FC2ブログ

山遊人の徒然日記

山と写真をこよなく愛するおじさんのブログです。 山行記録や旅日記また花の写真などを中心によしなし事を載せていきます。 同好の方がみえましたらお立ち寄り下さい。

Entries

東北山行(その3):秋田駒ヶ岳

7月10日(金)

奥羽山脈:秋田駒ヶ岳(男女岳)(1631.1m)

最終日の三日目は、200名山の「秋田駒ヶ岳」へ山行する。
akitakomagatakemap.png 
地理院地図
 
akitakomagatake.gif 

【天気】 曇り


【コースタイム】
国見温泉登山口(5:25)~横長根分岐(6:30/6:35)~男岳分岐(7:15)~阿弥陀池避難小屋(8:45/8/50)~秋田駒ヶ岳(9:10/9:25)~横岳(9:55/10:05)~男岳分岐(10:35)~横長根分岐(11:10/11:15)~国見温泉登山口(12:00)



朝4時過ぎに起床する。
曇りがちの天気で、午後遅くには雨が降る予報が出ている。
午前5時前に宿で準備してもらった朝食を食べる。
食事後、駐車場でストレッチをして準備をする。
IMG_2182_20200714083236ef5.jpg

5:25、宿のすぐ横の駒ヶ岳登山口から登り始める。
IMG_2183_20200714083235608.jpg

階段の続く急坂を50mほど登ると、緩やかなブナの森になる。
IMG_2184_202007140832111d9.jpg

路傍にゴゼンタチバナの花が咲くぬかるんだ道を徐々に登っていく。
IMG_2185_20200714083158f3e.jpg

再び階段が続く急坂を登り、6:30、横尾根の分岐に出る。
尾根上に登ると、曇ってはいるが遠くの山々が見える。
IMG_2187.jpg

少し休憩した後右に折れて、横尾根の道を緩やかに登っていく。
40分ほど尾根道を行き、途中から左の横岳を巻いていく道に入る。
IMG_2189_20200714083132ecf.jpg

右側の横岳斜面の砂礫地にはガスの中点々と咲くコマクサが見られるようになる。
IMG_2191_20200714083131c4c.jpg

小岳手前で通称「ムーミン谷」と呼ばれている谷へ降りていく。
ここの谷にはチングルマを中心とした花々がたくさん咲いている。
小さな駒池や湿原の広がる中を、木道の敷かれた気持ちのいい道を下っていく。
IMG_2193_202007140831143cb.jpg

30分ほど歩いていくと、目の前に男岳南面の岩峰が立ちふさがる。
IMG_2207.jpg

男岳直下で右に折れて、標高差170mほどの壁のような急坂を登る。
40分ほどかかり尾根上に上がると、ガスの中眼下にうっすらと阿弥陀池見える。
少し下って池のふちの木道を歩いていく。
IMG_2218.jpg

8:45、阿弥陀池避難小屋に着き少し休憩する。
IMG_2221.jpg

8:55、目の前にそびえる秋田駒ヶ岳主峰の男女岳(おなめだけ)に向けて登っていく。
IMG_2215_202007140830598d3.jpg

15分ほど登り、9:10、一等三角点の建つ男女岳山頂に着く。
IMG_2223.jpg

残念ながらガスがかかり周囲の展望は全くきかない。
山頂で15分ほど休み、9:25、下山にかかる。
途中の斜面にはお花畑が広がっている。
IMG_2228_20200714083013cb9.jpg

IMG_2230.jpg

避難小屋まで下り、小屋の裏側から横岳へ向けて登り返す。
20分ほどで稜線上へ出て,9:55、横岳山頂に着き休憩する。
山頂周辺にはシャクナゲの花がたくさん咲いている。
IMG_2234.jpg

横岳山頂からは横尾根を下っていく。
少し下った大焼砂の砂礫地には待望のコマクサ群落が広がっている。
IMG_2242_202007140829394f1.jpg

斜面一面にコマクサの花がガスの中に広がっているのが見える。
IMG_2240_20200714082938981.jpg

ここのコマクサは、岩手山の群落に比べると、斜面全体に点々と大きく広がっている。
ガスの切れ間からは、登るときに歩いたムーミン谷への道をたくさんの登山者が歩いていくのが見える。
IMG_2238_20200714082936a6c.jpg

気持ちのいい横尾根を1時間ほど下り、11:15、分岐を左に折れて国見温泉へと下っていく。
40分ほどで眼下に温泉小屋の赤い屋根が見えてくると、12:00、無事国見温泉登山口へと下山する。
IMG_2243_20200714082911f8b.jpg

下山後、宿泊した森山荘で入浴をさせてもらい、準備していただいた昼食を食べる。
午後1時半前、車に乗り込んで帰途に就く。
帰りの飛行機の出発時間まで少し時間があるので、秋田県の角館にある武家屋敷街へ立ち寄る。
いちばん大きな「石黒家」などを見て回る。
どの家の庭も何百年も経ったケヤキの大木が植えられているのが印象的であった。
見学後、午後3時過ぎ、車を走らせ、花巻空港を目指す。
午後5時過ぎ、花巻空港に着く。
定刻通り、18:50発のFDAの飛行機に乗る。
コロナ禍のため便が間引きされているのでほぼ満席状態である。
予定通り、20:05、県営名古屋空港に着き、空港内で解散し、三日間の山行が無事終了する。



今回の東方三山山行は、新型コロナウィルスの感染拡大や梅雨末期の集中豪雨の影響などがあり、行くべきかどうか迷っていた。
事前に十分に現地との連絡を取りながら、東北地方は雨の影響も少ないことを予想して出かけることにした。
幸いにも現地の天候は、三日間とも大した雨に振られることもなく、予定通り三山に登ることが出来た。
ちょうど東北の山々は夏の花の最盛期で、コマクサをはじめとする多くの花々を楽しむことが出来た山行であった。
山遊人


関連記事

*Comment

*Comment_Post

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

山遊人

Author:山遊人
Myブログへようこそ!
我が家の番犬だったウィルくんです。安全で楽しい登山を願っています!

FC2カウンター

電光掲示板

人生が輝き出す名言集



presented by 地球の名言

カレンダー

11 | 2020/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ全記事表示