FC2ブログ

山遊人の徒然日記

山と写真をこよなく愛するおじさんのブログです。 山行記録や旅日記また花の写真などを中心によしなし事を載せていきます。 同好の方がみえましたらお立ち寄り下さい。
No  886

熱田の名所・史跡散歩(その2):熱田神宮界隈

4月19日(日)

新型コロナウィルスの感染拡大の猛威はいっこうに衰える気配が見えない。
全国の感染者は一万人を超え、死亡者も200人を大きく超えている。
現在いちばん心配されることは医療崩壊である。
日ごとに増える感染者を治療するため、懸命な医療行為が続いている。
頭の下がる思いである。
しかし、最近院内感染が広がり、医療従事者が感染する事例が増えている。
献身的な医療行為には心から感謝するとともに、医療崩壊にならないように祈るばかりである。
我々一般人は、自分も感染しているかもしれないという思いで、とにかく不要不急以外では外出しないことが肝要である。
大都市の繁華街などは、政府や自治体の「緊急避難宣言」で大分外出者も少なくなったらしいが、休日などには商店街や郊外の遊園地などではそんなに人出が減少していないらしい。
こんなところから感染が広がらないか懸念される。

山の方も、北アルプスなどの山小屋は、5月の連休まではほとんど営業見合わせになっている。
山小屋はいちばん3密になりやすく危険な場所であり、当然の処置だと思われる。
現在は、上高地や立山アルペンルートなども入山が出来ない。
懸命な治療行為をしている医療従事者の現状などを考えても、1人なら大丈夫などと山に行く気にはなれない。
我々一人ひとりの登山者が現在の状況をよくわきまえて、とにかく今は我慢の時期である。

熱田神宮界隈

熱田区の中心には熱田神宮(通称熱田さん)があるが、その界隈である神宮東や神宮西にも史跡・旧跡が多い。

熱田神宮

5-atsuta_jingu.jpg

熱田神宮は、熱田大神(あつたのおおみかみ)を主祭神としている。
三種の神器の一つである「草薙の剣」が奉納されていることでも有名である。
現在の本殿は伊勢神宮と同じく「神明造り」である。
atutasan.jpg
(熱田神宮HPより)

熱田神宮には三つの門があり、国道1号線に沿った南門が正門であるが、交通の便から東門や西門からの参拝客が多い。
名鉄神宮前駅か地下鉄伝馬町駅で下車すると、神宮東門まではすぐである。
IMG_0602_20200420085923290.jpg

境内は約19万㎡とナゴヤドーム約4個分の広さがある。
正面の鳥居をくぐり、左手の手水場のすぐ脇には、弘法大師御手植えと伝えられる樹齢千年以上の大楠の木がある。
IMG_0592_20200420085904788.jpg

本殿手前左右には、織田信長が桶狭間合戦で勝利したお礼として奉納した「信長塀」が今でも残っている。
IMG_0593_2020042008585282a.jpg

西門から入るとすぐ右手には「南新池」という池があり、その脇には名古屋最古といわれる25枚の石板を並べた太鼓橋「二十五丁橋」がある。
25tyoubasi2.jpg
(熱田神宮HPより)

明治時代に流行した名古屋地方のお座敷歌「名古屋甚句(なごやじんく)」の中でもこの橋が歌われている。
「~宮の熱田の二十五丁橋で 西行法師が腰をかけ 東西南北見渡して これ程涼しいこの宮を たれが熱田と名を付けた~」
25tyoubasi.jpg
(熱田神宮HPより)

(現在、南新池のあたりは工事中で入ることが出来ない。)

正門(南門)左手脇には「上知我麻(かみちがま)神社」がある。
上知我麻神社は、智恵の文殊様として有名で、学業成就や成績祈願に訪れる人が多い。
なお、両脇には大黒様と恵比寿様が祀られれており、毎年1月5日の深夜には「初えびす」が開かれ、一番札を求めて多くの参拝客が集まる。
tigamajinnja.jpg
(熱田神宮HPより)

hatuebisu.jpg 
(熱田神宮HPより)

あまり立ち寄る人も少ないが、南門の右手には「南新宮社」がある。
ここは熱田神宮の中では唯一の朱塗りの社殿で、素戔嗚尊(すさのおのみこと)が祀られている。
minamisinngu.jpg
(熱田神宮HPより)

そのほか、熱田神宮には熱田神宮の女神が「楊貴妃」になったという伝説や不老長寿の神仙が住むという「蓬莱伝説」がある。
ちなみに、熱田神宮の近くにあるうなぎ料理の「ひつまぶし」で有名な「あつた蓬莱軒」も、ここから名付けたのではないかと推測される。



秋葉山圓通寺

熱田神宮東門を出て南の伝馬町方面へ歩くと、右手に火伏せの神である秋葉大権現を祀る「秋葉山圓通寺」がある。
ここは、毎年12月16日に行われる火渡り神事(火まつり)で有名である。
IMG_0595_20200420085748bbe.jpg

伝馬町旧東海道筋

熱田神宮南東の「伝馬町」には旧東海道が通っており、現在は伝馬町商店街となっている。
商店街を少し東に歩いていくと「鈴之前神社」があり、その先には子を思う母親の気持ちが綴られた擬宝珠で有名な「裁断橋」が復元されている。
擬宝珠には、天正18年(1590年)の豊臣秀吉小田原征伐に参戦し、18歳で戦死した「堀尾金助」の菩提を弔うため、その母親が息子を最後に見送った橋の架け替えを行ない、その供養としたことが記されている。
本物の擬宝珠は、現在名古屋市博物館に所蔵されている。
IMG_0596_2020042008573581a.jpg

IMG_0597_0000.jpg

IMG_0599_0000.jpg

また、そのすぐ横には江戸時代に流行した「都都逸発祥之地」の石碑も建っている。
IMG_0598_20200420085732051.jpg


源頼朝生誕の地

熱田神宮西門の伏見通りを挟んだ西側にある誓願寺の門前には「右大将頼朝公誕生旧地」がある。
鎌倉幕府を開いた源頼朝は、父義朝の子としてこの地で生まれた。
1147年、源義朝と結婚した熱田神宮大宮司の娘がこの地で頼朝を生んだと伝えられている。
IMG_0562_202004200857023fc.jpg



歴史の古い熱田神宮界隈には史跡・旧跡がたくさんある。
「熱田百ヶ寺」と呼ばれるほど熱田区には寺院が多い。
愛知県の指定文化財の第1号に指定された聖徳太子像の祀られた「聖徳寺」や名古屋三大仏の祀られた「雲心寺」などもあり、このような寺々を廻りながら歩いてみるコースも楽しいかもしれない。
山遊人

関連記事
別窓 | 旅日記 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<いまは山登りを自粛しよう!! | 山遊人の徒然日記 | 熱田の名所・史跡散歩(その1):熱田三大古墳>>

この記事のコメント

∧top | under∨
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 山遊人の徒然日記 |