FC2ブログ

山遊人の徒然日記

山と写真をこよなく愛するおじさんのブログです。 山行記録や旅日記また花の写真などを中心によしなし事を載せていきます。 同好の方がみえましたらお立ち寄り下さい。

Entries

鈴鹿の奥座敷の山で研修山行:イブネ・クラシ

11月26日(土)

鈴鹿山系:イブネ(1160m)・クラシ(1145m)

所属山岳会の研修山行で、鈴鹿の愛知川を渡った西にあるイブネ・クラシに山行する。
ibunemap_20161126213723151.jpg
GPS軌跡


ibune_2016112621372413f.jpg

【天気】 快晴

【コースタイム】
朝明(6:50)→羽鳥峰峠(7:54/8:04)→ヒロ沢出合(8:45/9:00)→お金谷出合(9:20)→お金明神(9:45)→お金峠(10:00)→作ノ峰(10:32)→ワサビ峠(10:52/11:02)→ジャンダルム(11:55)→クラシ(12:10)→イブネ(12:27/12:55)→千草街道出合(13:20/13:25)→コクイ谷出合(14:10/14:15)→根の平峠(15:00/15:05)→朝明(16:05)




本来なら1泊2日でのテント山行の予定であったが、今日の夜から明日にかけて雨天の予報が出ているため、日帰り山行に変更する。
16名の参加で、各自7時前に朝明の駐車場へ集合する。
支度をして、6:50、羽鳥峰峠へ向けて歩き出す。
DSC05694.jpg

1時間ほどで羽鳥峰峠へ到着する。
真っ青な青空が広がる快晴の素晴らしい晴天である。
DSC05695.jpg

峠からヒロ沢を下り、8:45、愛知川に出る。
水量が少なく、飛び石伝いに対岸へ渡る。
DSC05696.jpg

左岸の道を少し上流へ歩き、お金谷出合へ着く。
DSC05697.jpg

お金谷を登り、左手のお金明神へ行く。
DSC05698.jpg

狭いお金峠に登り、ここからは稜線の道を南下する。
DSC05699.jpg

小作ノ峰、作ノ峰を経て、10:52、ワサビ峠に出る。
DSC05700.jpg

ワサビ峠からは痩せ尾根になり、左右が切れ落ちた個所を注意して登る。
1時間弱歩き、鈴鹿のジャンダルムと言われるドーム状のピークが見えてくる。
DSC05701.jpg

ジャンダルムを過ぎると、やっと緩やかになり、ブナなどの明るいクラシ北尾根を行く。
DSC05704.jpg

12時ごろイブネ・クラシの台地に出て、12:10、クラシ山頂に着く。
DSC05703.jpg

広く気持ちのいい台地を歩き、イブネを目指す。
DSC05705.jpg

12時半前、予定よりだいぶ早くイブネに着き、風もなく暖かな草原で昼食タイムをとる。
DSC05710.jpg

眼前には御在所岳から鎌ヶ岳へかけての稜線がよく見えている。
左手には伊勢湾が見下せ、名古屋のビル群も薄っすらと見えている。
DSC05706.jpg

休憩後全員で記念撮影をする。
DSC05711.jpg

12:50、イブネ南尾根を下山にかかる。
DSC05713.jpg

立ち木につかまりながら急な尾根を下山する。
DSC05714.jpg

30分弱の下りで、13:20、千草街道出合へ着く。
ここから千草街道を歩き、コクイ谷出合へ出る。
新しい橋がかけられており、それを対岸へ渡り、上水晶谷を越えて、15:00、根の平峠へ登り返す。
峠から伊勢谷を下り、16:05、朝明の駐車場へ戻り解散する。



今日の山行は長時間歩行のトレーニングを兼ねた研修山行であった。
15km、正味8時間半を歩き、ちょうどいい疲れで終わることが出来た。
初冬の明るい日差しの中、イブネまではほとんど他の登山者と会うこともななく気持ちよく歩けた山行であった。
山遊人

関連記事

*Comment

*Comment_Post

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

山遊人

Author:山遊人
Myブログへようこそ!
我が家の番犬だったウィルくんです。安全で楽しい登山を願っています!

FC2カウンター

電光掲示板

人生が輝き出す名言集



presented by 地球の名言

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ全記事表示