FC2ブログ

山遊人の徒然日記

山と写真をこよなく愛するおじさんのブログです。 山行記録や旅日記また花の写真などを中心によしなし事を載せていきます。 同好の方がみえましたらお立ち寄り下さい。

Entries

素晴らしい展望に恵まれた:北八ヶ岳(その1)

9月13日(水)~14日(木)

北八ヶ岳:天狗岳(2645m)・硫黄岳(2760m)

登山教室の現地学習で、北八ヶ岳の麦草峠~硫黄岳までの1泊山行に行く。
kitayatu.gif



9月13日(水) 晴れ

麦草峠~白駒池~高見石~中山~黒百合ヒュッテ

kuroyuri.png

【コースタイム】
白駒池(10:45)~高見石(12:00/12:40)~中山(14:25)~中山峠(14:50)~黒百合ヒュッテ(14:55)



登山教室では初めて実施する山小屋で1泊する現地山行である。
移動性高気圧が張り出しいい天気になりそうである。
受講生等12名、指導員3名の参加で、朝6時半過ぎにマイクロバスに乗り出発する。
中央道諏訪ICを出て、蓼科を通り、メルヘン街道を走り、午前10時半前に麦草峠の白駒池駐車場に着く。
駐車場は白駒池散策の観光客の車でいっぱいである。
駐車場の空き地でストレッチをして準備をする。
IMG_1214.jpg

10:45、白駒池入口から出発する。
IMG_1217.jpg

北八ツ特有の苔むした森を抜けていく。
IMG_1219_20170915100502e03.jpg

苔に太陽の光が当たり輝いて奇麗である。
IMG_1218_2017091510050044a.jpg

湖畔に建つ青苔荘を通り、池の周囲を回って白駒荘の所から高見石への登山道を登りだす。
IMG_1222.jpg

苔むした石のゴロゴロする道を登り、12:00、高見石小屋に出る。
小屋の後ろにある高見石に登ると、眼下に白駒池が一望できる。
IMG_1228.jpg

高見石小屋の前で昼食タイムをとる。
IMG_1232.jpg

休憩後、中山へのダラダラの登りを登っていく。
IMG_1240.jpg

1時間半ほど登り、大岩の重なる展望台に着く。
IMG_1244_20170915100250a5e.jpg

南には、明日登る天狗岳や硫黄岳の爆裂口の壁が見える。
IMG_1241.jpg

北には、北八ツの峰々や蓼科山が見えている。
IMG_1246.jpg

少し休憩をした後、中山山頂を越え、ぬかるんで歩きにくい道を下る。
中山峠から右へ折れて5分ほど下り、14:55、黒百合ヒュッテに着く。
IMG_1249_20170915100234c48.jpg

今までに何度か前を通ったことはあるが、宿泊するのは初めてである。
受付を済ませ、食事までの間テーブルを囲んで歓談をする。
IMG_3971.jpg

今日の宿泊客はそんなに多くはなく、20数人ということである。
この小屋は登山者には人気があり、土日の夜などにはコンサートも開かれるということである。
建物は古いが、トイレや洗面所は改築され、水洗式のトイレは清潔で気持ちがいい。
夕方5時半、ハンバーグがメインの夕食をおいしくいただく。
食後、ストーブの炊いてあるテーブルを囲んで静かな山小屋の夜を過ごす。
午後7時半過ぎ、2階の部屋に行き、明日の晴天を願って布団に入り就寝する。
夜中に目が覚め外に出てみると、ややガスがかかり星は見ることができない。
山遊人

関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ご案内

プロフィール

山遊人

Author:山遊人
Myブログへようこそ!
我が家の番犬だったウィルくんです。安全で楽しい登山を願っています!

FC2カウンター

電光掲示板

人生が輝き出す名言集



presented by 地球の名言

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ全記事表示