FC2ブログ

山遊人の徒然日記

山と写真をこよなく愛するおじさんのブログです。 山行記録や旅日記また花の写真などを中心によしなし事を載せていきます。 同好の方がみえましたらお立ち寄り下さい。

1月16日(水)

岩村:三森山(1101m)・水晶山(958m)

登山教室の月例山行で、岐阜県恵那市岩村にある三森山へ山行する。
mitumoriyamamap.gif

mitumoriyama.png

【天気】 曇りのち晴れ
SPAS_COLOR_201901160000.png

【コースタイム】
岩村ダム駐車場(8:35)~三森神社(9:18)~展望所(9:20/9:27)~三森山(9:56/10:17)(アイゼン装着)~図根三角点(10:53)
鈴ヶ根展望所(11:05/11:30)~水晶山(12:00)~岩村城本丸跡(13:00/13:05)~岩村の街並み(13:27)~岩村町駐車場(14:10)



昨晩までの雨もやみ、弱い冬型気圧配置の天気である。
受講生等13名、指導員3名、合計16名の参加である。
午前6時半前に集合し、マイクロバスで中央道を走る。
恵那ICを出て、岩村の街奥にある岩村ダムへ午前8時過ぎに着く。
途中の道もガスがかかり、現地は曇り空の天気である。
ダムサイトにある駐車場でストレッチをする。
IMG_1763.jpg

8:35、準備をして三森山に向けて歩き始める。
すぐに、三森神社への登山口に着き、新しい注連縄の掛かった鳥居をくぐる。
IMG_1765.jpg

歩きやすい道をジグザグを切って緩やかに登っていく。
途中林道を横切るころから道には少し雪が現れ始める。
40分ほど登り左に折れて、9:18、三森神社に着く。
IMG_1767.jpg

参拝後少し先の展望台に行くもガスがかかり何も見えない。
冷えているのか杉の葉先には白い霧氷が付き始めている。
IMG_1768_20190117110024b96.jpg

少し休憩した後、三森山への尾根道を行く。
奥の院への道を左に分け緩やかに登っていくと、道の両側にはイワカガミの葉が沢山ある。
春4月下旬ころには満開のイワカガミが見られるそうである。
途中にヒメコマツとコナラの合体木を見ながら徐々に高度を上げていく。
IMG_1769_20190117110018618.jpg

薄っすらと白くなった三森山直下の急坂を登っていく。
IMG_1770.jpg

9:56、三角点のある三森山山頂に着く。
IMG_1772.jpg

ガスがかかりあたりの景色は何も見えない。
山頂からの下りが少し急なので、ここでアイゼンを装着する。
滑らないように注意しながら急坂の痩せた尾根を下る。
途中では木々の枝先に白い霧氷が付ききれいである。
IMG_1774.jpg

途中では珍しい丸い形の図根三角点がある。
IMG_1775.jpg

尾根が広くなり緩やかになってくると、11:05、鈴ヶ根の展望所に着く。
この頃より陽が差し始め、北西方向には雲の間から御嶽山も見えている。
IMG_1782.jpg

南は広く開け眺望がいい。
IMG_1783_20190117105951d9c.jpg

ベンチも設置され暖かなので、ここで昼食タイムをとる。
IMG_1781_20190117110002c00.jpg

昼食後、11:30、再び水晶山に向けて歩き始める。
広い尾根道を行き、最後の急坂を登り、12:00、展望のない水晶山山頂に着く。
IMG_1785.jpg

途中では山頂付近が白くなった恵那山方面が見える。
IMG_1784.jpg

長い尾根道を1時間ほど下り、林道に出て少し登り返し、13:00、岩村城本丸跡に立つ。
石垣しか残らない本丸跡に立つと恵那山がよく見える。
IMG_1788.jpg

幾重にも石垣の重なる本丸跡から石畳の歩きにくい道を下っていく。
IMG_1791_201901171059360b2.jpg

30分ほど下り、岩村の街並みに出る。
途中で五平餅などを味わいながら、昨年の朝ドラ「半分青い」で有名になった古い街並みを下る。
IMG_1792.jpg

午後2時過ぎ、岩村の街中にある駐車場へ到着する。
待っていたバスに乗り込み、途中恵那の「かんぽの湯」で身体を温めた後帰途に着く。
中央道を走り、午後5時頃名古屋へ帰る。



今年の冬はどこの山も雪が少なく三森山も例年より少なかった。
山頂近くの少し雪の残るところの下りで、練習のためにアイゼンを着けて歩行した。
昨晩雨や小雪が降り、水蒸気が多かったのか、少し霧氷が付き始めており、白くなった梢が見られた。
最近ブームになっている城跡巡りと絡めて山行予定を立てると楽しい山行が出来る山である。
山遊人

関連記事

    posted at 12:27 | 山行 | TB(0) | CM(0)

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

プロフィール

山遊人

Author:山遊人
Myブログへようこそ!
我が家の番犬だったウィルくんです。安全で楽しい登山を願っています!

FC2カウンター

電光掲示板

人生が輝き出す名言集



presented by 地球の名言

カレンダー

01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ

カテゴリー
ブログ全記事表示
リンク
小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSリンクの表示