FC2ブログ

山遊人の徒然日記

山と写真をこよなく愛するおじさんのブログです。 山行記録や旅日記また花の写真などを中心によしなし事を載せていきます。 同好の方がみえましたらお立ち寄り下さい。

Entries

山登りの喜び、再び:竜頭山

5月30日(土)

奥三河:竜頭山(752.6m)

新型コロナウィルス感染拡大防止のために全国に出ていた「緊急事態宣言」が25日に解除された。
まだまだ油断はできないが、1か月半に及ぶ自粛生活にも一応の区切りがついた。
県をまたぐ外出はまだ自粛が続くが、足慣らしも兼ね、約2か月振りに愛知県内の山へ登る計画を立てる。
山仲間2人と一緒に、愛知県奥三河にある「奥三河名山八選」の山の一つ「竜頭山」へ山行する。
ryuutozanmap.png 

ryuutouzan.png

【天気】 晴れ
SPAS_COLOR_202005300000.png

【コースタイム】

鳴沢苑駐車場(7:45)~登山口(7:52)~小竜頭分岐(8:52)~竜頭山(9:20/9:25)~大竜頭(9:50)~展望台(10:06)~途中で昼食(10:35/11:00)~竜頭山(11:08)~小竜頭分岐(11:28)~小竜頭(11:39/11:45)~小竜頭分岐(12:00)~登山口(12:37)~鳴沢苑駐車場(12:47)



朝6時前に出発し、湾岸道から新東名道を走って新城ICを出る。
R257を北上し、途中で左折れして当貝津川に沿ってR420を走る。
折立の集落を過ぎ、国道脇の道を左手に少し下って、午前7時半ごろ鳴沢苑の駐車場に着く。
鳴沢苑は現在は営業していないが、10台以上は駐められそうな大きな駐車場がある。
駐車場を少しく下ると、「鳴沢の滝」という落差15m程の滝があるそうである。
きれいなトイレも設置されている。
先客の車が2台駐車している。
IMG_4300.jpg

準備をして、8:45、田んぼの中の道を歩き始める。
IMG_4302.jpg

5分ほど歩き一旦国道に出て、すぐに小滝バス停前の民家の所から谷に下る。
IMG_4303.jpg

すぐに赤い鉄板の橋が架けられた谷を渡る。
IMG_4304.jpg

その先で再び谷を渡って尾根に取り付く。
(手前の道標を見逃してしまい、正規の登山道から左へずれた踏み後を登る)
すぐに右手から正規の登山道が合流し、そこからは尾根に沿った道を登っていく。
杉林の道から登るにつれ傾斜の増す雑木林の道に変わる。
IMG_4305.jpg

竜頭山へ続く稜線直下の道は結構な急坂で、久し振りの登山で息が上がる。
登山口から約1時間登り、8:52、やっと稜線上に出る。
ここで帰りに寄る小竜頭への道が左へ分岐する。
IMG_4306_20200531072226887.jpg

右手に折れて、小さなピークをアップダウンしながら竜頭山への道を歩いていく。
20分ほど行くと、地図上にはない林道を横切り、正面の階段を登って竜頭山を目指す。
IMG_4307.jpg

分岐から30分弱かかり、9:20、展望のない二等三角点の竜頭山山頂に着く。
IMG_4309.jpg

少し休憩した後、その先にある大竜頭を目指す。
小さなピークから急坂を50mほど下る。
最低鞍部から大竜頭の岩峰への急坂を20、30m登り、9:50、石像が祀られた小さな広場がある大竜頭に着く。
IMG_4320_20200531072122b86.jpg

IMG_4312.jpg

山頂にザックを置き、少し下った展望台へ行く。
5,6分下ると、両側が切れ落ちた岩上の展望台に着く。
IMG_4317_20200531072109937.jpg

展望台からは、鳳来寺山方面や北設楽の山々が見渡せる。
天気が良ければ南アルプスも見えるそうである。
IMG_4314.jpg

IMG_4319_20200531072058338.jpg

IMG_4315_20200531072101848.jpg

大竜頭を後に来た道を戻り、途中の登山道脇で昼食を食べる。
昼食後、再び竜頭山を通過し小竜頭を目指す。
竜頭山から30分ほどかかり、11:39、小竜頭に着く。
IMG_4326.jpg

少し先の切り開きからは、平山明神山、大鈴山方面が見える。
IMG_4321_20200531072032a68.jpg

小竜頭から分岐まで戻り、登山口まで急坂を下って、12:47、鳴沢苑駐車場に戻る。
駐車場には観光客の車も含めて7、8台の車が駐まっている。

まだまだ感染が心配されるので日帰り温泉に立ち寄るのはやめ、新東名,湾岸道を走り、午後3時ごろ名古屋へ帰る。



コロナ禍で、いっさい山へ行くことは自粛しており、約2ヶ月振りの山行であった。
この間、近所の散歩や自転車で出かけたりする程度で、体力が大分落ちてしまった。
稜線までの急登や大竜頭の岩峰への急坂の登り下りは、低山にしては結構体力を要した。
竜頭山は、標高は800mにも満たない山であるが、予想していた以上に歩き甲斐のある山であった。
久し振りに緑滴る新緑の中を歩き、改めて自然の中に身を置くことの出来る喜びを実感できた山行であった。
途中で数パーティーとすれ違っただけであったが、たくさんの人が登るような山では密になる心配もある。
今後しばらくはこのような静かな山を探して登りたい。
まだまだ感染拡大防止への配慮を忘れてはならないが、徐々に山行が出来る環境が戻ってくることを願っている。
山遊人

関連記事

*Comment

*Comment_Post

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

山遊人

Author:山遊人
Myブログへようこそ!
我が家の番犬だったウィルくんです。安全で楽しい登山を願っています!

FC2カウンター

電光掲示板

人生が輝き出す名言集



presented by 地球の名言

カレンダー

11 | 2020/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ全記事表示