FC2ブログ

山遊人の徒然日記

山と写真をこよなく愛するおじさんのブログです。 山行記録や旅日記また花の写真などを中心によしなし事を載せていきます。 同好の方がみえましたらお立ち寄り下さい。

Entries

雨で急遽変更:瑞牆山・金峰山(その2)

8月24日(木) 晴れ

奥秩父:金峰山(2599m)

kinpu.png

【コースタイム
富士見平小屋(6:15)~大日小屋(7:00)~大日岩(7:36)~砂仏の頭(8:30/40)~金峰山(9:30/10:10)~大日岩(11:20/30)~富士見平小屋(12:25/50)~駐車場(13:18)



朝4時過ぎに目が覚めると、少し小雨が降っている。
小屋の人に聞くと、少しは降られるかも知れないが、曇りベースの天気になるということである。
5時半に朝食を食べた後、いらない荷物を小屋に預け、6:15、金峰山に向けて出発する。
雨は止んでおり、時々青空も見えだす。
IMG_1125.jpg

7:00、飯盛山山腹を巻いて大日小屋前に着く。
IMG_1127.jpg

ここから樹林帯の中の急登となり、7:36、頭上に大岩が覆い被さる大日岩下に着く。
IMG_1130.jpg

さらに尾根道を登り、8:30、樹林帯を抜けて砂仏の頭に出る。
IMG_1132.jpg

青空も広がり始め、長くすそ野を引いた富士山も見えている。
IMG_1133.jpg

ここから右側が切れた「千代の吹上」の岩場を通り岩尾根を行く。
昨日登った瑞牆山を下に見ながら最後の急坂を登る。
IMG_1134.jpg


登るにつれ山頂近くはガスがかかるが、9:30、五丈岩を過ぎて金峰山山頂に立つ。
IMG_1135.jpg

風を避けて岩陰で食事を採ってゆっくりと休憩する。
仲間が五丈岩の途中まで登ってみる。
IMG_1147.jpg

10:10、山頂を後に登ってきた道を下山にかかる。
前方に瑞牆山を見ながら快調に下る。
IMG_1149.jpg

2時間少しかけて、12:25、富士見小屋へ戻ってくる。
預けてあった荷物をもらい、駐車場へと下山にかかる。
途中、水場の冷たい湧き水で顔を洗うと気持ちがいい。
30ほどかかり、午後1時過ぎ駐車場へ下山する。

帰りに「増富の湯」で汗を流した後、中央道を走り、午後7時ごろ名古屋へ帰る。



今回は、北アルプスを急遽変更しての山行となった。
今夏は天気が安定せず天気予測も外れることが多い。
奥秩父方面の天気は予想したよりもよく、瑞牆山、金峰山とも富士山が見えて予想外であった。
やはり富士山が見えると登ってきた甲斐がありうれしくなる。
同行した2人も初めての瑞牆山、金峰山山行ができて喜んでいた。
山遊人

関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ご案内

プロフィール

山遊人

Author:山遊人
Myブログへようこそ!
我が家の番犬だったウィルくんです。安全で楽しい登山を願っています!

FC2カウンター

電光掲示板

人生が輝き出す名言集



presented by 地球の名言

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ全記事表示