FC2ブログ

山遊人の徒然日記

山と写真をこよなく愛するおじさんのブログです。 山行記録や旅日記また花の写真などを中心によしなし事を載せていきます。 同好の方がみえましたらお立ち寄り下さい。

Entries

南信州の静か山を歩く:高鳥屋山

12月15日(金)

南信州:梨子野山(なしのやま)(1315m)・高鳥屋山(たかどやさん)(1398m)

所属支部の仲間7人と一緒に、長野県阿智村にある「阿智7サミット」の一つの高鳥屋山と梨子野山へ山行する。
takatoyamap.gif

takatoya_20171215210548407.png

【天気】 晴れ

【コースタイム】
清内路村広場(8:24)~林道終点(8:42)~梨子野峠(9:28/9:38)~梨子野山(10:06)~松沢道分岐(10:40)~高鳥屋山(11:20/12:00)~梨子野峠(13:05/13:13)~清内路村広場(13:50)



朝7時前に集合し、中央道園原ICを出て、R256を西へ走る。
清内路で右折れし、集落を抜けて林道を上がる。
前日までの雪が残り、林道終点までは入れず、右側の空き地に駐車する。
現地は晴れていい天気である。
準備をして、8:24、林道を梨子野峠に向けて歩き始める。
IMG_2000.jpg

15分ほどで、林道終点のアンコ沢出合に着く。
IMG_2001.jpg

出合の少し先から山道となり、沢に沿った道を上がっていく。
IMG_2003.jpg

出発して1時間、9:28、四阿の建つ梨子野峠に着く。
IMG_2006.jpg

東の伊那谷方面の雲の間から光がこぼれて奇麗である。
IMG_2007.jpg

峠は御嶽山の遙拝所にもなっているが、残念ながら今日は雲の中である。
IMG_2008.jpg

梨子野峠はかつては伊那街道が通じており、幕末には水戸浪士や赤報隊も通ったということである。
IMG_2034.jpg

峠から左に折れ尾根道を30分ほど緩やかに登っていく。
IMG_2009.jpg

右へ少し引き返し、展望のない梨子野山山頂に着く。
IMG_2013.jpg

山頂から少し下がり三角点を探しに行く。
以前2回来たときは、三角点が土中に埋もれていて探すことができなかった。
現在は掘り出されて標識も立っており、容易に探すことができる。
IMG_2012_20171215210509bd8.jpg

IMG_2011.jpg

分岐まで引き返し、カラマツ林の明るい尾根道を新雪を踏みしめながら行く。
IMG_2015.jpg

いくつかピークを越え、10:40、松沢道との分岐に出る。
IMG_2016.jpg

高鳥屋山への最後の急坂をジグザグに登り、11:20、山頂に立つ。
IMG_2018.jpg

山頂からは東に南アルプス連峰が北の仙丈ヶ岳から南の聖岳まで一望できる。
ただ、手間の木立が邪魔になって北部の山々は木の間越しにしか見えないのが残念である。
IMG_2021.jpg

IMG_2025.jpg

眼下には飯田の街並みを見下ろすことができる。
IMG_2023.jpg

山頂を少し下った避難小屋でゆっくりと昼食を食べる。
IMG_2019.jpg

12:00、登ってきた道を下山にかかる、
IMG_2030.jpg

振り返ると北に中央アルプス南端の山々が見えている。
IMG_2032.jpg

1時間ほどで梨子野峠に下る。
IMG_2033.jpg

梨子野峠から谷道を下っていく途中、面白い鳥の口ばしの形の岩がある。
IMG_2035.jpg

13:50、車まで戻る。

帰りに、昼神温泉で身体を温めた後、中央度を走って午後5時ごろ名古屋へ戻る。



晴れて暖かな一日、今シーズン初めて新雪を踏んで楽しめた山行であった。
南アルプスの稜線もすっかり白くなり、いよいよ今年も冬山シーズンの始まりを感じさせる山行であった。
山遊人

関連記事

*Comment

*Comment_Post

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

山遊人

Author:山遊人
Myブログへようこそ!
我が家の番犬だったウィルくんです。安全で楽しい登山を願っています!

FC2カウンター

電光掲示板

人生が輝き出す名言集



presented by 地球の名言

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ全記事表示