FC2ブログ
09< 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.>11

山と写真をこよなく愛するおじさんのブログです。 山行記録や旅日記また花の写真などを中心によしなし事を載せていきます。 同好の方がみえましたらお立ち寄り下さい。

山遊人の徒然日記

 このページの記事一覧 
2018
05/12
Sat
Category:山行

シロヤシオ咲く:竜ヶ岳 

5月11日(金)

鈴鹿山系:竜ヶ岳(1099m)

登山教室の受講生の皆さん等11名と一緒に、鈴鹿の竜ヶ岳へ山行する。
ryuugatakemap_20180512072748748.gif

ryuugatake_20180512072750608.png

【コースタイム】
宇賀渓(7:40)~金山尾根登山口(8:20)~竜ヶ岳(10:30/11:00)~石榑峠(11:55)~長尾の滝(12:40/13:00)~中道分岐(13:25)~宇賀渓(14:25)

【天気】 快晴
20180511.png 



高気圧にすっぽりと覆われ絶好の山行日和になりそうである。
竜ヶ岳見名物のシロヤシオの花の「羊の放牧」風景を見にいこうと計画した山行である。
朝6時40分ごろ名古屋を出発し、宇賀渓の登山口に7時半ごろに着く。
シロヤシオ満開の情報からか、駐車場はすでに半分ぐらいに埋まっている。
7:40、準備をして竜ヶ岳に向けて出発する。
IMG_3145.jpg

林道をしばらく歩き沢を渡る。
IMG_3148_20180512072734df8.jpg

橋を渡って本谷沿いの岩場の多い道を登り、8:20、金山尾根に取り付く。
IMG_3150_20180512072735356.jpg

急な尾根道を登り、やっと緩やかになると新緑が明るい雑木林を行く。
IMG_3153.jpg

金山尾根最後の急な石灰岩の岩場の道を登る。
IMG_3156_20180512072731626.jpg

登りきると一気に展望が開け、点々と白いシロヤシオが咲く竜ヶ岳が見えてくる。
IMG_3158_201805120727107d3.jpg

道の両側にも真っ白なシロヤシオの木が多くなる。
IMG_3163.jpg

2時間ほどで金山尾根を登り切り、シロヤシオの羊の放牧を見ながら緩やかな県境稜線の道を行く。
IMG_3170_201805120727137f2.jpg

最後の急坂を登り、10:30、竜ヶ岳山頂に着く。
IMG_3173.jpg

満開にはやや早いが、山頂から見下ろす羊の放牧風景に皆感動しきりである。
IMG_3177.jpg

IMG_3183_20180512072655746.jpg

IMG_3178_20180512072650c07.jpg

藤原岳の上には残雪をいただく白山連峰も浮かんでいる。
IMG_3182_20180512072653456.jpg

山頂の草の上で、ゆっくりと昼食タイムを取る。
IMG_3180_201805120726520e0.jpg

昼食後、石榑峠へ向けて下山にかかる。
峠までの急な下りの道にもシロヤシオが多い。
IMG_3186_20180512072649361.jpg

11:55、沢山の車が駐車している石榑峠に下る。
IMG_3192_20180512072637ab5.jpg

峠を三県側に下り、小峠から左に入り、長尾の滝への沢道を行く。
2、3度沢を渡り返しながら下っていく。
IMG_3193_201805120726392df.jpg

滝上の垂直に近い急な階段を下る。
IMG_3194.jpg

12:40、宇賀渓随一の長尾の滝に着き、少し休憩する。
IMG_3198_201805120726343eb.jpg

休憩後、本谷に沿って下っていく。
IMG_3201.jpg

途中、五階の滝を通過する。
IMG_3202.jpg

長尾の滝から1時間半ほどかかり、14:25、宇賀渓の駐車場へ戻る。

帰りに、阿下喜温泉で汗を流した後、東名阪道を走り、午後5時前に名古屋へ帰る。



シロヤシオの満開時期に当たるのはなかなか難しいが、やや早かったものの、今年は竜ヶ岳名物の「羊に放牧」風景を見ることが出来た。
アカヤシオ、シロヤシオと、今年の春は鈴鹿の花の饗宴を満喫できた。
山遊人

関連記事
Posted on 18:16:53 «Edit»
  tb: (0)    com: (0)
 コメント 
 コメント投稿 
管理者にだけ表示を許可する

 トラックバック