FC2ブログ

山遊人の徒然日記

山と写真をこよなく愛するおじさんのブログです。 山行記録や旅日記また花の写真などを中心によしなし事を載せていきます。 同好の方がみえましたらお立ち寄り下さい。

Entries

奥美濃の山でラッセル訓練‥‥?

2月18日(土)

奥美濃:オサンババ(山中山)(1631m)

所属山岳会支部の指導員研修で、奥美濃のオサンババへ山行する。
osanbabamap.jpg

オサンババとは変わった山名であるが、地元では兎ヶ馬場(ウサンババ)とよんでいたのを、有名な生物学者の今西錦司氏がオサンババと聞き間違え、この名が広まったということである。
12名の参加で、午前7時前に集合し、東海北陸道郡上八幡ICを出て、せせらぎ街道を走り、午前9時半ごろ「めいほうスキー場」駐車場へ着く。
休日のためか、スキー場は結構賑わっている。
現地の天気は、風もない暖かないい日和である。
9時半、リフトを2本乗り継ぎ、ゲレンデトップへ着く。
会員の特別アドバイザーからワカンやラッセルの由来、ラッセルの仕方などのレクチャーを受ける。
「ラッセル泥棒」など初めて聞く内容の話もあり、参加者皆熱心に聞いている。
IMG_3180.jpg

積雪の状態は、前日に雨が降ったため表面がクラストしており、あまり沈まなく、ワカン歩行訓練にはよくない。
午前10時過ぎ、ワカンを装着して、班ごとにオサンババを目指して歩きは始める。
IMG_3184.jpg

尾根通しでは直ぐに着いてしまうので、山腹まで下って、また登り返してワカン歩行の訓練をする。
IMG_3186.jpg

吹き溜まりではワカンを着けていても30cmぐらいは沈む中を歩いていく。
DSC03541.jpg 

1時間ほど歩き、11:20、オサンババ山頂に着く。
DSC03545_201702211105437a9.jpg 

山頂からは、西に烏帽子岳や鷲ヶ岳が近い。
北西には大日岳、その後ろには真っ白な白山連峰が木の間から見え隠れする。
IMG_3192.jpg

山頂で昼食をとった後、帰りは班ごとに登り下りを繰り返しながら戻ることにする。
我々の班は、一度大きく谷まで下り、再び直登気味にゲレンデトップへ登り返す。
ゲレンデはたくさんのスキーヤー、スノーボーダーで賑わっている。
IMG_3191.jpg

午後1時半に集合し、スキー場の縁に沿ってスキーヤーの邪魔にならないようゲレンデを下る。
(もちろん許可を取っている)
IMG_3193_2017021912124786e.jpg

DSC03555_20170221110541bb8.jpg 

約5キロあるゲレンデを1時間ほどかけて下る。
隣りをスキーヤが軽快に滑っていくのを横目に見ていると、やはりスキーで登り、下りはスキーで降りてきたくなる。
午後時半過ぎ駐車場へ戻り、道が混まないうちに帰途に就く。
午後5時過ぎ名古屋へ帰り着く。



今日はワカンでのラッセル訓練が目的であったが、雪の状態があまりよくなく所期の目的は果たせなかった。
しかし、雪の状態によっていろいろなワカンでの歩き方を学ぶことができた研修山行であった。
山遊人

関連記事

*Comment

*Comment_Post

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

山遊人

Author:山遊人
Myブログへようこそ!
我が家の番犬だったウィルくんです。安全で楽しい登山を願っています!

FC2カウンター

電光掲示板

人生が輝き出す名言集



presented by 地球の名言

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ全記事表示

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-