FC2ブログ

山遊人の徒然日記

山と写真をこよなく愛するおじさんのブログです。 山行記録や旅日記また花の写真などを中心によしなし事を載せていきます。 同好の方がみえましたらお立ち寄り下さい。

Entries

台風の影響大きい:入道ヶ岳

10月31日(火)

鈴鹿山系:入道ヶ岳(906m)

登山教室の下見を兼ねて鈴鹿の入道ヶ岳へ山行する。
nyuudoumap.gif
(途中でバッテリー切れ)

nyuudou.png

【天気】 快晴

【コースタイム】
駐車場(6:35)~宮妻キャンプ場(7:00)~水沢岳登山口(7:26/7:30)~水沢峠(8:40/8:45)~仏岩(9:30)~奥宮(10:15)~入道ヶ岳(10:23/10:33)~宮妻キャンプ場(11:35)~駐車場(11:55)



台風が去り、素晴らしい登山日和の天気になる。
台風の後で、登山道が通れるか心配だったので急遽下見に出掛ける。
朝5時半に出発し、東名阪道を走り、四日市ICを出て宮妻峡を目指す。
水沢集落のお茶畑を過ぎ、宮妻キャンプ場まで上がるつもりでいたが、8月の台風でキャンプ場2km手前で通行止めになっている。
IMG_1514.jpg

手前の駐車場に車を停め、6:35、水沢峠を目指して出発する。
林道を1時間ほど歩き、水沢峠登山口に出る。
IMG_1516.jpg

登山道に入ると、台風で枝が折れたり、倒れたりして道を塞いでいる箇所が多い。
また、谷を渡るところは、崩れたりして非常に歩きにくい。
特に谷の中の道が荒れている感じである。
途中の木々が紅葉を始めている中を登る。
IMG_1519.jpg

山頂直下の岩場も荒れて歩きにくい。
IMG_1520_20171031161448a3a.jpg

8:40、やっと狭い水沢峠に着き休憩する。
IMG_1522.jpg

県境尾根を左に折れて南下する。
振り返ると水沢岳山腹の紅葉が奇麗である。
IMG_1525.jpg

稜線上の木々にも朝日が当たり黄葉が輝いている。
IMG_1526.jpg

ザレた岩場からはやっと入道ヶ岳が顔を見せるようになる。
IMG_1527.jpg

しばらくで県境稜線から左折れしてイワクラ尾根に入る。
IMG_1529.jpg

痩せ尾根のアップダウンを繰り返し、9:30、仏岩を見下ろすピークに着く。
IMG_1534.jpg

さらに重ね岩を過ぎ、最後の急坂を登り切る。
やっとゆるやかになったアセビのトンネルの道をくぐり、10:15、奥宮に着く。
IMG_1539.jpg

気持ちのいい笹原を歩いて、10:23、入道ヶ岳山頂に着く。
IMG_1542.jpg

山頂からは北に山腹が紅葉した鎌ヶ岳や御在所岳が聳えているのが見える。
IMG_1543_20171031161409155.jpg

眼下には、伊勢湾が鈍く光って見える。
IMG_1545_20171031174115579.jpg 

少し食事をとった後下山にかかる。
下山は、宮妻峡へ下る新道を取る。
北ノ頭に登ると、鎌ヶ岳や御在所岳が一段と大きく見える。
IMG_1552_20171031161404b61.jpg

ノンストップで下り、谷を渡って宮妻キャンプ場に出る。
IMG_1554.jpg 

林道をしばらく歩いて、12時前駐車場へ戻る。



今日の山行では、山は台風の影響が大きいことを実感した。
山頂で会った登山者も、鈴鹿スカイラインを上がって御在所へ登ろうとして行ったら、鈴鹿スカイラインが通行止めになっており、急遽入道ヶ岳に変更して、椿神社から登ってきたということであった。
水沢峠までの間やイワクラ尾根を歩いている間は一人の登山者にも会うこともなく、紅葉が始まった中を一人静かに楽しむことが出来た山行であった。
山遊人
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ご案内

プロフィール

山遊人

Author:山遊人
Myブログへようこそ!
我が家の番犬だったウィルくんです。安全で楽しい登山を願っています!

FC2カウンター

電光掲示板

人生が輝き出す名言集



presented by 地球の名言

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ全記事表示