FC2ブログ

山遊人の徒然日記

山と写真をこよなく愛するおじさんのブログです。 山行記録や旅日記また花の写真などを中心によしなし事を載せていきます。 同好の方がみえましたらお立ち寄り下さい。

Entries

初夏の尾瀬:燧ヶ岳・至仏山(その3)

7月1日(金)

山ノ鼻~至仏山~鳩待峠

ozemap2_201607030418372eb.jpg

oze2_20160703041838edb.jpg

【天気】
 快晴

【コースタイム】
山ノ鼻尾瀬ロッジ(5:25)→至仏山登山口(5:33)→高天原(8:25/8:30)→至仏山(9:10/9:20)→小至仏山(10:10)→鳩待峠(11:40)



至仏山は、植生保護のため1ヶ月半ほど登山が禁止されていたが、今日からまた解禁される。
至仏山にはまだガスがかかっているがいい天気になりそうである。
今日も午前4時半に起床し、5:20、外へ出てストレッチをする。
DSC04355.jpg

5:25、至仏山へ向けて歩き始める。
すぐに登山口に着く。
植生保護のためや滑りやすい道なので一方通行の案内が出ている。
DSC04357.jpg

1時間ほどで森林限界を抜けると徐々にガスが切れ出し、昨日登った燧ヶ岳が雲の上に顔を出す。
DSC04362.jpg

登るにつれ尾瀬ヶ原も眼下に見えてくる。
IMGP3922.jpg

蛇紋岩の中の階段の多い道を登っていく。
IMGP3926.jpg

IMGP3933.jpg

山頂近くは花が多い。
IMGP3928.jpg

IMGP3943.jpg

IMGP3935.jpg

9:10、至仏岳山頂に着く。
IMGP3947.jpg

10:10、小至仏山に着く。
IMGP3959.jpg

IMGP3960.jpg

ワタスゲの咲くオヤマ沢田代の湿原を通って下山する。
IMGP3972.jpg

緩やかに下って、11:40、鳩待峠に着く。
IMGP3980.jpg

鳩待峠の駐車場からバスに乗り、途中の日帰り温泉で3日間の汗を流す。
途中で下車して東洋のナイアガラと言われる高さ7m、幅30mの「吹割の滝」を見に行く。
IMGP3982.jpg

バスに戻り、関越、長野、中央道を走り、午後9時過ぎ名古屋へ帰る。



念願だった尾瀬の2つの百名山、燧ヶ岳と至仏山へ山行することが出来た。
出かけるまでは天気が心配だったが、現地は予想以上によく、山頂からの展望を楽しめた。
ニッコウキスゲの満開にはまだ少し早かったが、その他にもいろいろな花々にも出会えた。
日本の代表的な高層湿原「尾瀬」の山々を巡ることが出来た山旅であった。
参加された皆さんが元気で3日間を歩き通し、事故もなく終わることが出来感謝している。
山遊人

関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ご案内

プロフィール

山遊人

Author:山遊人
Myブログへようこそ!
我が家の番犬だったウィルくんです。安全で楽しい登山を願っています!

FC2カウンター

電光掲示板

人生が輝き出す名言集



presented by 地球の名言

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ全記事表示