FC2ブログ

山遊人の徒然日記

山と写真をこよなく愛するおじさんのブログです。 山行記録や旅日記また花の写真などを中心によしなし事を載せていきます。 同好の方がみえましたらお立ち寄り下さい。

Entries

猛暑を逃れて:鷹ノ巣山・岩岳

2020年8月17日(月)

奥三河:鷹ノ巣山(段戸山)(1152.6m)・岩岳(1052m)

山仲間2人と一緒に、奥三河の鷹ノ巣山と岩岳へ山行する。
takanosuyamamap.png
地理院地図

takanosuyama.gif

【天気】 晴れ


【コースタイム】
駐車地点(7:36)~駒ヶ原登山口(7:44)~鷹ノ巣山(8:34)~東登山口(9:10)~岩岳登山口(9:24)~尾根道分岐(10:08)~岩岳(10:25/10:45)~送電線鉄塔(11:22)~駐車地点(11:40)



再び愛知県内に独自の緊急事態宣言が出されている。
県をまたぐ不要不急の外出が自粛されているので、県内の山ということで奥三河の山へ出かける。
今日は、静岡県浜松市で国内最高気温タイの41.1℃が出るほどの猛暑が続いている。
朝6時前に出発し、湾岸道から東海環状道を走り、豊田松平ICを出る。
足助の街を抜けてR153を走り、伊勢神トンネルを抜けて、黒田貯水池手前で右折れする。
県段戸牧場を通り、午前7時半過ぎ、駒ヶ原集落先の駒ヶ原山荘駐車場前に着く。
駐車場前の道路脇に駐車する。
7:36、準備をして車道を少し戻り登山口を目指す。
IMG_4512.jpg

7,8分歩いて、左側の谷に架かる橋を渡り、段戸山登山口から登り始める。
IMG_4513.jpg

木の根の多い尾根道を登っていく。
IMG_4515.jpg

途中で4人連れのパーティを追い抜く。
1時間ほど登り、2等三角点の鷹ノ巣山(段戸山)山頂に着く。
IMG_4516.jpg

展望のきかない山頂を後に、少し先で左に折れて東登山口への道を下山する。
途中にホトトギスの花が咲く急な尾根道を下る。
IMG_4518.jpg

尾根を左手に下り丸木橋を渡って谷道を行く。
IMG_4519.jpg

谷に沿った分かりにくい道を下り、途中で林道を横切る。
IMG_4522.jpg

9:10、東登山口に出て、舗装された林道をしばらく下る。
IMG_4523.jpg

15分ほど歩くと右手に岩岳登山口が現れる。
IMG_4524.jpg

ここから草の生い茂るかつての林道を登っていく。
40分ほど林道を緩やかに登り、林道が切れると、10:08、尾根コースとの分岐出て右に折れる。
IMG_4531.jpg

尾根道を15分ほど登っていくと、目の前に山の名前にも因んだ大岩が現れる。
IMG_4525.jpg

大岩の裏をよじ登るとすぐ、11:25、ベンチのある狭い岩岳山頂に着く。
IMG_4526.jpg

山頂の岩の上からは、南東方面に岩古谷山や明神山、その奥には双耳峰の三ツ瀬明神山など奥三河の山々が一望できる。
IMG_4528.jpg

IMG_4527.jpg

天気がよければ南アルプス方面の山々も見渡せるそうである。
他に誰もいない狭い山頂で昼食を食べて休憩する。
休んでいると、途中で追い抜いた4人組のパーティーが登ってきたので、10:45、山頂を後に下山にかかる。
帰りは尾根コースを下り、送電線鉄塔下を経て、45分ほどで林道に出る。
夏場は暑さを避けて持ち込まれたランの鉢がたくさんあるビニールハウスの前を通り、11:40、駐車地点に戻る。

いちばん暑くなる中を車で走り、午後2時前に名古屋へ戻る。



暑さを避け、トレーニングも兼ねて計画した山行であった。
1000mを少し超える程度の山であったが、木陰の尾根道歩きは、下界の暑さを忘れることが出来た気持ちのいい山行であった。

山遊人


関連記事

*Comment

*Comment_Post

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

山遊人

Author:山遊人
Myブログへようこそ!
我が家の番犬だったウィルくんです。安全で楽しい登山を願っています!

FC2カウンター

電光掲示板

人生が輝き出す名言集



presented by 地球の名言

カレンダー

11 | 2020/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ全記事表示