FC2ブログ
伊那谷の展望台
2018/06/04(Mon)
6月3日(日)

伊那谷:傘山(からかさやま)(1542m)

山仲間3人と一緒に、伊那谷の飯島町にあり、中央、南アルプスの展望がいいと言われる傘山へ山行する。
karakasamap.gif

karakasa.png

【天気】 晴れ
SPAS_COLOR_201806030000.png

【コースタイム】
御嶽山登山口(7:45)~御嶽山(8:00)~岩間城跡(8:08)~入口屋石碑(8:23/8:28)~傘山(9:52/10:38)~第1展望所(11:04/11:12)~町民の森登山口(11:40)~舗装路出合(12:07)~御嶽山登山口(12:56)



太平洋岸に停滞する梅雨前線がやや離れ、束の間の晴天が予想される。
朝5時40分に出発し中央道を走る。
最近できた駒ヶ岳SICを出て、少し南に戻り、中央道を越えて西に入る。
午前7時半過ぎ、集落の外れの御嶽山登山口駐車場へ着く。
10台以上は止められそうな駐車場にはまだ1台も止まっていない。
IMG_0039_201806032025038e1.jpg

7:45、準備をして一軒家の下の登山口から出発する。
IMG_0041_20180603202505e74.jpg

すぐに獣除けの柵があり、それを開けて登山道に取り付く。
IMG_0043_20180603202506a06.jpg

この道は御嶽山への参拝道となっており、途中には番号が付けられた大きな赤松の木がある。
IMG_0045_20180603202508d88.jpg

木々にはそれぞれ名札が付けられ、道もよく整備されており非常に歩きやすい。
15分ほど登り御嶽山に出ると、社や休憩所が建っている。
IMG_0046.jpg

休憩所の前からは伊那谷が見下ろされる。
今日はやや霞んでいたが、天気が良ければ南アルプスが一望できるそうである。
IMG_0047_20180603202443fea.jpg

御嶽山から5分ほど行き岩間山城跡を通過する。
IMG_0049_20180603202444b81.jpg

尾根上の日蔭にはギンリョウソウがたくさん咲いている。
IMG_0051.jpg

急坂を少し登り、8:23、入口屋と書いた石碑が現れ、そこで少し休憩する。
IMG_0050_20180603202446d56.jpg

休憩後、尾根道を登っていくと、途中で飯島の町が見下ろせる。
IMG_0052_20180603202441954.jpg

P1269を越え、一旦大きく下り、広い谷の中の道を行く。
再び尾根道に戻り、最後の250mの急坂の道を登る。
ほとんど直登の道で息があがる。
登り始めて約2時間、9:52、狭い三等三角点の傘山山頂に立つ。
IMG_0068_201806032024272c2.jpg

山頂には一人登山者が憩っている。
山頂は東側が開けており、手づくりの展望台の上からは伊那谷を隔てて南アルプスが一望できる。
IMG_0070_201806032024146d7.jpg

稜線にはやや雲がかかっているが、雲の間から仙丈ヶ岳、北岳、赤石岳方面が見える。
IMG_0054.jpg

IMG_0055_20180603202430cf0.jpg

西側の立木の間からは残雪をいただいた中央アルプスの空木岳から越百山が近い。
IMG_0083_20180603202417ab1.jpg

IMG_0066_20180603202433a75.jpg

特に正面に聳える南駒ヶ岳や空木岳が立派である。
IMG_0060_20180603202431f3c.jpg

山頂でゆっくりと昼食タイムをとる。
ブヨが多く、目の中まで入ってくるのには閉口する。
休んでいると地元のご夫婦が反対側から登ってみえる。
その方に話を聞くと、地元のクラブが登山道などの整備をしてみえるそうである。
登ってきた道を下山する予定でいたが、時間も早いので反対側の町民の森の方へ下山することにする。
10:38、ツツジの多い山頂を後に下山にかかる。
IMG_0078_201806032024159dd.jpg

歩きやすい道を30分ほど下り、登山道から林道に飛び出す。
IMG_0084_20180603202418d4b.jpg

ここは第1展望所と名付けられてベンチもあり、目の前には中央アルプスがよく見える。
IMG_0085_20180603202412014.jpg

ここからは大きくジグザグを切りながら林道を下って行く。
下り始めて1時間、11:40、町民の森の駐車場に着く。
IMG_0087_20180604100122aaf.jpg

こちらから登れば1時間半ほどで登れるので、地元の方はこちらから登られる方が多いそうである。
我々は車を止めたところへ戻らねばならないのでさらに林道を下る。
与田切川とぶつかるところで舗装道路に出る。
IMG_0088_201806032023587a1.jpg

左に折れて川に沿って舗装道路を下る。
集落が現れ始めたところで左折れし、傘山の麓の道を歩いて、12:56、車を止めた駐車場に戻る。
2時間近くも林道歩きが続き、久し振りに足にマメが出来てしまった。
もし今日のような周回コースをとるなら、車2台で出来て下山口駐車場に1台止めて登るのが正解であろう。



今日は山頂からの眺望がいいと聞いていた傘山に初めて登った。
期待に違わず中央、南アルプスの素晴らしい眺めを得ることが出来た。
伊那谷を隔てて反対側にある陣馬形山とともに伊那谷の天望の山であった。
山遊人
関連記事
この記事のURL | 山行 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<写真展開催 | メイン | 御嶽遠望:小秀山>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://yamayujin.blog119.fc2.com/tb.php/731-5b27a340

| メイン |