FC2ブログ
10< 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.>12

山と写真をこよなく愛するおじさんのブログです。 山行記録や旅日記また花の写真などを中心によしなし事を載せていきます。 同好の方がみえましたらお立ち寄り下さい。

山遊人の徒然日記

 このページの記事一覧 
2019
10/13
Sun
Category:山行

四国山行(その2) 

10月11日(金)

剣山地:剣山(1952m)

四国山行最終日の今日は剣山に登る予定である。
turugisan.png

turugisanmap.gif

【天気】 ガスかかる
SPAS_COLOR_201910110000.png

【コースタイム】
見ノ越(7:10)~西島駅(8:10/8:15)~刀掛けの松(8:30)~頂上ヒュッテ(8:50)~剣山(8:55/9:10)~頂上ヒュッテ(9:17/9:35)~大劔神社(9:47)~西島駅(10:05)~見ノ越(10:45)



朝起きると、窓の外は霧雨が降っている。
今日は剣山に登っても何も見えないかもしれない。
朝6時半に朝食を食べ、7時前にバスに乗り登山口の見ノ越まで行く。
登山口には大きな駐車場があり、天気が悪いためか2台駐車しているだけである。
登山用のリフトもあるが、時間が早いのでまだ動いていない。
観光客向け店の間を抜けて登山口へ行く。
IMG_1660.jpg

7:10、登山口の劔神社下から階段を登って剣山を目指す。
IMG_1661_20191013081228fc1.jpg

リフトをくぐって、よく整備された道を1時間ほど歩き、8:10、リフト終点の西島駅に着く。
ここからガスの中の尾根道を登り、途中「刀掛けの松」を通過する。
IMG_0045_20191013105319649.jpg

8:50、剣山本宮神社前の頂上ヒュッテに着く。
IMG_1682.jpg

ヒュッテから笹原の中に敷かれた木道の道を山頂まで緩やかに登っていく。
IMG_0048_20191013105319cf2.jpg

これまでずっとガスの中を登ってきたが、ちょうど我々が山頂へ着くころからガスが切れ始める。
奇跡的に周囲の景色が見え始め、青空ものぞき始める。
8:55、一等三角点の建つ山頂へ着く。
IMG_1672.jpg

天気が良ければ登る予定であった次郎笈の緑の笹原の稜線も姿を現す。
IMG_1666_2019101308122927b.jpg

IMG_1673_20191013081225469.jpg

待望していた景色が眼前に開け皆大感激である。
IMG_1680_20191013081211d50.jpg

かすかに太平洋側の海も見えている。
眺望を楽しんでいると、また周囲にガスがかかり出す。
次郎笈まで行く予定でいたが、登っても何も見えないのでここで下山することにする。
剣山本宮神社まで下山し、ヒュッテの前でしばらく休憩した後、大劔神社を経て下山する。
IMG_1683_2019101308121429a.jpg

西島駅で登ってきた道と合流して下山する。
10:45、バスの待つ登山口の駐車場へ下山する。

帰りに宿泊したホテルで温泉に入れてもらい、軽く昼食を食べた後帰途に着く。
徳島道から鳴門市へ出て、淡路島から神戸に渡り、新名神道を走って、午後6時半過ぎ名古屋へ帰る。



今回は、石鎚山、剣岳と四国の百名山をめぐる山旅であった。
バスをチャーターしての山行であったので、行き返りも比較的楽であった。
石鎚山は、先鋭な天狗岳の岩峰の写真などの見て一度登ってみたいと思っていたが、宗教的な雰囲気が色濃くただよう信仰の山であった。
剣岳は、山頂近くに緑のミヤマクマザサが広がり大らかな山容の山であった。
台風が近づいているなかであったが、対照的な2山に登ることができ、参加された皆さん満足されたのではないかと思う。
山遊人


関連記事
Posted on 23:49:37 «Edit»
  tb: (0)    com: (0)
 コメント 
 コメント投稿 
管理者にだけ表示を許可する

 トラックバック