FC2ブログ

山遊人の徒然日記

山と写真をこよなく愛するおじさんのブログです。 山行記録や旅日記また花の写真などを中心によしなし事を載せていきます。 同好の方がみえましたらお立ち寄り下さい。

Entries

途中敗退の乗鞍スキー山行

3月30日(木)~31日(金)

北アルプス乗鞍岳(3026m)

所属山岳会のスキー仲間5人と一緒に、1泊2日で乗鞍岳へスキー山行する。
norikuramap.gif

norikura_20170401131526c79.jpg

【天気】30日(曇り)、31日(曇り時々雪)

【コースタイム】
ゲレンデトップ(9:06)→位ヶ原分岐(11:11)→下降点(11:33/11:50)→ゲレンデトップ(12:50)→山水館(13:18)



3月30日(木) 曇り時々晴れ

天気予報では今日午後から天気が下り坂になりそうである。
朝6時半ごろ名古屋を出発し、中央道を走り、松本ICを出る。
R158を走り、前川渡で左折れして乗鞍高原を目指す。
午前10時過ぎ宿舎の「山水館信濃」に着く。
IMG_3304.jpg

宿に荷物を預けた後スキーの準備をして、旅館のすぐ前にある乗鞍高原スキー場で滑る。
初めてのスキー場であるが、3本リフトをつなぐと、2000m近くから滑り下りることが出来る。
午前10時半ごろから昼食をはさんで午後4時までゲレンデを滑り、明日の山行に備えて足慣らしをする。
午後3時を過ぎると、急に温度が下がり始め雪質が固くなってくる。
宿に戻り、硫黄の匂いのする気持ちのいい温泉につかり疲れをいやす。
夕食を食べた後、明日に備え午後9時過ぎには就寝する。



3月31日(金) 曇り時々雪

朝起きて外を覗くと曇りがちの天気である。
天気予報では、午後から崩れてくるようである。
朝食を食べた後、ゲレンデで滑っている2人の仲間と別れ、我々4人は、午前8時過ぎリフトが動き出すのを待って、リフトを乗りついてゲレンデトップへ登る。
リフトを下り、スキーにシールを張って登る準備をする。
DSC06454.jpg

ここからは林の切り開きを位ヶ原を目指して登っていく。
直ぐに100m近くある今日一番の急斜面をジグザグを切って登る。
DSC06455.jpg

登るにつれ傾斜が増し、シールを着けていても滑ってしまう。
苦労をして何とか登りきる。
やや緩くなった切り開きの道をさらに登っていく。
DSC06457.jpg

雪も舞い始めた中のつらい登りが続く。
DSC06459.jpg

登りだして約2時間後、午前11時過ぎ位ヶ原への分岐点に出る。
DSC06460.jpg

右に行けば位ヶ原山荘、まっすぐに登れば肩ノ小屋方面へ行苦ことが出来る。
我々は、今日は肩ノ小屋までは時間的にも無理と判断し、まっすぐに前の急坂を登る。
ここも急な登りで、何度もジグザグを切って登る。
20分ほどかけて急坂を登り切り、そこで引き返すことにする。
樹林の陰で昼食を食べて休憩をする。
DSC06463.jpg

11:50、スキーのシールをはずし滑って下山にかかる。
しかし、天気が悪く気温が低いので雪質は最悪である。
昨日までに登ったり、滑ったりした後の雪が固まってデコボコになり、私の腕では思うようにスキーを回すことが出来ない。
何とかボーゲンで滑るも、急斜面で何回も転んでしまう。
自分のスキー技術のなさを思い知らされる。
登りに苦労した最後の急坂は、私の腕では滑り降りることは出来ないので、スキーを外し歩いて下る。
1時間ほどかかり12:50、やっとゲレンデトップに出る。
ここからゲレンデを滑って下り、午後1時過ぎ宿泊地へ到着する。

もう一日滑っていくという仲間1人と別れ、帰りに近くの日帰り温泉「湯けむり館」で身体を温める。
午後2時半、温泉を出て帰途に着く。
松本まで下ると、下界は雨が降っている。
中央道を走り、午後7時過ぎ名古屋へ帰る。



今回のスキー山行は、天気が思わしくなく、残念ながら肩ノ小屋までたどり着くことが出来なかった。
雪の状態が悪く、自分のスキー技術の未熟さを思い知らされた山行であった。
以前に比べてゲレンデでは少しはうまく滑れるようになったと思っていたが、雪質によってあれほど滑ることが難しいとは想像出来なかった。
初めての乗鞍スキー山行で、まだまだ修行を積む必要を痛感した山行であった。
もっと技術をみがき、機会があれば再度チャレンジしたいものである。
山遊人

関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ご案内

プロフィール

山遊人

Author:山遊人
Myブログへようこそ!
我が家の番犬だったウィルくんです。安全で楽しい登山を願っています!

FC2カウンター

電光掲示板

人生が輝き出す名言集



presented by 地球の名言

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ全記事表示