FC2ブログ

山遊人の徒然日記

山と写真をこよなく愛するおじさんのブログです。 山行記録や旅日記また花の写真などを中心によしなし事を載せていきます。 同好の方がみえましたらお立ち寄り下さい。
No  600

師走の風強し!:錫杖ヶ岳

12月14日(水)

布引山地:錫杖ヶ岳(676m)

登山教室の現地学習で、三重県津市にある錫杖ヶ岳へ山行する。
syakujoumap_20161215092653a56.jpg
(GPS軌跡)

syakujou_20161215092654d3e.jpg


【天気】 曇り時々晴れ(風強い)

【コースタイム】

錫杖湖(8:30)~北畑登山口(8:55)~柚之木峠(10:00/10:05)~錫杖ヶ岳(11:00/11:45)~福徳分岐(12:18)~林道出合(12:54)~錫杖湖(13:13)



未明まで降っていた雨が上がり、冬型気圧配置が強まりそうな天気である。
受講生等12名、指導員4名の参加で、朝7時前にマイクロバスで出発する。
伊勢道の芸濃ICを下り、錫杖湖の駐車場へ午前8時半前に着く。
雨上がりで風が強く寒い。
十分にストレッチをして身体をほぐす。
DSC05881.jpg

8:30、準備を整え、登山口まで安濃川に沿った車道を歩いていく。
DSC05882.jpg

途中には平清盛の孫の平維盛の墓と伝えられる成覚寺がある。
源氏に敗れた維盛がここまで落ちのびて移り住んだと伝えられている。
DSC05883.jpg

30分ほどで林道を右手に下り、安濃川を渡って登山道に入る。
DSC05884.jpg

谷に沿って徐々に上がっていく。
DSC05885.jpg

あまり歩かれていないのか、所々分かりにくいところがあり予想より時間がかかる。
直下の急坂を登り、10:00、柚之木峠に着く。
DSC05887.jpg

ここから右に折れて痩せた尾根道を登っていく。
稜線に出ると10m以上の強風が吹き、体感的には氷点下以下に感じてとても寒い。
山頂直下には鎖のかけてある岩場が続く。
DSC05889.jpg

人数が多いため、通過に時間がかかり、11時前に山頂下の東屋へ着く。
山頂へ登る前にここで昼食タイムを取る。
DSC05893.jpg

昼食後、空身で山頂へ登る。
山頂からは東に伊勢湾、北には鈴鹿山地などが一望できる。
DSC05897.jpg

DSC05896.jpg

眼下には錫杖湖も見えている。
DSC05898.jpg

全員で記念撮影をする。
DSC05902.jpg

東屋まで戻り、東へ続く急な尾根を下る。
福徳への分岐から南の谷に沿った道を下り、林道へ出てしばらくで下垣内の登山口に下り立つ。
DSC05907.jpg

橋を渡って、13:13、バスの待つ駐車場へ戻る。

帰りに「あのう温泉」で冷えた体を温めた後、伊勢道、東名阪道を走り、午後4時ごろ名古屋へ帰る。



大陸からの高気圧が張り出し、風が非常に強い寒い日であった。
登りにとった柚之木峠までの谷道は、あまり整備されておらず所々崩れている所もあった。
RF要素も備えた道で、山頂直下の岩場と合わせて変化に富んだコースであり、参加された皆さん結構面白かったのではないかと思う。

P.S.
私事ですが、今日の山行が、今年100日目の山行になり、生徒さんから祝っていただき、飴で作ったレイを頂きました。
感謝、感謝です。
IMG_2831_201612150925520fc.jpg 
山遊人
関連記事
別窓 | 山行 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<忘年山行:枡形山 | 山遊人の徒然日記 | 新雪の富士を振り仰ぎ:毛無山>>

この記事のコメント

∧top | under∨
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 山遊人の徒然日記 |