FC2ブログ

思わぬ春の雪:御在所本谷

4月8日(日)

御在所岳:本谷

所属山岳会が主催する登山学校の月例山行で、鈴鹿御在所岳の本谷を登る。
hontanimap.gif

hontani.png

【コースタイム】
御在所山の家(7:38)~不動滝下(8:20)~大杉(9:20)~大岩(9:45)~本谷源頭(10:22)~大黒岩(10:33/10:45)~山頂広場(11:00/11:28)~鷹見岩(11:46)~展望岩(12:08)~一の谷小屋(12:58)

【天気】 晴れ
20180408.png 



受講生5名、指導員2名の参加で、朝6時半前にレンタカーで出発する。
前日より季節外れの寒気が入り、晴れてはいるが寒い朝である。
4月6日に開通した鈴鹿スカイラインを走り、7時15分ごろ中道前駐車場へ着く。
駐車場はすでに9割がた車で埋まっている。
中道登山口まで車道を少し歩く。
IMG_2801.jpg

見上げると、前日降ったのか、御在所岳の中腹以上は木々が雪で真っ白である。
IMG_2799_2018040906491358a.jpg

中道登山口前で谷にかかる橋を渡り、旧御在所山の家前でストレッチをして準備をする。
IMG_2803.jpg

少し登り堰堤の先で本谷へ下り谷を遡る。
IMG_2807_20180409064858b0a.jpg

途中の三段になった滝などを越えていく。
IMG_2805_20180409064857578.jpg

5mぐらいの滝横を登っていく。
IMG_2806.jpg 

不動滝を巻いて登っていくと、雪で白くなった木々の向こうに青い空とロープウェイの赤いゴンドラが印象的である。
IMG_2814_201804090649008e2.jpg

途中段差のある岩場をクサリにつかまって越えていく。
IMG_2815_201804090649011d3.jpg

大黒滝横の巻き道をロープにつかまって通過していく。
IMG_2817_20180409064855e5f.jpg

ジョーズのような形の大岩が重なりあった下に出来た狭い穴を潜り抜ける。
IMG_2818_20180409064833d45.jpg

本谷源頭の最後の急坂を登っていく。
IMG_2820_201804090648343a6.jpg

10:20、本谷源頭に出て、左手の大黒岩への急坂をロープにつかまりながらよじ登る。
10:40、大黒岩の上に着く。
眼下に登って来た本谷を見下ろす。
IMG_2823.jpg

ロープウェイの赤いゴンドラがすれ違う。
IMG_2821.jpg

南にはピラミダルな姿の鎌ヶ岳が聳えている。
IMG_2825_20180409064813dec.jpg

切り立った大黒岩の上で記念撮影。
IMG_2824.jpg

休憩後、大黒岩を下り、11時過ぎ、ロープウェイの駅のある山頂広場に出る。
IMG_2826_20180409064814748.jpg

広場のレストランでコーヒーなど飲みながら昼食を食べる。
昼食後、11:30、一の谷新道を下山にかかる。
急な道を注意しながら下る。
IMG_2828.jpg

途中では早くも咲き始めたピンクのアカヤシオの花が美しい。
IMG_2831_2018040906481207a.jpg

午後1時前、一の谷茶屋の横を通り、スカイラインへ飛び出す。
駐車場へ戻って車に乗り込み、湯の山の日帰り温泉で汗を流す。
入浴後、名阪道を走り、午後4時前に名古屋へ戻る。
山遊人

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

山遊人

Author:山遊人
Myブログへようこそ!
我が家の番犬だったウィルくんです。安全で楽しい登山を願っています!

FC2カウンター
電光掲示板
人生が輝き出す名言集


presented by 地球の名言
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

リンク
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSリンクの表示