山遊人の徒然日記

山と写真をこよなく愛するおじさんのブログです。 山行記録や旅日記また花の写真などを中心によしなし事を載せていきます。 同好の方がみえましたらお立ち寄り下さい。

Entries

満開のアカヤシオ咲く:国見岳

4月30日(月)

鈴鹿山系:国見岳(1175m)

山仲間3人と一緒に、鈴鹿の国見岳へ山行する。
kinimidakemap.gif

kunimidake.png

【コースタイム】
朝明(7:08)~根の平峠(8:05/8:13)~国見岳(9:20/10:00)~青岳(10:14)~キノコ岩(10:17)~ブナ清水(10:42/10:50)~根の平峠分岐(11:06)~朝明(11:48)

【天気】 晴れのち曇り
20180430.png 



午後から雲が広がる予報が出ている。
鈴鹿の御在所岳や国見岳のアカヤシオが満開という情報を得て、連休前半最終日に出掛ける。
渋滞を予想して朝6時に出発し、東名阪道を走り、朝明駐車場へ午前7時前に着く。
駐車場はすでに7割方埋まっている。
IMG_3013.jpg

7:08、準備をして出発する。
伊勢谷小屋前の橋を渡り、新緑の千種街道を根の平峠に向けて上がっていく。
IMG_3015.jpg

河原から少し登ったところにあるイワカガミが咲きだしている。
IMG_3064.jpg

1時間ほど登り、8:05、根の平峠に着く。
峠を左折れし、三重・滋賀の県境尾根を南下する。
標高差200mほどの結構急な登りが続き、大岩を巻くと突然視界が開ける。
国見岳北斜面一面にアカヤシオのピンクが点々と散らばっている。
IMG_3024_20180430175235970.jpg

ちょうど満開を迎えたアカヤシオが道の両側に咲く中を登っていく。
IMG_3027_20180430175228f77.jpg

ガスが湧き始めた稜線の道を行く。
IMG_3037_201804301752119da.jpg

青い空にアカヤシオのピンクが映える。
IMG_3040.jpg

IMG_3036.jpg

青岳を過ぎ、9:20、国見岳山頂に着く。
IMG_3042.jpg

少し先の石門を見に行く。
IMG_3044.jpg

山頂まで戻り、少し下がった岩場で早めの昼食を食べる。
IMG_3048.jpg

あたりには可愛らしいハルリンドウが咲いている。
IMG_3050.jpg

時間が経つにつれ徐々にガスが湧き上がり始める。
IMG_3053.jpg

ゆっくりと休んだ後、10:00、下山にかかる。
青岳までは登ってきた道を下る。
ガスの中に浮かびあがるアカヤシオも幻想的である。
IMG_3055_20180430175152282.jpg

青岳の先でブナ清水への道を右に折れる。
すぐ先のキノコ岩に立ち寄る。
IMG_3057_20180430175154dc0.jpg

ハライドへの尾根道を下り、10:42、新緑眩しいブナ清水に着く。
IMG_3059_2018043017514801b.jpg

斜面一面に広がるイワカガミの開花はもう少し先のようである。
ブナ清水から20分ほどで、根の平峠からの道と合流し千種街道を下る。
途中1本だけシロヤシロの花が咲いている。
IMG_3063_20180430175136d5d.jpg

11:48、まだまだ満車状態の朝明駐車場へ戻る。

帰りに湯の山の日帰り温泉に立ち寄り汗を流す。
時間が早いのでまだそんなに渋滞することもなく、午後2時半ごろ名古屋へ帰る。



今日は鈴鹿のアカヤシオの花を見るために出かけた山行であった。
御在所岳の中道あたりもたくさんあるが、連休中で大混雑と予測し、隣の国見岳へ朝明から登った。
期待に違わず一面に咲く満開のアカヤシオを見ながらの楽しい山行が出来た。
時間が早かったため、そんなに混むこともなく、ガスが出る前の晴天の中、久し振りにアカヤシオの満開に出合えた山行であった。
山遊人

関連記事

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

山遊人

Author:山遊人
Myブログへようこそ!
我が家の番犬だったウィルくんです。安全で楽しい登山を願っています!

FC2カウンター

電光掲示板

人生が輝き出す名言集



presented by 地球の名言

カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ全記事表示

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-