FC2ブログ

山遊人の徒然日記

山と写真をこよなく愛するおじさんのブログです。 山行記録や旅日記また花の写真などを中心によしなし事を載せていきます。 同好の方がみえましたらお立ち寄り下さい。

Entries

天空の道を歩く:位山~川上岳

6月11日(日)

飛騨:位山(1528.9m)・川上岳(かおれだけ)(1625.5m)


天気がよさそうなので、下見を兼ねて岐阜県の位山~川上岳へと続く「天空の道」を縦走する。
kaoredakemap.gif

kaoredake.png

【天気】 快晴微風

【コースタイム】
ダナ平駐車場(7:45)~天の岩戸(8:17)~位山(8:46)~千能三角点(10:04/10:10)~川上岳(11:25/12:03)~千能三角点(13:03)~位山展望広場(14:21)~ダナ平駐車場(14:53)



朝5時に出発し、東海北陸道の高山ICを出て、飛騨一ノ宮を抜け、道の駅「モンデウス位山」へ午前7時過ぎに着く。
さらにダナ林道を30分ほど上がり、午前7時半過ぎに林道終点の10台程度は停められそうなダナ平駐車場へ着く。
IMG_0463.jpg

現地は素晴らしい晴天で、登ってくる途中でも北アルプス方面が見える。
7:45、準備をして丸い祠のある登山口から登り始める。
IMG_0379.jpg

すぐに「位山巨石群」のいろいろな名前がつけられた巨石が現れる。
IMG_0382_20170612055842ab7.jpg

30分ほどで天孫降臨伝説のある「天の岩戸」に着く。
IMG_0383_20170612055843366.jpg

少し登ると、途中に御嶽山や乗鞍岳の展望地がある。
IMG_0390_20170612055837861.jpg
(御嶽山)

IMG_0394_20170612055804f2b.jpg
(乗鞍岳)

その少し先には「天の泉」と名付けられた水場や奇麗なトイレもある。
IMG_0396.jpg

IMG_0397_2017061205580748e.jpg

少し戻り30mほど登って展望のない位山山頂に着く。
IMG_0399.jpg

少し先には明るく開けた白山方面の展望地がある。
残雪の白山や別山が青空に眩しい。
IMG_0406.jpg

山頂からいよいよ川上岳へと続く「天空の道」片道7.4kmの尾根道を進む。
道沿いにはドウダンツツジが多く、秋には真っ赤に色付き奇麗だということだ。
丁度今は小さなかわいいピンクの花をつけている。
IMG_0461_20170612055825781.jpg

この道は、標高差はあまりないが、途中には小さなピークが多くアップダウンが続く。
ダケカンバやシラカバの林を抜け、途中からは気持ちのいいブナ林を行く。
IMG_0424_20170612055748132.jpg

位山山頂から1時間20分ほどで千能の三角点に着き休憩する。
IMG_0428.jpg


途中所々で白山連峰や御嶽山、乗鞍岳を見ながら少しずつ高度を上げていく。
最後に200mほど登り、11:25、眺望の開けた一等三角点の川上岳山頂に着く。
IMG_0434_20170612055751589.jpg

山頂からは360度の大展望が広がる。
西には白山連峰が近い。
IMG_0449_20170612055731765.jpg

東には御嶽山が噴煙を上げているのも見える。
IMG_0439.jpg

乗鞍岳も雄大に聳えている。
IMG_0445.jpg

北には穂高連峰から遠く剱岳まで北アルプスの峰々が連なっている。
IMG_0441_20170612055746a62.jpg

穂高連峰から槍ヶ岳も見えている。
IMG_0443.jpg

昼食を食べながら素晴らしい眺望にいつまでも去りがたくボーと過ごす。
30分以上も過ごし、12時過ぎ来た道を引き返す。
帰りも2時間以上かかり、位山の展望地を通り、14:53、ダナ平駐車場へと戻ってくる。

帰りに、飛騨一ノ宮の「臥龍温泉」で汗を流した後、東海北陸道を走り、午後7時前に名古屋へ帰る。



今日の山行は、天気がいいので急に思い立って出かけた。
天空の道は、標高差はあまりないが、登り下りが多く、累積標高差1300m以上、全行程16km以上の結構歩き甲斐のある道であった。
眺望には恵まれ、北アルプスや白山を始終見ながら歩くことが出来た山行であった。
秋のドウダンツツジが紅葉するころにも歩いてみたいものである。
山遊人
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ご案内

プロフィール

山遊人

Author:山遊人
Myブログへようこそ!
我が家の番犬だったウィルくんです。安全で楽しい登山を願っています!

FC2カウンター

電光掲示板

人生が輝き出す名言集



presented by 地球の名言

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ全記事表示