FC2ブログ

山遊人の徒然日記

山と写真をこよなく愛するおじさんのブログです。 山行記録や旅日記また花の写真などを中心によしなし事を載せていきます。 同好の方がみえましたらお立ち寄り下さい。

Entries

美濃の里山:天王山~誕生山

1月20日(土)

美濃:天王山(538m)~誕生山(502m)

山仲間と美濃市大矢田にある天王山から誕生山への縦走山行に出掛ける。
tennnouzanmap.gif

tennnouzan.png

【天気】 晴れ

【コースタイム】

大矢田神社(7:09)~大もみじ(7:47)~天王山(8:13/8:20)~白山(9:07)~誕生山(9:45/10:12)~JAめぐみの(10:45)~大矢田神社(11:23)



今日は夕方から用事があるので早目に帰る予定である。
朝6時前に名古屋を出発し、東海北陸道の美濃ICを出て、もみじで有名な大矢田神社の駐車場へ午前7時前に着く。
IMG_2225.jpg

準備をして、7:09、参道の石の階段を登り天王山を目指す。
IMG_2228.jpg

本殿横が登山口になっている。
IMG_2229.jpg

谷に沿った暗い道を登っていく。
ところどころにロープの垂れた岩場などもあり結構急な登りである。
30分以上登ったところに樹齢200年以上という大もみじの木がある。
IMG_2233_20180121052828d25.jpg

そこから谷を離れて尾根に取り付き、最後の急坂を登る。
天王山から誕生山へと続く主稜線上に出て左折れし、5分ほど登り、8:13、天王山山頂に着く。
IMG_2240.jpg

山頂直下には地元の人が建てたのか掘っ立て小屋建っている。
IMG_2241.jpg

山頂からは御岳山がよく見えるのだが、今日は雲がかかり薄っすらと見えるだけである。
IMG_2237.jpg

眼下には墨絵のように平野が広がっている。
IMG_2238_20180121052809008.jpg

少し休んだ後、途中の白山から誕生山へと続く尾根道を行く。
IMG_2243.jpg

30分ほどで鉄塔の建つピークに出る。
IMG_2244_20180121052808cfa.jpg

そこから少し登り、9:07、展望のない白山ピークを通過する。
IMG_2246.jpg

白山からいったん100mほど大きく下り、誕生山へは150mほど登り返す。
9:45、反射板の建つ誕生山山頂に立つ。
IMG_2248_20180121052758763.jpg

IMG_2254_201801210528018c0.jpg

反射板の前には木のテラスが作ってあり、そこから眼下に蛇行する長良川が流れているのが見下ろせる。
IMG_2251.jpg

眼下の風景を見下ろしながら少し休憩する。
10:12、他の登山者が登って来出したので、我々は下山にかかる。
誕生山から南へ延びる尾根道を下山する。
途中手すりのついた岩場の急坂を下る。
IMG_2259.jpg

下って行くと、途中トレーニングのため登って来た山仲間と偶然出会う。
30分ほど下り、他の登山道を合わせると林道に出る。
すぐに登山者の駐車場となっている「JAめぐみの」に着く。
IMG_2262_2018012105274347f.jpg

そこから車道に出て、突き当りを右折れする。
右手に登って来た誕生山がよく見えている。
IMG_2263.jpg

集落の中の道を歩き、途中のうなぎ屋で右折れし、大矢田神社への参道を行く。
大矢田神社の山門を抜け、11:23、駐車場に戻る。
IMG_2266_20180121052841124.jpg

帰りに武芸川温泉で身体を温めた後、午後3時前に名古屋へ帰る。



天王山や誕生山は御嶽山などの眺望がいい里山として知られている。
今日はやや雲が多く、期待した眺望は得られなかったが、冬場の陽だまり山行を楽しむことが出来た。
山遊人

関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ご案内

プロフィール

山遊人

Author:山遊人
Myブログへようこそ!
我が家の番犬だったウィルくんです。安全で楽しい登山を願っています!

FC2カウンター

電光掲示板

人生が輝き出す名言集



presented by 地球の名言

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ全記事表示