FC2ブログ
本谷でトレーニング山行:御在所岳
2018/05/26(Sat)
5月26日(土)

鈴鹿山系:御在所岳・本谷(1212m)

夏山に向けてのトレーニング山行で、山仲間と御在所岳の本谷を遡行する。
hontanimap_20180526174807d9a.gif

hontani_2018052617480873c.png

【天気】 薄曇り
SPAS_COLOR_201805260000.png

【コースタイム】
中道登山口(7:00)~不動滝(7:50)~大黒岩(9:05/9:15)~ゴンドラ駅広場(9:27/10:05)~御在所岳山頂(10:16)~御嶽大権現(10:25)~沢谷峠(10:50)~武平峠トンネル(11:20)~表道登山口(11:50)~中道登山口(12:10)



夏山に向けて岩場歩行のトレーニングを兼ねて鈴鹿の御在所岳へ突き上げる本谷を登る。
前線が太平洋側にかかり、薄雲が広がる天気である。
朝6時前に出発し、東名阪を走って、御在所岳の中道駐車場へ6時40分に着く。
驚くことに、すでに中道前の駐車場は満杯で止めることができない。
仕方がないので、少し先の路肩の広いところに白線にかからないように駐車する。
準備をし、ヘルメットを被って、7:00、中道と反対側の橋を渡って「御在所山の家」横から本谷への道を登りだす。
少し先で本谷へ下り、大きな石がゴロゴロする谷を登っていく。
IMG_3281_20180526174742bf2.jpg

いくつか滑滝が続く気持ちのいい沢の中を遡行する。
IMG_3282.jpg

IMG_3283.jpg

1時間近く登り「不動滝」下に着く。
IMG_3285.jpg

陰鬱な感じのこの滝は直登出来ないので、右岸を巻いて滝の上に出る。
登るにつれ益々急になる谷をフィックスロープなどを頼りに登っていく。
IMG_3287_2018052617472525c.jpg

ジョーズ岩と言われる下をくぐることも出来る岩を過ぎて登っていく。
IMG_3288_20180526174727c99.jpg

2時間ほど急登を行き、本谷源頭に出て、左側の急斜面をフィクスロープを頼りに登り、9:05、大黒岩に着く。
いつもながら大黒岩から見下ろす湯の山の風景は絶景である。
伊勢湾は、今日はやや霞んで見える。
IMG_3293.jpg

眺望を堪能した後、一の谷新道分岐を経て、午前9時半ごろロープウェイ山頂駅下の広場に出る。
ここで軽めの昼食を食べて休憩する。
最初の計画では、一の谷新道を下る予定でいたが、まだ時間が早いので、御在所岳山頂まで行く。
スキー場の草の斜面には小さなタテヤマリンドウがたくさん咲いている。
IMG_3296.jpg

山頂から少し下り、御嶽大権現の社まで行く。
途中から見える鎌ヶ岳が立派である。
IMG_3298.jpg

権現社から御在所岳南西尾根を武平峠へ下ることにする。
いわゆる昔の郡界尾根で、踏み跡ははっきりとして歩きやすい。
途中には朱色のツツジが美しい。
IMG_3299.jpg

ちょっとボケてしまったが、1本だけシャクナゲも咲いている。
IMG_3300.jpg

30分ほどで沢谷峠手前に下り、武平峠から雨乞岳への道に飛び出す。
IMG_3301.jpg

11:20、滋賀県側の武平トンネル入り口に出て、トンネルをくぐり、鈴鹿スカイラインに沿った登山道を下る。
鳥居のある表道登山口を過ぎ、鎌ヶ岳への三ツ口谷登山口を経て、12:10、中道登山口の駐車地点に戻る。

帰りに湯の山のグリーンホテルの温泉で汗を流した後、東名阪道を走り、午後3時半ごろ名古屋へ帰る。



今日は、岩場歩行のトレーニングに本谷に出掛けた。
駐車している車の多さから中道は渋滞するほどの混みようだと予想されたが、本谷を登る登山者は少なく、単独登山者一人と会っただけで、いつもながら静かな山行が出来た。
一月前に本谷を登った時は、思わぬ春の雪に見舞われたが、今日はすっかり初夏の装いで、谷の中を登る本谷コースは涼しくて気持ちがよかった。
山遊人

関連記事
この記事のURL | 山行 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<御嶽遠望:小秀山 | メイン | 赤と白の競演:十枚山>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://yamayujin.blog119.fc2.com/tb.php/729-70c6e33c

| メイン |