FC2ブログ

山遊人の徒然日記

山と写真をこよなく愛するおじさんのブログです。 山行記録や旅日記また花の写真などを中心によしなし事を載せていきます。 同好の方がみえましたらお立ち寄り下さい。

Entries

富士山展望の山

1月22日(日)

箱根外輪山:金時山(1212.4m)

登山教室の引率で、箱根外輪山の金時山へ山行する。
kintokimap.jpg
(GPS軌跡)

kintoki.jpg

【天気】 快晴

【コースタイム】
公時神社(10:40)→金時隠れ岩(11:00)→金時山(12:05/12:50)→長尾山(13:33)→乙女峠((13:55/14:00)→国道(14:55)



受講生11名、指導員4名の参加で、朝7時前にマイクロバスで出発する。
冬型気圧配置であるが、富士地方は素晴らしい晴天で、途中の車の中からも富士山がくっきりと見える。
11時過ぎ新東名の御殿場ICを出る。
R138を走り、乙女トンネルを抜けた先の公時神社前の駐車場へ10時半前に着く。
20台ほど停められる駐車場はすでに満車状態で、路肩まで停まっており、この山の人気の高さがうかがわれる。
IMG_2917.jpg

ストレッチをして、10:40、神社前を出発する。
IMG_2919.jpg

ゴロゴロした溶岩が固まった岩の多い道を20分ほど登ると、金時宿り石と名付けられた大岩が現れる。
金太郎が真っ二つに割ったのではないかと思うような大きな割れ目がある。
IMG_2922.jpg

宿り石を過ぎるころから数日前に降った残雪が表れ始める。
ジグザグに急坂を登り、11時半過ぎ仙石原から登ってきた道と合流し、稜線上に出る。
IMG_2976_20170122213819d38.jpg

眼下には箱根山方面と芦ノ湖が見えている。
IMG_2974_20170122213825b7a.jpg

山頂直下の稜線の道を登っていく。
IMG_2977.jpg

1時間半ほど登り、12:05、金時山山頂に立つ。
山頂からは目の前にさえぎるもののない絶景が広がる。
7合目あたりまで雪をいただいた富士山の雄姿が目に飛び込んでくる。
IMG_2988_201701222138045d0.jpg

有名な金時娘の小屋など2軒の小屋が建つ山頂は大勢の登山者で賑わっている。
IMG_2986_20170122213803831.jpg

南東には芦ノ湖の湖面が逆光に輝いて見える。
10m前後の強い風が吹いていて寒いので、山頂を少し下がった風を避けられるところで昼食を食べる。
小屋で飼われているのかやぶの中から子猫が餌をねだりに出てくる。
IMG_2993_2017012221380058c.jpg

昼食を食べた後、12:50、乙女峠への道を下山にかかる。
滑りやすいので、下りでは軽アイゼンをつけさせる。
前に富士山を見ながら明るい尾根道を下る。
IMG_3020.jpg

小ピークを越し再び上り返して長尾山を越える。
ぬかるんだ道を下り、13:55、乙女峠に降り立つ。
IMG_3034_20170122213747e88.jpg

峠には展望台があり、そこに上ると梢の先に富士山が頭をのぞかせているのが見える。
IMG_3033_201701222137509cf.jpg

峠から左に折れ、急坂をジグザグに下る。
緩やかになった木の根の多い道を下り、午後3時前国道に飛び出す。
迎えに来たバスに乗り込み帰途につく。
帰りの時間がかかるので今日は日帰り温泉委には立ち寄らない。
名古屋へ近づくにつれ、途中から雨が降り出す。
4時間近くかかり、午後7時前に名古屋へ戻る。



以前から金時山には一度登ってみたいと思っていたが、山頂からの展望は期待にたがわず1級品であった。
特に遮るものがなく大きくすそ野を引いた富士山の姿は感動的であった。
登るのにもそんなに時間がかからず、人気の高い山であることが実感できた山行であった。
山遊人

関連記事

*Comment

*Comment_Post

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

山遊人

Author:山遊人
Myブログへようこそ!
我が家の番犬だったウィルくんです。安全で楽しい登山を願っています!

FC2カウンター

電光掲示板

人生が輝き出す名言集



presented by 地球の名言

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ全記事表示

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-