FC2ブログ
思わぬ新雪を踏んで:猪臥山
2019/03/09(Sat)
3月8日(金)

飛騨高山:猪臥山(いふしやま)(1518.8m)

登山教室の自主企画山行で、高山市の西にある猪臥山に山行する。
ibuseyamamap.gif

ibuseyama.png

【天気】 曇りのち晴れ
SPAS_COLOR_201903080000.png

【コースタイム】
トンネル入口前登山口(8:45)~尾根取付き(9:45/9:50)~稜線分岐(10:54)~猪臥山(11:17/11:22)~稜線分岐(11:35/12:00)~尾根取付き(12:25)~トンネル前登山口(13:02)



13名の参加を得て、自家用車とレンタカーに分乗し、午前6時半に出発する。
東海北陸道を走り、飛騨清見ICを出て、県道90号(卯の花街道)を北上する。
猪臥山トンネル手前のチェーン装着場の広場に午前8時半ごろ到着する。
先客の車が2台駐車している。
久し振りに強い寒気が入り、昨日から昨晩にかけて当地方では相当雪が降ったようである。
積雪がかなりありそうなので、出発時からワカン、スノーシューを装着する。
8:45、猪臥山に向けて出発する。
IMG_0064_20190308203224abe.jpg

先行する登山者のスキーのトレースを辿り、林道となっているなだらかな道を歩いていく。
IMG_0065_20190308203225d16.jpg

9:45、出発してから1時間ほどで林道終点に着く。
沢を渡り、ここからは尾根に取り付き登っていく。
IMG_0066_20190308203222cc2.jpg

新雪が30cmほどは積もっており、ワカン、スノースーの効果が大きい。
尾根を1時間ほど登り、猪臥山南尾根の稜線上に出る。
尾根を左に折れて、両脇に霧氷(樹氷)の花が咲く道を登っていく。
IMG_0068_20190308203207406.jpg

15分ほど歩き、雪庇の張り出した山頂直下の急斜面を登る。
IMG_0071_20190308203208f7f.jpg

山頂直下の社を過ぎる。
IMG_0075_20190308203212b2c.jpg

11:17、ガスで視界のきかない猪臥山山頂に立つ。
IMG_0073_201903082032100ec.jpg

風も少しあり視界もきかないので、記念写真だけ撮ってすぐに下山にかかる。
南西尾根を縦走して下る予定でいたが、誰も歩いていなくトレースが付いていない。
時間がかかりそうなので今回は諦めて登ってきた道を下山することにする。
IMG_0077_201903082032055a3.jpg

11:35、稜線分岐を少し下がった風を避けることが出来る雪の上で昼食を食べて休憩する。
IMG_0087_2019030820313734b.jpg

このあたりの木々には霧氷がついて幻想的である。
IMG_0078_20190308203133a09.jpg

昼食を食べていると、徐々にガスが切れ出し青空も見え始める。
IMG_0084_2019030820313426f.jpg

霧氷の付いた木々の白い枝が青空によく映える。
IMG_0086_20190308203136690.jpg

昨年歩いた少し先の電波塔の建つ山頂方面も見え始める。
IMG_0089_20190308203131a30.jpg

休憩後、30分ほど歩いて尾根取付きまで下山し、彦谷に沿った道をのんびりと歩く。
IMG_0093_2019030820312244e.jpg

さらに30分ほど歩き、13:02、駐車場に戻ってくる。
IMG_0094_20190308203121e79.jpg

帰りに荘川温泉で身体を温めた後、東海北陸道を走り、午後5時過ぎ名古屋へ帰る。



今日の山行は、積雪を期待してワカン等で歩く目的で実施した山行であった。
久し振りに強い寒気が入ったため前日に積雪があり、山頂近くでは50cm以上の新雪であった。
時間が早かったためスキーで先行した登山者のトレースがあるだけの気持ちのいい雪道を歩くことが出来た。
予想以上の積雪があり、今年初めて新雪を踏みしめて雪山を楽しむことが出来た。
山頂での展望がきかなかったのは残念でったが、参加された皆さん満足された山行ではなかったかと思う。

山遊人

関連記事
この記事のURL | 山行 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<春まだ浅き:傘山 | メイン | 古道の峠を越えて:熊伏山>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://yamayujin.blog119.fc2.com/tb.php/794-3e3c91f3

| メイン |