FC2ブログ

山遊人の徒然日記

山と写真をこよなく愛するおじさんのブログです。 山行記録や旅日記また花の写真などを中心によしなし事を載せていきます。 同好の方がみえましたらお立ち寄り下さい。
No  789

今年初めての山スキー:オサンババ(山中山)

2月14日(木)

奥美濃:オサンババ(山中山):(1631.3m)

奥美濃の「めいほうスキー場」の上にあるオサンババに仲間と一緒に山スキーに出かける。
osanbabamap.gif

osanbaba.png

【天気】 曇りのち晴れ

【コースタイム】
ゲレンデトップ(10:00)~オサンババ(11:15/11:37)~ゲレンデトップ(12:55)



今日は今冬初めてのスキーである。
めいほうスキー場のリフトでゲレンデトップに上がり、その先にあるオサンババ(山中山)までスキーで登る予定である。
朝7時ごろ名古屋を出て東海北陸道郡上八幡ICを出てせせらぎ街道を走る。
途中道路に雪はまったくない。
午前8時半過ぎめいほうスキー場に到着する。
平日のためスキー客はそんなに多くない。
現地の天気はやや雲が広がる天気である。
足慣らしのため1本ゲレンデを滑る。
その後2本リフトを乗りついでゲレンデトップまで上がる。
シールを着けて準備をしているとパトロールの人が確認にみえる。
山行計画書を見せて今日の行程を説明する。
10:00、尾根に登りオサンババに向けて出発する。
今年は積雪が少ないと聞いていたが、前日に降った新雪が30cmほど積もっている。
スノーシューで入った先行者のトレースが付いている。
スキーでその後を辿りながら歩いていく。
20分ほどで1584mのピークまで登る。
ピークを越えて一旦50mほど下る。
最低部から右に折れ、オサンババに続く尾根に上がる。
樹林帯の尾根を登っていく。
山頂直下でスノーシューで先行していた登山者とすれ違う。
登るにつれあたりの木々には霧氷がつきだす。
木々の先に見え隠れするのは鷲ヶ岳方面か?
IMG_5685.jpg 

傾斜が緩くなり、11:15、オサンババ山頂に着く。
IMG_5682.jpg

山頂からは大日岳方面がかすかに見える。
その頃より青空が広がりはじめ、白い霧氷が青空に映えて奇麗である。
IMG_5686.jpg

少し休憩した後、シールを外してスキーで滑りながら下山する。
技術不足のためたびたび転倒しながら樹林を避けて滑る。
最低部からは再びシールを着けて登り返す。
12:55、ゲレンデトップに戻ってくる。
天気が良くなり、真っ白に雪を着けた白山方面がよく見える。
IMG_5691.jpg

ゲレンデトップでシールをはずし、ゲレンデを滑って下る。
途中のレストランで昼食を食べて休憩する。
(スマホの電池がなくなり、軌跡はここで終了)
いちばん下まで滑り下り、もう1回だけリフトに乗りゲレンデを滑る。
体力的にかなり疲れてしまい午後3時でスキーを終了する。

途中の日帰り温泉で身体を温めた後、東海北陸道を走り、午後6時頃に帰ってくる。



今冬初めて山スキーに出かけた。
オサンババは3年ほど前にも一度スキーで登ったことがあった。
樹林帯が多く技術不足でうまく滑ることが難しいが、1時間半ほどで山頂に登ることが出来て練習には手ごろな山である。
ただ、山スキーで登ってからゲレンデを滑って遊ぶには体力的に段々きつくなってきたことを実感させられた。
山遊人

関連記事
別窓 | 山行 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<海と山を望む:野坂岳 | 山遊人の徒然日記 | 眺望を楽しむ:富士見台高原>>

この記事のコメント

∧top | under∨
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 山遊人の徒然日記 |