FC2ブログ
富士山姿見せず:越前岳
2018/11/30(Fri)
11月29日(木)

愛鷹山塊:越前岳(1504m)

登山教室の皆さん8人と一緒に、静岡県の愛鷹山塊にある越前岳へ山行する。
etizendakemap.png

etizendake.gif

【天気】 曇り

【コースタイム】
十里木登山口(9:30)~十里木高原展望台(9:42)~馬ノ背見晴台(10:08/10:13)~勢子辻分岐(11:13)~越前岳(11:23/11:53)~馬ノ背見晴台(12:48)~十里木登山口(13:16)



初冬の富士山を眺めようと計画した山行である。
弱い冬型気圧配置になり晴天が期待される。
午前6時半に出発し、新東名道を走る。
途中はいい天気で、清水市のあたりでは雲の間から新雪の富士山が顔を覗かせる。
新富士ICを出て、富士サファリパークへの道を北上する。
標高が上がるにつれて雲が多くなり、期待に反して富士山は姿を現さない。
午前9時15分ごろ十里木高原の登山口駐車場に着く。
IMG_1373_20181130060724842.jpg

ここは立派なトレイや足洗い場、案内看板も設置された大きな駐車場である。
IMG_1372_20181130060723731.jpg

すでに10数台の車がとまっている。
目の前に見えるはずの富士山は雲の中である。
仕度を整え、9:30、越前岳へ向けて階段の道を登っていく。
IMG_1375_2018113006072133a.jpg

カヤトの中の階段の道を10分ほど登り展望台に着く。
IMG_1376_20181130060707134.jpg

さらに登り、10:08、馬ノ背見晴台に着き休憩する。
IMG_1379_20181130060709b9b.jpg

馬ノ背からは深く溝の掘れた段差のある歩きにくい道を登っていく。
平坦地と名付けられたところを通過する。
IMG_1381_201811300607103a0.jpg

11:13、傾斜が緩やかになると勢子辻分岐に出る。
IMG_1383_201811300607129ea.jpg

分岐から10分ほど登り、11:23、越前岳山頂に着く。
振り返れば、残念ながら期待していた富士山は雲の中である。
IMG_1389_20181130060655a83.jpg

山頂で記念撮影をする。
IMG_1387_20181130060652c46.jpg

風を避けて少し下った林の中で昼食を食べる。
IMG_1388_20181130060654fd7.jpg

30分ほど休み、11:53、登ってきた道を下山にかかる。
目の前にある富士山は、裾野は見えるが、山頂は相変わらず雲の中で見ることは出来ない。
IMG_1391_20181130060657378.jpg

馬ノ背を過ぎ、階段の道を下っていく。
IMG_1393.jpg

13:16、十里木登山口に無事下山する。

帰りに新富士IC近くの日帰り温泉「鷹の湯」に立ち寄り汗を流す。
午後3時ごろ新富士ICから新東名に乗り、午後5時半過ぎ名古屋へ帰ってくる。



新雪を頂いた年末の富士山の雄姿を見ようと計画した山行であった。
新東名を出るまではいい天気で期待されたが、車で登るにつれ雲が多くなった。
残念ながら富士山の機嫌が悪く、顔を覗かせてくれることはなかった。
愛鷹山塊の山々は富士山に最も近く、目の前に迫るダイナミックな富士山を見るには最適の山である。
リベンジを期待してまた訪れてみたいものである!
山遊人

関連記事
この記事のURL | 山行 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<湖東の里山を歩く:太郎坊山 | メイン | 静かな東濃の里山を歩く:三森山・水晶山>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://yamayujin.blog119.fc2.com/tb.php/770-af74cc62

| メイン |