FC2ブログ
10< 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.>12

山と写真をこよなく愛するおじさんのブログです。 山行記録や旅日記また花の写真などを中心によしなし事を載せていきます。 同好の方がみえましたらお立ち寄り下さい。

山遊人の徒然日記

 このページの記事一覧 
2019
04/30
Tue
Category:山行

山頂からの眺望最高:笠置山 

4月28日(日)

恵那:笠置山(1128m)

山仲間4人と、岐阜県恵那市にある笠置山へ山行する。
kasagiyamamap.gif

kasagiyama.png

【天気】 晴れ
SPAS_COLOR_201904280000.png

【コースタイム】
ふれあい広場(7:45)~記録小屋(8:27/8:35)~林道出合(9:21)~笠置山(9:46)~ヒカリゴケ(9:51)~展望台(10:04/10:12)~物見岩(10:25)~富士見岩(10:31)~物見岩(10:35/11:05)~望郷の森キャンプ場(11:18)~大岩展望台(11:39)~記録小屋(12:20/12:25)~ふれあい広場(13:00)



代替わりの10連休が始まり、どこも混んでいそうなので、簡単に登れる恵那の笠置山へ行こうと計画する。
すっぽりと移動性高気圧が覆い、いい天気になりそうである。
朝6時半前に集合し、連休中でかなり通行量が多い中央道を走り恵那ICを出る。
午前7時30分ごろ山麓の「姫栗ふれあい広場」に着く。
ゲートボール場がありトイレも設置された大きな広場である。
IMG_0345_20190429060722150.jpg

7:40、準備をして、道路を渡ったところにある登山口から林道を歩き始める。
IMG_0346.jpg

別荘地の先から石のゴロゴロする道を登り、8:27、車道に出て笠置山休憩・記録小屋で休憩する。
IMG_0347_2019042906072502c.jpg

道路を渡った登山口から登山道に入る。
IMG_0349_201904290607269b3.jpg

よく整備されているが、階段が多く歩きにくい道を登っていく。
IMG_0354_201904290606554cf.jpg

15分ほど登ると、天然記念物のヒトツバタゴ自生地に出る。
高さ19m、幹回り1.9mの大木である。
IMG_0351_201904290607216dd.jpg 

すぐにアンコ(小サンショウウオ)が住むというアンコ沢を渡る。
IMG_0352_20190429060654be6.jpg

ますます急になる階段の道を登り、9:21、林道に出る。
林道を横切り、大岩が多い最後の急坂を登り切り、笠置神社奥社の建つ笠置山山頂に出る。
IMG_0356_20190429060657f84.jpg

IMG_0371.jpg

社の右を少し下って、有名なヒカリゴケを見に行く。
IMG_0358_20190429060652354.jpg

狭い岩の間を覗くと緑色に鈍く光るヒカリゴケが見える。(チョッとピンボケ)
IMG_0357_20190429060658f99.jpg

奥社の裏から少し下った所にある展望台へ行く。
IMG_0370_20190429060631e5c.jpg

展望台に上ると、北に残雪の御嶽山が大きく見える。
IMG_0360.jpg

北東には中央アルプスが連なっている。
IMG_0365_2019042906063707d.jpg

さらに東には南アルプスの白根三山や塩見岳も望まれる。
IMG_0362.jpg

西に目をやるとまだまだ残雪豊かで真っ白な白山や別山も見えている。
IMG_0363_2019042906063621b.jpg

眺望を堪能した後山頂に戻り、少し南の物見岩に行く。
IMG_0378_20190429060622a95.jpg

階段を上がった岩の上からは東の眺望が開け、恵那山が近い。
IMG_0375_201904290606173ce.jpg

IMG_0374_20190429060615da9.jpg

眼下には木曽川の流れも見下ろされる。
IMG_0382_20190429060559eeb.jpg

少し先の富士見岩にも立ち寄った後、物見岩前の駐車場にある四阿で昼食を食べる。
昼食後、望郷の森キャンプ場へ下っていく。
途中白山連峰の眺望がいい。
IMG_0381_20190429060600dc4.jpg

連休中のためか沢山のキャンパーで賑わうキャンプ場を経て、少し下った車道に出る。
車道をしばらく歩き、大岩展望台の先で、クライミングエリアの中の踏み跡を辿って下山にかかる。
40分ほど歩き、12:20、記録小屋に出る。
小屋から登って来た道を下り、13:00、ふれあい広場の駐車場へ戻ってくる。

帰りに日帰り温泉に立ち寄った後、渋滞を避けて早めに帰途につき、午後3時半ごろ名古屋へ帰ってくる。



笠置山は、山頂直下まで車で行くことが出来る山で今まで敬遠していたが、今回は麓から歩くコースで登った。
連休中だというのに、山頂まで他の登山者と会うこともなかった。
昼近くなり、さすがに山頂や物見岩のあたりではハイカーがボチボチと登って来ていた。
山頂からの天望はきかなかったが、展望台や物見岩からの眺望は素晴らしかった。
御嶽山、中央・南アルプス、白山連峰等の素晴らしい眺望が得られた。
麓から仰ぐと、恵那富士と言われる端正な容姿の笠置山は、予想外に魅力的な山であった。
山遊人

関連記事
Posted on 19:08:03 «Edit»
  tb: (0)    com: (0)
 コメント 
 コメント投稿 
管理者にだけ表示を許可する

 トラックバック