FC2ブログ
猿投山で沢歩き
2018/09/28(Fri)
9月28日(金)

東部丘陵:猿投山上山路川遡行

山仲間と、下見を兼ねて、猿投山西山麓を流れる上山路川へ沢歩きに出掛ける。
sanagemap.gif

【天気】 快晴
SPAS_COLOR_201809280000.png 

【コースタイム】
自然歩道トイレ横(9:40)~山桜フィールド(10:02)~沢分岐(10:14/10:20)~自然歩道トイレ横(11:50)



またまた大型で非常に強い台風24号が日本列島に近づきつつある。
台風接近前の今日だけは秋晴れの天気が予想される。
朝8時に出発し、朝の通勤で渋滞するR302から瀬戸市を通り、午前9時半前に東海自然歩道脇に設置されたトイレ前に着く。
今日は上山路川を遡行する予定なので、長靴に履き替え、9:40、林道を少し下る。
三叉路を右にとり、林道を歩き、少し先にある道標に従い、山桜フィールドへの道を行く。
左側の沢に沿った道を下っていき、20分ほど沢を渡ると、作業小屋などのある山桜フィールドへ着く。
さらに沢に沿って下り、三つの沢が出会う橋に出る。
少し休んだ後、10:20、真ん中の上山路川へ入渓する。
IMG_5188.jpg

前日の雨でやや水量が多い感じがする。
沢に沿って遡っていく。
途中には小滝などが所々にかかり、小さいながらも沢歩きを楽しめる。
IMG_5190.jpg

ただ、長靴なので、一枚岩の上ではよく滑り、2回も転んでしまい、長靴の中もびしょびしょである。
何段かになった滝の上を歩いていく。
IMG_5192.jpg

今年の台風や大雨のためか、倒木や枯死木が所々で沢を塞いており、高巻きを強いられる。
小さいが奇麗な滝も結構ある。
IMG_5194.jpg

大きな一枚岩の滑床も現れる。
IMG_5196.jpg

1時間半ほど沢を遡行し、雲興時から登ってくる東海自然歩道と出合い、11:50、出渓する。



上山路川の沢歩きは、以前から聞いていて一度行ってみたいと思っていた。
今回歩いてみて、せいぜい膝下までの深さで、長靴でも充分歩くことが出来た。
ただ、長靴だと水の中の一枚岩などは滑りやすく、気を付けなければならない。
所々小滝もかかり、沢歩き初心者が初体験として歩いてみるには面白い沢であった。
山遊人

関連記事
この記事のURL | 山行 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<乗鞍岳の奥座敷(その1) | メイン | 里山の秋:母袋烏帽子岳>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://yamayujin.blog119.fc2.com/tb.php/756-190dcda1

| メイン |