FC2ブログ

山遊人の徒然日記

山と写真をこよなく愛するおじさんのブログです。 山行記録や旅日記また花の写真などを中心によしなし事を載せていきます。 同好の方がみえましたらお立ち寄り下さい。

Entries

梅雨の晴れ間の赤兎山

6月20日(月)

奥越:赤兎山(1628m)


登山教室の有志の方々5人と、奥越の赤兎山へ山行する。
   akausagiyamamap.jpg

akausagiyama.jpg

【天気】 曇り時々晴れ

【コースタイム】
鳩ヶ湯(9:05)→登山口(9:45)→たんどう谷出合(11:05)→奥ノ塚峠(12:20)→赤兎山(14:05/14:30)→奥ノ塚峠(15:28)→たんどう谷出合(16:20)→登山口(17:43)→鳩ヶ湯(18:10)



朝6時半に集合して、2台の車に分乗し、東海北陸道を走り、白鳥ICで出て、R158を西へ走る。
前日夜まで雨が降っていたが、今日一日は何とかもちそうな予報が出ている。
勝原を右折して、打波川に沿った林道を走り、午前9時前に鳩ヶ湯に着く。
鳩ヶ湯は、ちょうど本館の建築中である。
IMG_0855.jpg

9:05、準備をし橋を渡って左手の長い赤い階段を登る。
    IMG_0856.jpg

すぐに林道に出て、3回ほどジグザグを切って登り、9:45、登山口に着く。
右手の示導標から急坂を登りだす。
IMG_0858.jpg

2度ほど林道を横切り、ベンチのある広場で休憩する。
IMG_0859.jpg

このあたりではササユリの花がここかしこに見られる。
左側が切れ落ちた細い道を山腹を高巻いて行き、11:05、たんどう谷出合に出る。
IMG_0860.jpg

水量は前回来た時よりは少なく、飛び石伝いに対岸へ渡る。
ここから急登が始まり、小さな滝やワサビ田を通って、尾根上に出る。
お昼頃ベンチのある広場で休憩する。
このあたりではホウバの木が白い大きな花を付けている。
IMG_0862.jpg

休憩後100mほど急坂を登り、奥ノ塚峠へ出る。
素晴らしいブナ林の続く赤兎山南尾根を緩やかに登っていく。
途中P1351のあたりで昼食を食べる。
IMG_0866.jpg

昼食後、ナナカマドなどの灌木が多い道を行く。
IMG_0867.jpg

ゴゼンタチバナが咲く最後の坂を登って、14:05、赤兎山山頂に立つ。
IMG_0876.jpg

他に誰もいない山頂で記念撮影。
IMG_0870.jpg

残念ながら白山方面や経ヶ岳方面には雲がかかりハッキリとは見えない。
少し先の赤兎平の避難小屋を見下ろせるところで休憩をする。
このあたりではニッコウキスゲが咲き出している。
IMG_0871_201606210618300ee.jpg

IMG_0873.jpg

IMG_0877_20160621061827a71.jpg

時間も遅いので、赤兎平を避難小屋まで行くのは中止し、14:30、下山にかかる。
登ってきた道を下り、午後4時過ぎたんどう谷出合に出る。
谷を渡るときに飛び石の上で足を滑らしてドボンをしてしまい、スマホとカメラを濡らしてしまう。
すぐに乾いた布で拭くも動かない。
またまた買い替えか?と心配になる。
登ってきた道を下り、予定より1時間以上遅れて、午後6時過ぎ鳩ヶ湯へ降り立つ。
すぐにスマホに電源を入れると動き出しホッとする。

鳩ヶ湯温泉は午後5時までしか入れないので、平成の湯に入り汗を流す。
途中のSAで夕食を食べ、午後10時過ぎ名古屋へ帰る。



1月前に来た時よりも草が茂っており、また、一日前に雨が降ったためトラバース道は滑りやすく神経を使って歩いた。
そのため登りに5時間かかったが、全員無事山頂に立つことが出来た。
山頂からの眺望があまりなかったのは残念であったが、途中一人の登山者とも会うこともなく梅雨の晴れ間の静かな山行が出来た。
山遊人

関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ご案内

プロフィール

山遊人

Author:山遊人
Myブログへようこそ!
我が家の番犬だったウィルくんです。安全で楽しい登山を願っています!

FC2カウンター

電光掲示板

人生が輝き出す名言集



presented by 地球の名言

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ全記事表示