FC2ブログ
光の春近し:母袋烏帽子岳
2019/02/06(Wed)
2月5日(火)

美濃:母袋烏帽子岳(1340.8m)

所属支部の山行で、美濃の郡上市にある母袋烏帽子岳へ山行する。
motaieboshimap_20190206071557bae.gif

motaieboshi_2019020607155883b.png

【天気】 快晴
SPAS_COLOR_201902050000.png

【コースタイム】
母袋温泉(8:30)~登山口(8:56/9:08)~お助け水(9:40/9:48)~P1296(10:36)~母袋烏帽子岳(11:03/11:45)~P1296(12:08)~お助け水(12:37)~登山口(12:56)~母袋温泉(13:15)



移動性高気圧に覆われいい天気になりそうである。
7人の参加を得て、午前6時40分にレンタカーに乗り出発する。
東海北陸道を走り、ぎふ大和ICを出る。
県道を走り、途中で左折れして母袋温泉スキー場を目指す。
午前8時15分ごろ母袋温泉スキー場へ着く。
ここのスキー場は土日しか営業をしていない。
IMG_1891.jpg

まだ他に誰も来ていなかったが、我々が準備している間に3人組の登山者がやって来る。
ストレッチをして準備する。
IMG_1892_20190206071544d70.jpg

8:30、スキー場の横を通り母袋烏帽子岳を目指して歩き始める。
IMG_1893_20190206071545eea.jpg

キャンプ場の中の林道をしばらく歩いていく。
徐々に積雪が増えてきたので登山口のところでワカンを着ける。
IMG_1895_20190206071546a23.jpg

緩やかな道を徐々に上っていき、1時間ほどで「お助け水」について休憩する。
IMG_1896_20190206071540370.jpg

お助け水の先で4,50mの急坂を登り、林道を横切る。
ここから雑木林の明るい尾根に取り付き、積雪の増す道を登っていく。
IMG_1899.jpg

尾根上では積雪は4,50cmほどはある。
ラッセルするほどではないが、ツボ足だと踏み抜いてしまいそうである。
登り始めて2時間ほどで、1296mのピークに出る。
ここからは北東に真っ白な白山連峰が一望できる。
IMG_1920.jpg

IMG_1902_20190206071504f85.jpg
(白山御前ヶ峰)

ピークを越え、少し下って再び登り返し、11:03、母袋烏帽子岳山頂に着く。
山頂は積雪が7,80cmはあり、道標がほとんど隠れてしまっている。
IMG_1915_2019020607144623d.jpg

他に誰もいない風もなく暖かな山頂でゆっくりと昼食を食べる。
IMG_1912.jpg

雲一つない晴天の青空が広がる山頂からは御嶽山や乗鞍岳が一望出来る。
IMG_1918.jpg
(御嶽山)

IMG_1919_201902060714420a4.jpg
(乗鞍岳)

残念ながら白山方面は木々に遮られて本峰はよく見えない。
IMG_1914.jpg

左手には姿のいい荒島岳や能郷白山方面も見えている。
IMG_1906_20190206071506b4d.jpg

眠くなるような暖かな山頂でゆっくりと休んでいると、やっと3人連れのパーティーが登ってくる。
ツボ足のためかなり苦労して登ってきたようである。
山頂での至福の時間を堪能した後、11:45、登ってきた道を下山にかかる。
3人パーティーが踏み抜いた穴があちらこちらにあいている。
1時間半ほどかかり、13:15、スキー場へ下山する。

帰りに「美人の湯白鳥」で身体を温めたのち、東海北陸道を走り、午後4時半ごろ名古屋へ帰る。



今日は春のように暖かく素晴らしい晴天に恵まれた。
積雪も予想していたよりはあり、ワカン歩行も楽しむことが出来た。
山頂からの白山や御岳山などの眺望にも恵まれて楽しい山行であった。
暦の上では立春を過ぎたばかりであるが、一足先に光の春が感じられた山行であった。
山遊人

関連記事
この記事のURL | 山行 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<再びの山行:母袋烏帽子岳 | メイン | 厳冬越前の旅>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://yamayujin.blog119.fc2.com/tb.php/786-a00f657e

| メイン |