FC2ブログ

山遊人の徒然日記

山と写真をこよなく愛するおじさんのブログです。 山行記録や旅日記また花の写真などを中心によしなし事を載せていきます。 同好の方がみえましたらお立ち寄り下さい。

Entries

紅葉に染まる糸瀬山

                     11月3日(月)
                           山名  (1867m)

11月に入り、急に朝晩の冷え込みがきつくなってきた。
遅れていた紅葉前線も徐々に里の方にと下りてきた。
以前から気になっていた木曽谷の「糸瀬山」に紅葉山行をする。

map.png

糸瀬山は中央アルプス前衛峰で、木曽谷の須原から一気にせり上がり、東にある南駒ケ岳や空木岳の展望台として知られた山である。
天気予報では、終日曇りとイマイチであったが、朝6時にいつもの仲間二人と名古屋を出発する。
中津川ICで中央道を出て、19号線を須原まで走り、須原から林道を20分ほど走り、2時間ほどで糸瀬山登山口であるしょうぶ平の駐車場に到着する。
駐車場は、整備はされていないが、30台ぐらいは置けそうな広さである。
駐車場から5分ほど林道を歩いて、階段状の登山道入口に出る。

itose.jpg

登山口あたりの林道脇にも数台車が止めてある。
8時過ぎから歩き始め、すぐに杉の植林を登ると、道は水平な巻き道になり、しばらくして尾根上に出る。
尾根から見下ろす谷を隔てた山の斜面はまさに紅葉まっ盛りで、錦織りなすと言っていい景色である。

itose-5.jpg

ここから胸突き八丁と呼ばれる急斜面を少し登り、約1時間ほどで丸屋ノ鳥屋という休憩地に到着する。
ここから上はブナなどの茂る広葉樹林帯で、紅葉の中を徐々に高度を上げていく。

itose-4.jpg

itose-6.jpg

マムシ坂といういやな名の急斜面を登り、山居の鳥屋と名付けられた場所までと登るが、上り下りとも知らずに通り過ぎてしまった。
あまり登山者も多くなく、登山道の手入れもされていないためか、このあたりから上は笹のすごいブッシュである。
背丈ほどもある笹をかき分けながらのアルバイトが続く。
ようやく傾斜が少し緩くなり、右手に青ナギと名付けられたガレ場を通過すると、山頂まではあと一息である。

itose-3.jpg

このガレ場からは深い伊奈川の谷を隔てて、雲にかすんだ中央アルプス南部の峰々が少し望まれる。
晴れていれば、南駒ケ岳や空木岳の眺めが素晴らしいところである。

itose-2.jpg

11時過ぎ巨岩や倒木の重なる薄暗い糸瀬山山頂三角点に到着する。
ここからの展望は全くきかない。
北へ少し下り、「のろし岩」と名付けられた巨岩と祠の前の空き地で昼食をとる。
こののろし岩ははしごや鎖がかけてあり、これを登って上に立つと中央アルプスの絶好の展望台である。

itose-1.jpg

我々も順番にはしごや鎖場を登って景色の見えるところまでは行くも、その先は岩に這わせた鎖だけで、頂上に立つことは少し危険で勇気がいりそうなので、残念ながら3人とも断念することに……。
山頂には我々だけなので、12時半までゆっくりと食事をとり、登ってきた道を2時間ほどかけて14時30分無事下山する。
少し曇ってはいたが、途中2組のパーティーが下山してくるのに会っただけで、紅葉の中静かな山旅ができた。
こういったあまり人に知られていない山を探して歩くのもいいものである。

山遊人

関連記事

*Comment

*Comment_Post

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

山遊人

Author:山遊人
Myブログへようこそ!
我が家の番犬だったウィルくんです。安全で楽しい登山を願っています!

FC2カウンター

電光掲示板

人生が輝き出す名言集



presented by 地球の名言

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ全記事表示

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-