FC2ブログ

ブナの新緑に癒されて:駒ヶ岳

4月21日(土)

高島トレイル:駒ヶ岳(780m)

山仲間3人と一緒に、滋賀・福井県境の高島トレイルにある駒ヶ岳へ山行する。
komagatakemap.gif

komagatake.png

【コースタイム】
木地山バス停(8:10)~木地山峠分岐(9:28)~駒ヶ岳(9:50/10:00)~駒ヶ池(10:37/11/15)~池原山分岐(11:40)~池原山(12:00/12:05)~足谷登山口(12:35)~木地山バス停(13:10)

【天気】 晴れ
20180421.png 



移動性高気圧がスッポリと日本上空を覆い、真夏のように暑い晴天が続いている。
朝6時前に出発し、北陸道木之本ICを出て、琵琶湖北岸を走り、西岸湖岸道路の今津で右折れしてR303を走る。
途中で左折れして朽木を経て、麻生川沿いに走り、木地山のバス停へ午前8時前に着く。
登山口には新しいトイレが建っており案内看板もある。
IMG_2911_1.jpg 

トイレの前に駐車して準備する。
8:10、出発するも、案内標識がどこにもなく、畑仕事をして見える方に登山口を訊ねる。
麻生川を渡って畑を横切り、獣除けの柵を開けて登山道に出る。
踏み跡の薄い谷に沿った道を少し登り、一、二度谷を渡り返して、焼尾西谷、東谷にはさまれた尾根に取り付く。
最初からジグザグの急登が続く。
一時間ほど登るとやっと緩やかになり、あたりはブナ林となる。
芽出しが始まったばかりの新緑の気持ちのいい尾根道を登っていく。
IMG_2921.jpg

9:28、木地山峠方面へ出る高島トレイル主稜線に出て右折れする。
ここからは踏み跡もはっきりし、ブナの稜線を歩き駒ヶ岳を目指す。
IMG_2924.jpg

途中で3人ずれの登山者とすれ違う。
9:50、三等三角点の駒ヶ岳山頂に着く。
IMG_2929.jpg

北方方面が開けており、小浜方面から日本海が見えるのだが、今日は霞んでよく見えない。
IMG_2930.jpg

写真を撮った後南尾根を南下する。
このあたりは高島トレイルでも屈指の気持ちのいいブナ林の尾根道が続く。
IMG_2938_20180422134200ec8.jpg

IMG_2940_2018042213415456a.jpg

40分ほど歩いていくと左手下に駒ヶ池が見えてくる。
IMG_2944.jpg

池の中の小島に木が立っており、上高地の明神池のようである。
下まで下り、湖畔で昼食を食べてゆっくりと休憩する。
IMG_2950.jpg

11:15、稜線上に戻り、さらに南下し池原山分岐に出る。
分岐を右折れし、薄い踏み跡を辿って尾根を下り、12:00、天望のない池原山山頂に出る。
更に急になる尾根を下り、12:35、足谷登山口の林道に飛び出す。
IMG_2957.jpg

林道わきを流れる麻生川に下り、顔を洗って汗を流す。
IMG_2958.jpg

木地山バス停まで林道を歩く。
林道わきには蕨がいっぱい生えており、お土産に摘んでくる。
30分ほど歩き、13:10、木地山バス停へ戻る。

帰りに「くつき温泉てんくう」に立ち寄り汗を流す。
木之元ICから北陸道に乗り、午後5時頃名古屋へ戻る。



今年初めての高島トレイルであったが、駒ヶ岳付近はブナの林が多く、新緑鮮やかな中を気持ちよく歩くことが出来た。
休日だというのに途中では一組の登山者とすれ違っただけで、静かな尾根歩きが出来た山行であった。
山遊人

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

山遊人

Author:山遊人
Myブログへようこそ!
我が家の番犬だったウィルくんです。安全で楽しい登山を願っています!

FC2カウンター
電光掲示板
人生が輝き出す名言集


presented by 地球の名言
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

リンク
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSリンクの表示