FC2ブログ

山遊人の徒然日記

山と写真をこよなく愛するおじさんのブログです。 山行記録や旅日記また花の写真などを中心によしなし事を載せていきます。 同好の方がみえましたらお立ち寄り下さい。
No  89

憧れのイタリア紀行(6)

3月17日(火)
      古代遺跡の宝庫ローマ市内観光


朝7時半にバチカン博物館へ行き、個人客は予約が取れないので、並んで開館を待つ。

ローマ2

8時15分入館し、館内を見学する。
長い回廊の天井の絵画や壁画を見ながら、今回の旅の目的の一つである「システィーナ礼拝堂」を目指す。

ローマ2-1

ローマ2-2

ローマ2-3

礼拝堂内は薄暗く、その天井一面に有名なミケランジェロの「創世記」の天井画や「最後の審判」の壁画が描かれている。
テレビや美術誌などでは見ていたが、周囲の椅子に座り、実際のものを目の当たりにしてしばし鑑賞に浸る。

pic-4.jpg
システィーナ礼拝堂天井画(ミケランジェロ)

美術館出口の螺旋階段が幾何学模様で面白い。

ローマ2-4

博物館を出て、いよいよバチカン市国へ入る。

ローマ2-6

ローマ2-9

ローマ2-5

サンピエトロ広場を横切り、正面にある巨大なクーポラを330段の階段で喘ぎながら屋上へ上る。
屋上からは、下にサンピエトロ広場やローマ市内、白い雪をいただくアルプスの峰が見渡せる。

ローマ2-7

クーポラを下り、カトリックの総本山の大聖堂内の巨大さに驚かされる。

ローマ2-8

広場を通り、中世の城跡のサンタンジェロ城へ行く。
ここからの大聖堂やテベレ川の眺めも素敵である。

ローマ2-10

天使像のあるテベレ川にかかるサンタンジェロ橋を渡り、また昨日行ったスペイン広場へ行く。

ローマ2-11

ここから地下鉄で、フォロ・ロマーノのパンテノンの丘へ行き、ちょうど白や黄色の花が咲く馬場の遺跡などを見る。

ローマ2-13

ローマ2-12

そこから更に、歩いてカラカラ浴場跡を訪れる。
ここは、古代の浴場跡であるが、浴場といってもサウナなどを兼ねた一種のサロンであり、巨大なものである。
少し離れているので、団体の観光客も来ず、静かな雰囲気の中に立つ遺跡である。

ローマ2-14

ローマ2-15

昨日からローマ市内を本当によく歩き、ほとんどの旧跡、寺院などを見ることができ大満足である。
ツアー旅行ではこういうわけにはいかないだろう。
イタリア最後の夕食に駅前のレストランで食事をするも、おなかの調子を壊すほど食べ過ぎてしまう。
                    つづく
関連記事
別窓 | 旅日記 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<憧れのイタリア紀行(7) | 山遊人の徒然日記 | 憧れのイタリア紀行(5)>>

この記事のコメント

∧top | under∨
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 山遊人の徒然日記 |