FC2ブログ
2020 02 ≪  03月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2020 04
光の春感じる:網掛山
2020/02/03(Mon)
2020年2月2日(日)

南信州:網掛山(1133.2m)

「阿智セブンサミット」の中で一つ残っていた網掛山へ、下見を兼ねて山仲間と山行する。
amikakayammap.gif

amikakeyama.png

【天気】 快晴
SPAS_COLOR_202002020000.png

【コースタイム】
智里東公民館(8:00)~登山口(8:30)~網掛峠(9:05/9:10)~網掛山(9:32)~東展望台(9:45/10:30)~大平神社(11:00)~智里東公民館(11:20)



節分を明日に控え、暦の上ではもう春が近い。
現地ではー5℃と、よく冷えた朝になったが、風もなく素晴らしい晴天が期待できそうである。
朝6時過ぎに集合し、中央道を走って園原ICを出る。
昼神温泉街を通り抜け、阿知川橋で右折れして、R153を少し走る。
中央道の下を通り、すぐに右折れして智里東公民館の駐車場へ午前8時前に着く。
公民館前の広場には案内看板が建っている。
IMG_3907.jpg

前方には網掛山がそびえている。
IMG_3909.jpg

8:00、準備をして編掛峠に向けて出発する。
しばらくは集落の中を抜けて車道を歩いていく。
IMG_3910.jpg

途中で古代東山道の指標を見ながら徐々に登っていく。
IMG_3913_20200202174134ddf.jpg

IMG_3914_202002021741350ad.jpg

30分ほど歩き、獣除けの柵を開けて林道を奥に進む。
IMG_3916.jpg

すぐに網掛山登山道入口の道標がある。
IMG_3917.jpg

しばらく登ると林道も切れ、谷に沿った登山道を登っていく。
IMG_3918.jpg

100mほど急坂をジグザグに登り、9:05、網掛峠に着く。
古代東山道はまっすぐ西に園原の方へ下りていくが、網掛山への道は右に回る。
すぐ上に展望所となっている四阿がある。
そこからは、ヘブンス園原スキー場が正面に見える。
IMG_3919.jpg

少し休んだ後、網掛山へと続く雑木林の明るい尾根道を登っていく。
IMG_3922_20200202174110e04.jpg

峠から30分ほど登り、9:32、三等三角点の建つ網掛山山頂に着く。
IMG_3924_2020020217411186b.jpg

横には日本古来の文字と言われる「ヲシテ文字」の由来が書かれている。
IMG_3925.jpg

山頂から15分ほど緩やかに尾根を下り、9:45、地元の方々手作りの東展望台に着く。
IMG_3939.jpg

展望台は、東側が大きく開けた斜面に建てられており、目の前には南アルプス連峰の全容が一望できる。
IMG_0424_202002021741587c7.jpg

北から仙丈ヶ岳や白根三山が雪を頂いて美しい。
IMG_3926.jpg

ピラミダルな塩見岳も白根三山の右に聳えている。
IMG_3928.jpg

その右には荒川岳、赤石岳、聖岳と南部の名山が連なっている。
IMG_3938.jpg

眼下には昼神温泉街や中央道が俯瞰できる。
IMG_3935.jpg

我々だけの展望台で、早めの昼食を食べてゆっくりと休憩する。
IMG_3936.jpg

IMG_3934.jpg

眼前に広がる伊那谷を隔てた南アルプスの大展望に、いつまででも眺めていたい気分である。
去りがたい気持ちを後に、10:30、東尾根を下山にかかる。
少し下ると北の方に中央アルプスの一端が見える。
IMG_3941.jpg

積もった落ち葉で滑りやすい道をジグザグに300mほど急降下する。
IMG_3943_20200202173958617.jpg

30分ほど下って林道に飛び出し、大平神社を過ぎて、登りで通った道と合流する。
正面に南アルプスを見ながら集落の中の道を下る。
IMG_3945.jpg

暖かな日差しの中、のんびりと下り、11:20、智里東公民館へ戻ってくる。

帰りに昼神温泉で身体を温めた後、中央道を走り、午後3時ごろ名古屋へ帰る。



少しは雪はあるかと、アイゼンを持参したが、全く必要なかった。
網掛山は、往時の東山道を偲びながら1時間半足らずで登ることが出来る里山的な山であった。
しかし、展望台からの南アルプスの眺望は第1級の山である。
たっぷりの日差しのもと落ち葉を踏みしめながら歩き、早春の「光の春」を感じることのできた山行であった。
山遊人

関連記事
この記事のURL | 山行 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://yamayujin.blog119.fc2.com/tb.php/869-80a5fef9

| メイン |