FC2ブログ

山遊人の徒然日記

山と写真をこよなく愛するおじさんのブログです。 山行記録や旅日記また花の写真などを中心によしなし事を載せていきます。 同好の方がみえましたらお立ち寄り下さい。

Entries

修験道の行場を歩く

7月2日(日)

三重県松坂:伊勢山上

梅雨前線が北上し、北部の山々は天気が悪そうなので、南部の三重県松坂市にある伊勢山上に山行する。
isesanjomap.gif

isesanjo.png

【天気】 晴れ

【コースタイム】
飯福田本堂(7:55)~油こぼし(8:02)~岩屋本堂(8:12)~大天井(9:12)~鞍掛岩(9:32)~小尻返し(9:38)~飯福田寺(9:55/10:05)~油こぼし(10:15)~獅子ヶ鼻(10:30)~駐車場(10:42)



真言宗の飯福田寺(いぶたじ)は「伊勢山上」といわれ、奈良時代の行者、役小角(えんのおずの)によって開かれた霊場である。
表行場(約2時間)、裏行場(約30分)があり、クサリなどがかかったいろいろな行場を巡ることが出来る。
map1_20170703084514cff.gif

朝6時に出発し、伊勢道の一志嬉野ICを出て、中村川沿いに南下し、飯福田寺の駐車場へ午前7時30分ごろに着く。
天気はいいが、暑い日になりそうな天気である。
IMG_0533_20170703084458ec0.jpg

準備をして、山門をくぐり境内へ入る。
IMG_0536.jpg

飯福田寺の受付へ立ち寄り、参観料500円を払い、行場巡りの説明を聞く。
IMG_0537_20170703084501598.jpg

説明後、石段を上がって本堂前を左に折れ行場へ向かう。
IMG_0538_20170703084503880.jpg

直ぐに最初の「油こぼし」の行場が現れる。
高さ10mぐらいの岩場に長いクサリがかけられている。
IMG_0541_2017070308445793e.jpg

クサリを伝って壁を直登する。
IMG_0542_20170703084440273.jpg

登りきると、覆いかぶさるような大岩の下に岩屋本堂が見えてくる。
IMG_0545_20170703084441cd7.jpg

トラバースして岩屋本堂に出る。
IMG_0547.jpg

お参りをした後、本堂右側にある足掛かりや手掛かりが付けられた「鐘掛」の垂直の壁を登る。
IMG_0548_20170703084444cda.jpg

さらにその上の垂直の岩壁をクサリを頼りによじ登る。
登って来た道が下に見える岩の上でしばしの休憩をする。
IMG_0552_2017070310411608c.jpg 

ここからはしばし行場とは離れ、少し登って小天上を経て杉林の尾根道を行く。
30分ほどで今日の最高点大天井に出る。
IMG_0555_2017070308443866c.jpg

ここで道は折り返し、下りの行場巡りにかかる。
少し行き「亀石」の岩場を通り、「鞍掛岩」を登る。
IMG_0558.jpg

細い「蟻の戸渡り」を過ぎ、すぐ先の「小尻返し」に登ると、眺望が開け矢頭山方面がよく見える。
IMG_0557_20170703103157ff7.jpg 

眼下には先を行くパーティーが小さく見える。
IMG_0563.jpg

さらに先の最後の岩場「飛石」に登る。
眼下には歩いてきた「岩屋本堂」が小さく見える。
IMG_0565_20170703103155da2.jpg 

ここの下りは垂直の壁にになっており、クサリを伝って下る。
IMG_0569.jpg

やっと行場から解放され、急な階段を下り、午前10時前飯福田寺に戻る。
受付へ下山報告をし、「裏行場」を教えてもらう。
一旦車道に出て、100mほど行き、橋を渡って右手に折れる。
すぐに裏行場の登り口「油こぼし」に出て、クサリを頼りに登る。
尾根に出て少し登り、岩の上の「獅子ヶ鼻」の行場に出る。
噴き出した汗が風に吹かれて気持ちがいい。
下山にかかり、長いクサリのついた岩場を下る。
IMG_0577.jpg

30分ほどで裏行場を周回し、車道に出て駐車場へ戻る。

帰りに「一志温泉やすらぎの湯」で汗を流す。

久居ICで伊勢道に乗り、東名阪道を走り、午後2時半ごろ名古屋へ帰る。



今日は、岐阜県や長野県方面は、雨の予報が出ていたので、南部の三重県方面の山へ変更した。
どこへ行っても暑いので、岩場を歩く練習をしようと、「伊勢山上」へ出掛けた。
途中2度ほどロープを出したが、すべての行場を迂回路を通らずに登りきり、いいトレーニングになった山行であった。
今日は、津方面は今年最高の35℃を超える猛暑になり、急な気候の変化に身体がまだ慣れず、少々疲れた山行であった。
山遊人
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ご案内

プロフィール

山遊人

Author:山遊人
Myブログへようこそ!
我が家の番犬だったウィルくんです。安全で楽しい登山を願っています!

FC2カウンター

電光掲示板

人生が輝き出す名言集



presented by 地球の名言

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ全記事表示