FC2ブログ

山遊人の徒然日記

山と写真をこよなく愛するおじさんのブログです。 山行記録や旅日記また花の写真などを中心によしなし事を載せていきます。 同好の方がみえましたらお立ち寄り下さい。

Entries

南アルプスの鋭鋒:塩見岳(その3)

7月23日(土) 晴れ

三伏峠小屋~烏帽子岳~三伏峠小屋~鳥倉登山口~駐車場

shiomi3.jpg

朝方まで雨がやまず、今日予定している小河内岳まで行くかどうかの判断に迷う。
朝食を食べた後、朝6時まで小屋で待機する。
だんだんと雨も小降りになり、とり敢えず烏帽子岳まで行ってみることにする。
6:00、小屋を出発し、お花畑を通り、烏帽子岳を目指す。
樹林帯を抜け、ハイマツ帯から稜線に出るとガスの間から富士山の頂が見え始める。
DSC04636.jpg

登るにつれガスが切れ周囲の山々も見えてくる。
6:55、烏帽子岳山頂に着き、富士山と塩見岳をバックに記念撮影。
DSC04642.jpg

DSC04637.jpg

塩見岳の後ろには南ア北部の北岳、間ノ岳、仙丈ヶ岳などが雲の間に浮かんでいる。
DSC04641.jpg

南には小河内岳やその後ろには荒川三山なども見える。
DSC04647.jpg

時間も早いので、一部の人でさらに先の小河内岳を目指す。
DSC04643.jpg

途中前小河内岳からは小河内岳山頂直下に建つかわいらしい避難小屋も見える。
4_20160724070431f14.jpg

烏帽子岳山頂で下りてくるのを待っていると、青空のもと塩見岳もはっきりと姿を現す。
DSC04655.jpg

岩陰には可憐かウスユキソウが咲いている。
DSC04651.jpg

写真を撮ったり絵を描いたりして待っていると、2時間ほどで小河内岳へ向かったメンバーが戻ってくる。
小屋へ戻ると、テント場には沢山のカラフルなテントが張られている。
DSC04661.jpg

ひと休みをした後、2日間世話になった小屋をあとに午前10時過ぎ下山にかかる。
DSC04662.jpg

2時間ほどで歩いて、鳥倉登山口に下山する。
DSC04664.jpg

鳥倉林道を歩き、12:50、無事駐車場へ戻ってくる。
土曜日のため駐車場は満車状態である。
下っていくと、林道の路肩や15分ほど下った第2駐車場にも車が停めてある。

帰りに松川IC近くの「清流苑」の日帰り温泉で3日間の汗を流し、中央道を走り、午後6時ごろ帰名する。



塩見岳は南アの中央部に位置しており、交通の便などでなかなか行く機会がなかったが、今回計画してやっと登ることができた。
梅雨が明けきらず、天気を心配して出かけたが、登山中はたいした雨にも降られずに何とか計画通り実施できた。
塩見岳登頂とともに烏帽子岳からの富士山の姿も見ることが出来、参加された皆さんの思いがかなった山行ではなかったかと推察する。

山遊人

関連記事

*Comment

*Comment_Post

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

山遊人

Author:山遊人
Myブログへようこそ!
我が家の番犬だったウィルくんです。安全で楽しい登山を願っています!

FC2カウンター

電光掲示板

人生が輝き出す名言集



presented by 地球の名言

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ全記事表示