FC2ブログ

山遊人の徒然日記

山と写真をこよなく愛するおじさんのブログです。 山行記録や旅日記また花の写真などを中心によしなし事を載せていきます。 同好の方がみえましたらお立ち寄り下さい。

Entries

深まりゆく鈴鹿の秋を楽しむ:銚子ヶ口

11月7日(木)

鈴鹿山系:銚子ヶ口(1076.8m)

所属する支部の山行で、滋賀県側鈴鹿の「銚子ヶ口」へ山行する。
tyoshigakutimap.gif

tyosigakuti.png

【天気】 快晴
SPAS_COLOR_201911070000.png 
【コースタイム】
杠葉尾登山口(8:00)~北尾根(9:16/9:22)~風越谷林道分岐(10:19)~東峰(10:25/10:34)~銚子ヶ口(10:38)~西峰(11:11)~水舟の池(11:27/12:00)~西峰(12:20)~東峰(12:55/13:02)~北尾根(13:50/13:55)~杠葉尾登山口(14:45)



高気圧が張り出しいい天気になりそうである。
参加者10名で、レンタカーに乗り、朝7時前に出発する。
東海環状道の大安ICを出て、R421を走り、石榑トンネルを抜け、午前8時前に杠葉尾登山口の駐車場に着く。
出発前にストレッチをして体をほぐす。
IMG_3491_2019110908392192c.jpg

8:00、水車のある登山口から獣除けのゲートを空けて出発する。
IMG_3493_20191109083923af9.jpg

杉林の中の平坦地を徐々に登っていく。
30分ほどで緑の苔が美しい谷を通過する。
IMG_3494.jpg

山腹を巻いて登り、1時間少しで銚子ヶ口から出ている北尾根に乗る。
IMG_3495.jpg

尾根道をしばらく歩き、右手の谷に沿って山腹を歩いていく。
IMG_3496.jpg

15分ほどで谷に下り、谷を渡り返しながら徐々に登っていく。
源流部まで登ると、周囲の黄葉がきれいである。
IMG_3497.jpg

IMG_3527_20191109083800e79.jpg

谷を登り切り、風越谷から登ってくる道と合流し、山頂直下の急坂を登り、10:25、銚子ヶ口東峰に着く。
IMG_3498_20191109083906661.jpg

山頂からは360度の展望が広がる。
IMG_3499.jpg
(御在所岳方面)

IMG_3500_2019110908390953b.jpg
(釈迦ヶ岳方面)

IMG_3501.jpg
(御池岳、藤原岳方面)

IMG_3502_20191109083848e9a.jpg
(遠く御嶽山方面も見える)

眺望を堪能した後、少し先の銚子ヶ口(本峰)を目指す。
IMG_3503_20191109083850576.jpg

5分ほど歩き、10:53、展望のない銚子ヶ口に着く。
IMG_3504_20191109083851f78.jpg

IMG_0466_20191109101649be6.jpg 

いったん少し下り、落ち葉で分かりにくい道を地図を確認しながら西峰を目指す。
途中の枯れ木になめこがたくさんついている。
IMG_3507_2019110908384739f.jpg

11:11、西峰に着く。
あたりの山腹の紅葉が進んでいる。
IMG_3511.jpg

5分ほどで分岐を右折れして水舟の池へ降りていく。
IMG_3512.jpg

杉林の急坂を10分ほど下り、11:27、鈴鹿山系では一番大きいといわれる水舟の池に着く。
IMG_3517_201911090838143a4.jpg

ちょうど湖畔の紅葉が美しい。
IMG_3514_20191109083831b82.jpg

一列に並びイモリやゲンゴロウが泳いでいる池を覗いている。
IMG_3520.jpg

ほかに誰もいない湖畔の日当たりのいい所で昼食を食べて休憩する。
IMG_3515_20191109083813c6c.jpg

13:00、記念写真を撮った後岐路に着く。
IMG_3518_20191109083816db0.jpg

歩いてきた道を戻り、12:55、東峰に着き、最後の眺めを堪能する。
IMG_3524_20191109083800ef3.jpg

東峰から一気に下り、14:45、杠葉尾登山口に戻る。

日帰り温泉で汗を流した後、午後5時ごろに名古屋へ帰る。



鈴鹿でもやっと秋が深まり、登る途中では木々の紅葉が楽しめた。
平日のためか途中一人の登山者とも会うこともなく、我々だけで秋深まりゆく静かな滋賀県側の鈴鹿を楽しめた山行であった。
山遊人

関連記事

*Comment

*Comment_Post

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

山遊人

Author:山遊人
Myブログへようこそ!
我が家の番犬だったウィルくんです。安全で楽しい登山を願っています!

FC2カウンター

電光掲示板

人生が輝き出す名言集



presented by 地球の名言

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ全記事表示