予定より余分に30分ほども時間がかかり、10:50、赤坂山山頂に立つ。
IMG_4962.jpg

雪庇の張りだした山頂からは、北に赤坂トレイル北端の乗鞍岳方面が見える。
IMG_4963.jpg

南東眼下にはマキノ町方面の向こうに琵琶湖の湖岸が霞んでいる。
IMG_4964.jpg

南には寒風方面の広い稜線が続いている。
IMG_4970.jpg

時間があれば寒風まで行く予定であったが、積雪が多く時間がかかりそうなので縦走は諦める。
風もほとんどなく暖かなので、山頂直下で昼食を食べてゆっくりする。
休んでいると、多くの登山者が登ってくる。
展望を楽しみながらゆっくりと休憩をした後、11:22、下山にかかる。
下っていく途中でも多くの登山者とすれ違う。
殆どの登山者はスノーシューかワカンを履いているが、ツボ足で登ってくる登山者もおり、踏みぬきで歩きにくそうである。
2時間ほどかかり最後の急坂を下ってスキー場ゲレンデへ出る。
IMG_4976_202012300700412b7.jpg

ここは今はリフトもなくなだらかなゲレンデなので、関西から近いこともあり家族連れがヒップッソリなどで遊んでいる。
IMG_4974.jpg

ゲレンデ脇を歩き、13:20、ほとんど満車状態の駐車場に下り着く。
すぐそばに日帰り温泉があるが、混んでいそうなのでパスして帰途に着く。
帰りは木之本からは一般道のR365を走り、関ケ原ICから名神道に乗って、午後4時前に自宅に帰る。



今年最後の山行であったが、雪も適度にあり、久し振りに雪の山を楽しめた。
今年はコロナ禍で例年の半分程度しか山に行けなかった。
年末になり一度収まっていたコロナの感染拡大の勢いが再び全国的に増してきた。
世界的にはワクチンも開発され使用し始めるようになってきたが、まだまだすぐには収束しそうにない。
新しい年になり一日も早く収束の兆しが見え、これまでのような日常が戻ってくることを願っている。
山遊人

関連記事

    posted at 12:00 | 山行 | TB(0) | CM(0)

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

プロフィール

山遊人

Author:山遊人
Myブログへようこそ!
我が家の番犬だったウィルくんです。安全で楽しい登山を願っています!

FC2カウンター

電光掲示板

人生が輝き出す名言集



presented by 地球の名言

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ

カテゴリー
ブログ全記事表示
リンク
RSSリンクの表示