FC2ブログ

山遊人の徒然日記

山と写真をこよなく愛するおじさんのブログです。 山行記録や旅日記また花の写真などを中心によしなし事を載せていきます。 同好の方がみえましたらお立ち寄り下さい。

Entries

賑わう中央アルプス:宝剣岳・木曽駒ヶ岳

2020年9月28日(月)

中央アルプス:宝剣岳(2931m)・木曽駒ヶ岳(2956m)

登山教室OBの方々4名と、中央アルプスの宝剣岳と木曽駒ヶ岳へ山行する。
kisokomamap_20200929085840d71.jpg
地理院地図

kisokoma.gif

【天気】 快晴


【コースタイム】
千畳敷山頂駅(7:35)~極楽平(8:15/8:20)~三ノ沢岳分岐(8:30/8:35)~宝剣岳(9:12)~宝剣山荘(9:30/9:50)~木曽駒ヶ岳(10:38/10:42)~八合目濃ヶ池分岐(12:07)~濃ヶ池(12:27/13:15)~駒飼ノ池(14:12/14:17)~宝剣山荘(15:48/15:56)~乗越浄土(14:59)~千畳敷山頂駅(15:34)



移動性高気圧にすっぽりと覆われて晴天が期待される。
朝3時半過ぎに出発し、中央道を走って駒ヶ根ICを出る。
午前5時半前に菅の台の駐車場に着く。
駐車場は、平日だというのにすでに満車に近い状態で驚かされる。
関東方面のナンバーの車が多い。
6:15始発のバスのチケット買うためたくさんの人が並んでいる。
IMG_0970_2020092909304960d.jpg

午前6時過ぎから臨時のバスが出始め、午前6時半過ぎ、我々は3台目のバスに乗ることが出来る。
30分ほどでしらび平に着き、7時過ぎのケーブルに乗る。
ケーブルからは南アルプスや富士山の頭が見えてくる。
7時15分ごろに千畳敷山頂駅に着く。
外に出ると、一点の雲もない素晴らしい晴天が広がっている。
今年は夏に暑い日が続いたためか、紅葉にはまだ少し早いようである。
IMG_4595.jpg

外に出ると、2600mを超す千畳敷はさすがに冷えており寒い。
木曽駒ヶ岳を目指す人がほとんどで、乗越浄土へ向けて登っていく。
7:35、準備をした後、我々は反対の極楽平に向けて歩き始める。
IMG_4598.jpg

途中の登山道脇には霜柱が立っていたり、数日前に降った雪が消えずに残っていたりしている。
階段状の坂道をジグザグを切って登っていく。
少し登ると眼下に千畳敷山頂駅が見える。
IMG_4600.jpg

8:15、極楽平で主稜線上に上がると、信州側、飛騨側の展望が広がる。
西側すぐ近くには先日登った三ノ沢岳が近い。
IMG_4603_20200929085734722.jpg

北西には御嶽山が大きくそびえている。
IMG_4602_20200929085732a7b.jpg

東側には伊那谷を隔てて、南アルプスの山々がシルエットとなって浮かんでいる。
塩見岳の左には富士山の頭も顔をのぞかせている。
IMG_4601_20200929085730d23.jpg

主稜線を右手に折れ、10分ほど歩いて三ノ沢岳との分岐に着く。
ここから宝剣岳までは厳しい岩場が続くので、ストックをしまい、ヘルメットを装着する。
IMG_4606_202009290857175ab.jpg

両側の足元が切れ落ちた岩場を注意しながら通過し、鎖場の続く小さいピークをいくつも越えていく。
IMG_4607_20200929085705118.jpg

最後に宝剣岳直下の急峻な岩場を登っていく。
IMG_4608.jpg

9:12、狭い宝剣岳山頂に着く。
乗越浄土の方から次から次へと登ってくるので、写真だけ撮りすぐに反対側へ下り始める。
IMG_4610.jpg

北側の鎖場は南側に比べるとそんなに厳しくない。
IMG_4611_202009290856381ca.jpg

9:30、宝剣山荘上の展望地で休憩する。
ここからは宝剣岳西側にせり出した天狗岩や三ノ沢岳の眺めがいい。
IMG_4612_20200929085618dfa.jpg

少し休憩した後、中岳を挟んで木曽駒ヶ岳へと続く緩やかな道を行く。
IMG_4613.jpg
10:38、多くの登山者で賑わう日本百名山の木曽駒ヶ岳山頂に着く。
IMG_4615.jpg

山頂を後に、北東へ続く馬の背尾根を下り、濃ヶ池を目指す。
IMG_4619.jpg

ハイマツの中の岩尾根を下っていくと、右手の斜面の黄色く染まった紅葉がきれいである。
IMG_4620.jpg

こちらの道は登山者は少ないが、結構長く、1時間30分近くも下り、12:07、やっと八合目の濃ヶ池への分岐点に着く。
IMG_4621_202009290855087a1.jpg

分岐で右折れし、ダケカンバの樹林帯の中の道を20分ほど下り、12:27、やっと濃ヶ池湖畔に着く。
IMG_4623.jpg

ここまでかなり歩いたので、湖畔で昼食を食べてゆっくりと休憩する。
休憩後、乗越浄土に向けて200m強の登り返しの道を行く。
最初のうちは駒ヶ岳東側斜面を水平に巻いて歩き、駒飼ノ池の手間で急坂を登り、登り切った池手前で休憩する。
乗越浄土の稜線が近くなる。
IMG_4625.jpg

振り返れば将棋頭山へと続く尾根東側斜面の紅葉がきれいである。
IMG_4626_20200929085427752.jpg

駒飼の池を過ぎ、稜線まで緩やかに登っていく。
IMG_4627.jpg

30分ほど歩き、15:48、宝剣山荘横を上がり稜線に着く。
少し歩いて乗越浄土に着くと、伊那前岳が眼前にそびえている。
IMG_4629_20200929085357a92.jpg

乗越浄土からは急坂をジグザグに下り、15:34、千畳敷山頂駅に着く。
ロープウェイはまだ混雑していてすぐには乗れず、整理券をもらってしばらく待つ。
待っている間に西側から夕日が宝剣岳にあたりはじめ、山頂が鈍く輝き出す。
IMG_4632_20200929085345547.jpg

30分ほど待って、ロープウェイに乗り、バスを乗り継いで、午後5時過ぎ菅の台の駐車場に戻ってくる。
混雑を避けて、少し離れた「こぶしの湯」で一日の汗を流す。
途中で夕食をした後、中央道を走り、午後9時前に名古屋へ帰る。




秋の紅葉が始まったことを期待した、中央アルプスの盟主、木曽駒ヶ岳と宝剣岳への山行であった。
素晴らしい晴天に恵まれたが、今年の紅葉の最盛期にはまだ少し早かったようである。
久し振りに登った極楽平からの宝剣岳であった。
危険個所には鎖もよく整備されており、以前に比べて少し楽になったように感じた。
しかし、中央アルプスの一般道の中ではいちばん厳しいコースであるので、十分な装備と経験を積んでから登る必要がある。
今年の秋の紅葉シーズン初めての山行であったが、晴天にも恵まれて楽しい山行であった。
山遊人

関連記事

*Comment

*Comment_Post

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

山遊人

Author:山遊人
Myブログへようこそ!
我が家の番犬だったウィルくんです。安全で楽しい登山を願っています!

FC2カウンター

電光掲示板

人生が輝き出す名言集



presented by 地球の名言

カレンダー

11 | 2020/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ全記事表示