FC2ブログ
春風爽やか:桑谷山
2019/04/13(Sat)
4月13日(土)

岡崎/蒲郡境:桑谷山(435.5m)

以前の職場仲間の会で、岡崎市と蒲郡市の境にある桑谷山へハイキングに出かける。
kuwagaiyaamap.gif

kuwagaiyama.png

【天気】 快晴
SPAS_COLOR_201904130000.png

【コースタイム】
桑谷バス停(9:16)~桑谷キャンプ場分岐(9:34)~登山口(10:00/10:05)~桑谷山山頂(10:51/11:00)~展望台(11:14/11:53)~桑谷キャンプ場(12:36)~キャンプ場分岐(12:50)~桑谷バス停(13:08)



朝8時45分に名鉄美合駅に集合する。
今回は13名の会員が集合する。(途中で2名が合流し、合計15名となる)
駅前のバス乗り場で桑谷までのバスを待つ。
IMG_0307_20190413165027363.jpg

8:51発のバスに乗り、10分ほどで桑谷に着く。
バス停前にあるコンビニの駐車場で、幹事さんから今日のコースの説明を受ける。
IMG_0308.jpg

9:16、前方に見える桑谷山に向けてのどかな田園の中の道を歩いていく。
IMG_0311.jpg

今日は高気圧に覆われて素晴らしい晴天で、爽やかな風が気持ちいい。
途中桑谷キャンプ場への道を分け、ため池の横を通って登山道に入っていく。
IMG_0313_201904131650329ee.jpg

道の脇では山桜がまだ花をつけている。
IMG_0314.jpg

出発して45分ほどで登山口に着きしばらく休憩する。
IMG_0315.jpg

ここからいよいよ山道に入り、谷に沿った杉林の中の道を200mほど登っていく。
IMG_0316_201904131649596e4.jpg

40分ほどで急坂を登り切り、稜線に出てゆるやかになった尾根伝いの道を行く。
5分ほど歩き、10:51、レーダードームの裏にある一等三角点の建つ桑谷山山頂に出る。
IMG_0319_20190413165000c88.jpg

展望のない山頂で、全員で記念撮影をする。
IMG_0321_20190413165002cce.jpg

ほとんど平らな常緑樹の中の道を東へ歩いていく。
途中にはヤブツバキの花が沢山咲いている。
道に落ちたツバキの真っ赤な花とヤマザクラのピンクの花びらの対比が奇麗である。
IMG_0339_201904131649181cd.jpg

20分ほど歩いて電波塔や展望台の建つ開けた展望園地に出る。
IMG_0326_201904131649312fe.jpg

展望台に上ると、蒲郡の街の向こうに竹島や三河大島が浮かぶ三河湾や、渥美半島も眼下に眺められる。
IMG_0332_201904131649353ef.jpg

南東には宮路山や五井山が望まれる。
IMG_0324_20190413164956235.jpg

他のハイカーもいないので、展望台の上でゆっくりと昼食を食べて休憩する。
IMG_0334_2019041316492910b.jpg

昼食後、11:53、下山にかかる。
IMG_0335_20190413164914d51.jpg

帰りは、桑谷キャンプ場への道を下る。
下りの道はよく整備されており、所々に野辺地蔵が祀られている。
IMG_0336.jpg

いろいろな春の花を見ながらのんびりと下っていく。
IMG_0341_20190413164912dd9.jpg
(ショウジョウバカマ)

IMG_0343_20190413164858826.jpg
(ミツバツツジ)

IMG_0338_20190413164917f39.jpg
(ヤマザクラ)

1時間ほどで桑谷キャンプ場に下り、登りの道と合流し、13:08、桑谷バス停に戻ってくる。
午後1時半ごろのバスで美合駅へ戻り、次回のハイクで会えることを楽しみに解散する。



今日は素晴らしい晴天に恵まれ、春の爽やかな風の中、のんびりとハイクを楽しむことが出来た。
山遊人

関連記事
この記事のURL | 山行 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<春の芽吹き始まる:イブネ・クラシ | メイン | 滋賀県側の鈴鹿を周回する:水無山~綿向山~奥草山>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://yamayujin.blog119.fc2.com/tb.php/801-8a4d5266

| メイン |