FC2ブログ
里山の秋:母袋烏帽子岳
2018/09/24(Mon)
9月23日(日)

奥美濃:母袋烏帽子岳(もたいえぼしだけ)(1341m)

山仲間2人と、奥美濃の郡上八幡市にある母袋烏帽子岳へ山行する。
motaieboshimap.gif

motaieboshi.png

【天気】 晴れのち曇り
SPAS_COLOR_201809230000.png

【コースタイム】
母袋温泉スキー場(7:23)~登山口(7:48)~お助け水(8:18)~P1296(8:56/9:02)~母袋烏帽子岳(9:17/9:53)~お助け水(10:33)~母袋温泉スキー場(11:05)



秋雨前線が太平洋側まで南下し、今日一日は晴天が期待される。
朝6時に集合し、東海北陸道を走る。
ぎふ大和ICを出て、母袋温泉スキー場への道を北上する。
ICから20分ほど走り、午前7時過ぎに母袋温泉スキー場の駐車場に着く。
IMG_0944.jpg

広い駐車場には1台も止まっていない。
まだ温泉が空いていないので、駐車料金(500円)は帰ってから払うことにする。
7:23、スキー場下を通り林道を歩き始める。
IMG_0945_201809231612160f8.jpg

キャンプ場のバンガローが両側にたくさん建ち並んでいる所を過ぎる。
IMG_0947_20180923161218c15.jpg

15分ほど歩き、道標の建つ林道分岐で左側の道を行く。
IMG_0948.jpg

20分ほどで登山口に出て、林道と別れ木の根の多い杉林の中のゆるやかな道を登っていく。
IMG_0949_20180923161213491.jpg

8:18、「お助け水」と書かれたところで休憩する。
IMG_0951_2018092316114135f.jpg

水場は左に少しそれた所にありチョロチョロと水が出ている。
IMG_0950.jpg

5分ほど急坂を登り、再び林道を横切って徐々に高度を上げていく。
尾根上に出るとブナなどの明るい林になる。
標識がブナの幹に飲み込まれてしまっている。
IMG_0952.jpg

8:56、急坂を登り切り、P1296に出て少し休憩する。
IMG_0954_20180923161144756.jpg

その先は気持ちのいい緩やかな尾根道を行く。
右手の林の切れたところから御嶽山が見え隠れする。
IMG_0957.jpg

9:17、二等三角点の建つ母袋烏帽子岳山頂に立つ。
IMG_0958.jpg

三角点の横には東西南北を示す標識が建っている。
IMG_0963_20180923161102440.jpg

明るい山頂だが、木々が茂り展望はあまりよくない。
かろうじて木の間から御嶽山が見える。
IMG_0962.jpg

西の方は開けており、眼下には東海北陸道が走っているのが見える。
IMG_0959_201809231611051ba.jpg 

冬場の木々の葉が落ちた時には白山や乗鞍岳も見えるそうである。
誰もいない山頂でゆったりと早めの食事をする。
9:53、来た道を下山にかかかる。
下山の途中で2組の登山者とすれ違う。
ほとんど休みなしに下り、11:05、駐車場へ戻ってくる。

駐車料金を払う時に温泉の方に聞くと、泊り客のある時は温泉を営業しているそうである。
また、冬場で雪の積もった時は、スキー場も営業するそうである。
帰りに道の駅にある「やまと温泉」で汗を流し、東海北陸道を走って、午後2時前名古屋へ帰る。



はじめての山であったが、2時間足らずで登ることが出来、里山的な山であった。
尾根上は明るい林の中の道が続き、秋を感じる気持ちのいい山行であった。
そんなに勾配もきつくないので、雪の時期に来ても面白い山ではなかろうか?
山遊人

関連記事
この記事のURL | 山行 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<猿投山で沢歩き | メイン | 御嶽遙拝の山:坊主岳>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://yamayujin.blog119.fc2.com/tb.php/755-a11a494e

| メイン |