FC2ブログ
10< 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.>12

山と写真をこよなく愛するおじさんのブログです。 山行記録や旅日記また花の写真などを中心によしなし事を載せていきます。 同好の方がみえましたらお立ち寄り下さい。

山遊人の徒然日記

 このページの記事一覧 
2019
08/23
Fri
Category:山行

降雨を避けて:大台ヶ原山 

8月22日(木)

台高山脈:大台ヶ原山(日出ヶ岳)(1695.1m)

山仲間と、三重、奈良県境にある大台ヶ原山へ山行する。
oodaigaharamap.gif

oodai.png

【天気】 晴れ
SPAS_COLOR_201908220000.png

【コースタイム】
駐車場(7:05)~大台ヶ原山(日出ヶ岳)(7:45/7:54)~正木峰(8:05)~尾鷲辻(8:33)~牛石ヶ原(8:48)~大蛇嵓(9:00/9:05)~シオカラ谷吊橋(9:40/10:00)~駐車場(10:32)



お盆を過ぎてから天候が安定せずなかなか山に行くことが出来ない。
北アルプスの裏銀座へ山行予定であったが、ここ数日秋雨前線が列島にかかり雨天が予想されるので、残念ながら中止とする。
北の方は天気が悪そうなので、南の台高山脈にある日本百名山の大台ヶ原山へ山行する。
大台ヶ原山は、深田久弥の『日本百名山』によると、北海道の名付け親である幕末の探検家「松浦武四郎」(松阪市出身)が、故郷の山として愛した山であるということである。
朝3時半前に出発し、東名阪、名阪道を走り、針ICを出て南下する。
宇陀市、吉野町を経て、R169を吉野川に沿って走る。
出発してから3時間ほどで右折れして大台ヶ原ドライブウェイを登る。
伯母峰峠のトンネルを抜け、尾根上に付けられた道を走り、午前7時前に大台ヶ原駐車場に着く。
IMG_1301_20190823060047d9b.jpg

予想通り晴れ間の広がるいい天気である。
広い駐車場には15,6台の車が止まっている。
準備をして、8:05、大台ヶ原山に向けて歩き始める。
原生林の中のよく整備された道を緩やかに登っていく。
IMG_1305_201908230600483b6.jpg

30分ほどで稜線に出て左折れし、急な階段の道を50mほど登り、7:45、展望台の建つ日出ヶ岳山頂に立つ。
IMG_1308_20190823060050719.jpg

一等三角点の山頂からは、薄っすらと尾鷲方面の島々も見えている。
天気がよければ富士山も見えるそうである。
IMG_1309.jpg

西方には大峰の山々も頭を覗かせている。
IMG_1312_20190823060045746.jpg

山頂を後に、大蛇嵓への道を南下する。
IMG_1313.jpg

10分ほどで笹原の広がる正木峰に登る。
IMG_1317_20190823060029305.jpg

振り返ると登って来た展望台の建つ日出ヶ岳が見える。
IMG_1318_20190823060031cb0.jpg

ここから先は広い階段状の木道が敷かれている。
このあたりは昭和34年の伊勢湾台風で原生林の木々が倒れ、笹原の中に立ち枯れの木々目立つ。
IMG_1320.jpg

階段の続く道を下ってさらに南下する。
IMG_1324_20190823060026b59.jpg

気持ちのいい笹原が広がる正木ヶ原を過ぎる。
IMG_1327_201908230600139c6.jpg

8:48、神武天皇像の建つ牛石ヶ原に出る。
IMG_1328_201908230600143b1.jpg

その先で大蛇嵓への分岐に出る。
分岐を少し行き、断崖に突き出た大蛇嵓へ下る。
IMG_1334.jpg

大蛇嵓の先端からの眺望を楽しむ。
IMG_1332.jpg

IMG_1335_201908230843470cf.jpg 

分岐まで戻り、シャクナゲのトンネルの続く尾根道を下る。
9:40、吊橋の掛かるシオカラ谷に下り、谷に下りて食事をしながら休憩する。
10:00、吊橋を渡り、30分ほど急坂を登って、10:32、駐車場へ戻ってくる。

11時前帰途に着き、途中、針IC近くの道の駅にある日帰り温泉で汗を流した後、名阪、東名阪道を走り、午後4時ごろ名古屋へ帰る。



予想通りの晴天に恵まれて、大台ヶ原の台地をのんびりと歩いたハイキング的な山行であった。
早朝であったためか、数パーティに出会っただけで静かな山行が楽しめた。
名古屋からはやや遠いので日帰りの山行はなかなか厳しいが、数年前に行った大杉谷から大台ヶ原に登る山行も印象深いものになるだろう。
山遊人

関連記事
Posted on 09:13:25 «Edit»
  tb: (0)    com: (0)
 コメント 
 コメント投稿 
管理者にだけ表示を許可する

 トラックバック