FC2ブログ
2020 02 ≪  03月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2020 04
気軽に登れる展望の山:瓢ヶ岳
2017/10/01(Sun)
9月30日(土)

高賀三山:瓢ヶ岳(1163m)

下見を兼ねて、山仲間3人と一緒に美濃の瓢ヶ岳へ山行する。
fukubemap.gif

fukube.png

【天気】 晴れ

【コースタイム】
ふくべの森駐車場(7:30)~分岐(8:05)~骨ヶ平(8:30)~見晴台(8:40)~瓢ヶ岳(9:15/10:20)~奥瓢(10:30)~骨ヶ平(11:00)~分岐(11:18)~見晴台(11:43/48)~ふくべの森駐車場(12:03)



この週末は秋の晴天が続きそうである。
朝6時過ぎに出発し、東海北陸道の美濃ICを出て板取川沿いに走る。
途中右に折れ片知渓谷への道を行き、林道を上がって7時半前にふくべの森の駐車場へ着く。
6,7台は停められそうな駐車場で、トイレも設置されている。
IMG_1383_20171001061843a2d.jpg

7:30、支度をして登山口より出発する。
IMG_1386.jpg

IMG_1385.jpg

岩の敷き詰められた谷に沿った道を登っていく。
途中何度か小さな流れを左右に渡り返しながら高度を上げていく。
IMG_1388.jpg

道の分かりにくいところには標識が立っている。
IMG_1387.jpg

30分ほどで帰りに通る予定の分岐に出る。
さらに登っていくと杉林の中の道になり、踏み跡が乱れているので標識を外さないようにして登っていく。
IMG_1389.jpg

杉林が切れ、登り始めて1時間ほどで稜線上の骨ヶ平という鞍部に出る。
IMG_1390.jpg

右に10分ほど乗った見晴台に行く。
木々の切れ間から御嶽山や乗鞍岳、白山がよく見える。
IMG_1391.jpg

骨ヶ平に戻り、階段の多い尾根道を登っていく。
上の方の山肌は少しづつ色付き始めている。
IMG_1394.jpg

30分ほどで三等三角点の瓢ヶ岳山頂に着く。
IMG_1399_20171001061814bdc.jpg

展望のいい山頂からは展望が広がる。
IMG_1401.jpg
(高賀山)

IMG_1396.jpg
(御嶽山)

IMG_1397.jpg
(乗鞍岳と穂高連峰)

IMG_1403.jpg
(御嶽山のアップ、噴煙も見える)

IMG_1404_20171001061757c53.jpg
(遠く穂高連峰)

IMG_1402_20171001061754fa0.jpg
(白山連峰)

風もなく気持ちのいい他に誰もいない山頂で、1時間以上もゆっくりとする。
10:20、山頂を後に分岐を右に折れて10分ほどの奥瓢に立ち寄る。
IMG_1407.jpg

南東側の視界が開け、目の前には甲賀三山の一つ今淵ヶ岳が見え、遠く名古屋の街もうっすらと見えている。
IMG_1406.jpg

稜線の道に戻り、登ってきた道を下山する。
骨ヶ平から少し下った分岐で谷を離れて見晴台への道を行く。
こちらの道はあまり歩かれていないのか、途中から笹をかき分けながらの道になる。
IMG_1410.jpg

途中展望台に出て、さらにジグザグに下っていく。
12時前登山口案内のある林道に飛び出す。
IMG_1412.jpg

こちらの登山口にも大きな駐車場広場がある。
12:03、車を停めた駐車場に戻る。
駐車場には他に5台ほど車が停めてある。

帰りに新しくなった武芸川温泉で汗を流す。
(ここの温泉は別料金なしで岩盤浴にも入ることが出来る)
美濃ICから東海北陸道を走り、午後3時過ぎ名古屋へ帰る。



今日は登山教室の下見を兼ねた山行であった。
甲賀三山の一つ瓢ヶ岳は山頂からの展望に優れた山として知られている。
期待に違わず、御嶽山、乗鞍岳、白山、能郷白山、遠く穂高連峰も望むことが出来た。
途中1組の登山者に会っただけの静かな山行が出来た。
2時間足らずで登ることが出来る初心者には適したいい山であった。
山遊人

関連記事
この記事のURL | 山行 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://yamayujin.blog119.fc2.com/tb.php/672-ac930652

| メイン |