FC2ブログ

山遊人の徒然日記

山と写真をこよなく愛するおじさんのブログです。 山行記録や旅日記また花の写真などを中心によしなし事を載せていきます。 同好の方がみえましたらお立ち寄り下さい。

Entries

氷結した湖上を歩く:白駒池

2月25日(月)

北八ツ:坪庭~白駒池

山仲間4人と一緒に、北八ツへスノーハイクに行く。
sirakomaikemap_20190226094159956.gif

sirakomaike.png

【天気】 晴れ
SPAS_COLOR_201902250000.png

【コースタイム】
山頂駅(9:50)~五辻(10:20)~出逢いの辻(10:48)~オトギリ平(11:02)~国道出合(11:15)~麦草峠(11:32)~白駒池(12:13/13:00)~麦草峠(13:40)~狭霧苑地(14:06)~出逢いの辻(14:19)~五辻(14:45)~山頂駅(15:31)



朝6時前に集合し、中央道を走り、諏訪ICで出る。
ビーナスラインを走り、午前10時過ぎに北八ヶ岳ロープウェイ駐車場に着く。
IMG_0001.jpg

現地の天気は、晴れてはいるが、山頂近くにはガスがかかっている。
午前9時30分発のロープウェイに乗り7分で山頂駅に着く。
山頂駅を出た坪庭のあたりはややガスがかかっているが、風もなくそんなに寒くはない。
すでにたくさんの外国人などの観光客が坪庭で遊んでいる。
今日はスノーシューを履いて遊ぶ目的の山行なので、すぐにスノーシューを装着する。
(登山道は踏み固められており、アイゼンの方がいいのだが)
今日の山行は、麦草峠下にある全面氷結した白駒池の湖上を歩く目的もある。
9:50、白駒池へ向けて出発する。
IMG_0002.jpg

ほとんどの登山者は、北横岳を目指して登っていくが、我々は反対の縞枯山を巻く道を歩いて行く。
IMG_0003.jpg

今年はどこの山も積雪が少なく、八ヶ岳方面も例年に比べると非常に少ない。
樹林帯の道を歩き、30分ほどで五辻に出て、少し先の四阿で休憩する。
少し下り、出逢いの辻で左折れしてオトギリ平への道を登る。
15分ほど登り11:02、オトギリ平に出る。
IMG_0005.jpg

オトギリ平で右に折れて少し下ると、坪庭のような開けて気持ちのいいところに出る。
IMG_0007_2019022609221215b.jpg

少し下って冬季通行止めになっているR299(メルヘン街道)を横切り、麦草峠を目指す。
15分ほど歩き、麦草峠に建つ麦草ヒュッテに出る。
IMG_0009_2019022609215902d.jpg

峠を少し登ると、北に浅間山が姿を現す。
IMG_0012.jpg

IMG_0011_20190226092201808.jpg

峠から40分ほど歩き、12:13、青苔荘前の白駒池に出る。
池は全面氷結しており、先客が池の上で写真を撮ったりして遊んでいる。
IMG_0015_20190226092204f07.jpg

少しヒビの入っている個所もあるが、注意しながら氷の上を歩いてみる。
IMG_0023.jpg

IMG_0017.jpg

湖畔で昼食を食べてゆっくりと休憩した後、13:00、歩いてきた道を下山にかかる。
麦草峠に出るころにはすっかり晴れ渡り縞枯山方面がよく見える。
IMG_0026_20190226092149bf1.jpg

少し先の狭霧苑地から国道を横切り、出逢いの辻に出る。
五辻を過ぎ、途中の展望台からは乗鞍、御嶽や北アルプスの槍・穂高方面がよく見える。
IMG_0028_2019022609214335c.jpg

午後3時半過ぎ、山頂駅に帰ってくる。
IMG_0033_201902260921253ae.jpg

マスコットのキツツキの前で記念撮影をする。
IMG_0035_20190226092127fbb.jpg

ほとんどの登山者や観光客は既に下山している。
最終便1本前の午後3時40分のロープウェイに乗り下山する。
ロープウェイからは南八ヶ岳や反対側には蓼科山が良く見えている。
IMG_0036_201902260921288dc.jpg

IMG_0039_201902260921247d4.jpg

午後4時前に下山し、帰りに近くの日帰り温泉「小斉の湯」で身体を温める。
中央道を走り、午後8時半ごろ名古屋へ帰る。



今日は、スノーシューで北八ツを歩き、氷結した白駒池の湖上を歩く目的の山行であった。
北八ツも御多分に漏れず今年は雪は少なく、スノーシューで歩くほどではなかったが、せっかく持っていったのでスノーシューを装着して歩いた。
白駒池では、最近の温かさでやや緩んではいたが、何とか氷の上を歩くことが出来た。
もう少し積雪があるころに歩くと、今回のコースもさらに楽しめるのではないかと感じた山行であった。
山遊人

関連記事

*Comment

*Comment_Post

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

山遊人

Author:山遊人
Myブログへようこそ!
我が家の番犬だったウィルくんです。安全で楽しい登山を願っています!

FC2カウンター

電光掲示板

人生が輝き出す名言集



presented by 地球の名言

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ全記事表示