FC2ブログ

山遊人の徒然日記

山と写真をこよなく愛するおじさんのブログです。 山行記録や旅日記また花の写真などを中心によしなし事を載せていきます。 同好の方がみえましたらお立ち寄り下さい。
No  836

秋風爽快!:大倉山

9月19日(木)

白山前衛:大倉山(2038.5m)

登山教室OBの方々9名と、岐阜県側からの白山へ道の平瀬道の途中にある大倉山へ山行する。
ookuramap.gif

ookura.png

【天気】 快晴
SPAS_COLOR_201909190000.png

【コースタイム】
平瀬登山口(9:05)~ベンチ(11:00)~大倉山(11:33)~避難小屋上(11:40/12:10)~平瀬登山口(14:10)



久し振りに大陸から高気圧が張り出し、いい天気になりそうである。
朝6時半に2台の車に分乗して出発する。
東海北陸道荘川ICを出て、御母衣湖に沿ってR156を走り、平瀬温泉手前で左折れする。
大白川に沿った林道を走り、午前9時前、大白川ダム湖畔の平瀬登山口の駐車場に着く。
現地は雲一つない快晴のいい天気である。
既に上の駐車場はほぼ満車状態で、広い下の駐車場に駐める。
準備をして、9:05、避難小屋の建つ登山口から登り始める。
IMG_1499.jpg

急な階段状の坂をしばらく登り、やや緩やかになると、東の方が開け三方岩岳が近くに見えてくる。
IMG_1532.jpg

遠くには、槍穂高連峰や乗鞍岳など北アルプス方面が雲の上に浮かんでいる。
IMG_1504_201909211829191de.jpg

雲の上に浮かぶ槍穂高連峰や乗鞍岳。
IMG_1505_201909211829209b4.jpg

足もとには蒼い水をたたえた白水湖が見えてくる。
IMG_1507.jpg 

登山口から3km地点のベンチで休憩する。
IMG_1513_20190921182904af9.jpg

しばらくして尾根上に出ると、眼前に白山連峰の御前ヶ峰方面が見えてくる。
IMG_1514_20190921182905afb.jpg

午前11時半過ぎ、展望のきかない大倉山山頂に着く。
IMG_1530_20190921182850aec.jpg

山頂を少し過ぎ、大きなダケカンバの木がある所で昼食を食べて休憩する。
IMG_1524_201909211829022f9.jpg

御前ヶ峰や大汝峰がすぐ近くに見える。
IMG_1523_20190921182908f75.jpg

乗鞍岳や御嶽山などの眺望も素晴らしい。
IMG_1520_20190921182907c5f.jpg

すぐ下には大倉避難小屋が建っている。
IMG_1529_2019092118284964d.jpg

ゆっくりと休憩した後、12:10、登ってきた道を下山にかかる。
ナナカマドの赤い実が青空に映えている。
IMG_1541.jpg

やや色づき始めた木々を前景に。
IMG_1534_20190921182847663.jpg

眼下の白水湖などの景色を楽しみながらノンビリと下っていく。
IMG_1533_20190921182853142.jpg

路肩には秋の花が少し咲いている。
IMG_1540_20190921182834d36.jpg

IMG_1543_20190921182838bea.jpg

IMG_1542_201909211828376ea.jpg

2時間ほどかけて、14:10、登山口に下り立つ。
帰りに、近くにある白水(しらみず)の滝を見に立ち寄る。

立派な展望台が設置されている。
IMG_6334.jpg

高さ72m、幅8mの勇壮な滝が垂直な岸壁を流れ落ちている。
IMG_6333.jpg

帰りに、道の駅にある「しらみずの湯」に立ち寄り汗を流す。
東海北陸道を走り、午後7時過ぎ名古屋に帰る。
(なお、大白川への林道は、今年は9月25日から補修工事に入り、そのまま閉鎖されるそうである。)



秋の爽やかな晴天に恵まれ、吹く風にも空きを感じられ気持ちのいい山行が出来た。
白山へ岐阜県側から登る平瀬道は、比較的登山者も少なく、歩きやすい登山道である。

                              山遊人

関連記事
別窓 | 山行 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<槍穂高の展望台:鉢盛山 | 山遊人の徒然日記 | 南アルプス前衛の山へ:(雨乞岳)>>

この記事のコメント

∧top | under∨
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 山遊人の徒然日記 |