FC2ブログ
夏山満喫!:北アルプス(その2)
2019/08/03(Sat)
7月31日(水)

三俣山荘~鷲羽岳~水晶岳~祖父岳~雲ノ平
washibadake.png

【天気】 晴れ時々ガスかかる
SPAS_COLOR_201907310000.png

【コースタイム】
三俣山荘(5:38)~鷲羽岳(7:00/7:05)~ワリモ北分岐(8:00)~水晶小屋(8:50/8:55)~水晶岳(9:45/9:50)~ワリモ北分岐(11:27)~岩苔乗越(11:30/11:45)~祖父岳(12:33/12:45)~雲ノ平(14:04)



朝4時過ぎに起床し、5時頃朝食を食べる。
外に出ると鷲羽岳山頂近くにはガスがかかっている。
5:38、鷲羽岳に向けて登り始める。
IMG_1112_201908021808170e7.jpg

ガスの中、急坂をジグザグに登り、7:00、鷲羽岳山頂に着く。
ガスがかかり何も見えない。
IMG_1113_20190802180730ae8.jpg

ここで、体調の悪い一人を除いて他の人は水晶岳を目指す。
20190731LR-P7310113_20190804105129e30.jpg 

私と体調不良者と二人でワリモ岳を越えワリモ北分岐で、水晶岳を目指したグループを待つことにする。
待っている間に徐々にガスが切れ始める。
分岐上の小ピークに登り眺望を楽しむ。
目の前には水晶岳が大きい。
IMG_1137.jpg

鷲羽岳の左肩に槍ヶ岳の穂先が見えだす。
IMG_1118_20190802180731555.jpg

祖父岳の右には今日泊まる予定の雲ノ平山荘も見えている。
IMG_1125_201908021807336ba.jpg

しばらくすると完全にガスが切れ、槍ヶ岳の雄姿が姿を現す。
IMG_1132_2019080218075992f.jpg

水晶岳の左には薬師岳も見えている。
IMG_1136_20190802180728747.jpg

午前11時半前、水晶岳へ登って来た仲間を迎え、岩苔乗越で昼食を食べる。
あたりにはハクサンイチゲの花が多い。
IMG_1143.jpg

昼食後、祖父岳を越えて雲ノ平を目指す。
IMG_1148_2019080218071503f.jpg

12:33、祖父岳山頂に着く。
IMG_1153_20190802180709489.jpg

祖父岳を下り、雪渓を横切って雲ノ平の一角に出る。
IMG_1154_20190802180651d1b.jpg

木道を歩いていくと、スイス庭園のあたりからはコバイケイソウの群落続く。
IMG_1160_2019080218065382d.jpg

14:04、雲ノ平山荘に到着する。
平日なのにすごい混みようで、人気の高さがうかがわれる。
1枚の布団に二人就寝というギュウギュウ詰めの部屋である。
夕食時間は午後7時前ということなので、小屋近くの祖母岳まで散策に出かける。
祖母岳山頂ベンチで雲ノ平の風景を眺めながら歓談する。
IMG_1168_20190802180630989.jpg

水晶岳をバックに雲ノ平山荘が眼下に見える。
IMG_1166_20190802180656e36.jpg

ガスが切れると槍ヶ岳の穂先も見える。
IMG_1167_201908021806503ec.jpg

午後6時過ぎ小屋へ戻り、夕食に名物の石狩鍋を頂く。
布団を敷くとまさに足の踏み場もないような部屋で寝る。
夜中にトイレに起きる人に足を2,3回踏まれたりしてなかなか寝付かれない。



8月1日(木)

雲ノ平山荘~アラスカ庭園~薬師沢小屋~太郎平小屋~折立
kurobegoroudake.png

【天気】 晴れ
SPAS_COLOR_201908010000.png

【コースタイム】
雲ノ平山荘(6:13)~アラスカ庭園(6:50)~薬師沢小屋(8:50/9:12)~中俣(10:37)~太郎平小屋(12:05/12:40)~三角点(14:20/14:25)~折立(15:25)



今日はいよいよ下山する日である。


朝起きると、部屋の窓から笠ヶ岳や黒部五郎岳が朝日を浴びているのが見える。
IMG_1172_20190802180631aae.jpg

IMG_1174_20190802180633101.jpg

朝食を食べた後、6:13、下山にかかる。
IMG_1177.jpg

チングルマなどの咲く中、木道を歩いていく。
IMG_1179_2019080218062861d.jpg

朝の清々しい空気の中、黒部五郎岳や笠ヶ岳を見ながらアラスカ庭園を過ぎる。
IMG_1181_20190802180605356.jpg

1時間ほどで雲ノ平の台地から薬師沢への激下りが始まる。
苔が生えて滑りやすい岩の上を細心の注意をはらって下っていく。
2時間ほど下り、薬師沢の川原に出て階段を登る。
IMG_1188_20190802180607796.jpg 

黒部川を吊橋で渡る。
IMG_1195_20190804074200348.jpg 

薬師沢小屋で休憩した後、少し登り返し、薬師沢に沿った道を徐々に登っていく。
IMG_1198_20190802180609072.jpg

左俣、中俣を橋で渡り、最後の急坂を太郎平目指して300mほど登る。
12:05、大勢の登山者で賑わう太郎平小屋へ着く。
昼食に、小屋で売っているラーメンなどを食べる。
IMG_1199_2019080218060456a.jpg

昼食後、12:40、折立へ向けて下山にかかる。
15:25、3時間弱で折立へ下り、4日間の山行を終える。

帰りに、途中にある「亀谷温泉」で4日間の汗を流す。
北陸道、東海北陸道を走り、午後9時前名古屋へ帰り着く。



参加された皆さん全員総延長40kmを越える行程を歩き通すことが出来た。
梅雨明け直後の晴天にも恵まれ、北アルプスの夏を満喫できた山行であった。
百名山三山(黒部五郎岳、鷲羽岳、水晶岳)にも登頂出来、思い出に残る山行だったのではないかと思う。
山遊人

関連記事
この記事のURL | 山行 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<特異な岩峰群:八海山 | メイン | 夏山満喫!:北アルプス(その1)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://yamayujin.blog119.fc2.com/tb.php/828-430733c3

| メイン |