FC2ブログ

山遊人の徒然日記

山と写真をこよなく愛するおじさんのブログです。 山行記録や旅日記また花の写真などを中心によしなし事を載せていきます。 同好の方がみえましたらお立ち寄り下さい。

Entries

再び西尾根から:鬼面山

5月28日(土)

伊那山地:鬼面山(1889.8m)

所属山岳会で、伊那山地の最高峰鬼面山へ山行する。
kimenzanmap_20160529060900df4.jpg
 鬼面山トラック

kimenzan_20160529060901492.jpg

【天気】 曇り

【コースタイム】
駐車場(9:20)→登山口(9:45)→P1269(10:20)→フェンス(11:20)→稜線分岐(12:10/12:15)→鬼面山(12:50/13:20)→稜線分岐(13:48)→登山口(15:40)→駐車場(15:58)



午前中は曇りがちの天気予報が出ている。
参加者10名で、朝6半過ぎに集合し、2台の車に分乗して、6:45、出発する。
中央道の飯田ICを出て、東へ喬木村の大島集落を抜けて、本谷に沿った林道を上がる。
午前9時ごろ林道分岐から橋を渡り、道路の落石を車から降りて除けながら左の荒れた林道を少し上がり退避所に駐車する。
準備をして、9:20、出発する。
IMG_0782.jpg

少し林道を歩き、本谷を対岸へ渡ると山道になる。
前回来た時に確認していたのだが、木が茂っていて登山口を見落としてしまう。
少し行ったところで気が付き、登山口から西尾根に取り付く。
IMG_0798.jpg

斜面をジグザグに登り尾根上に出る。
急な尾根道をほぼまっすぐに登っていく。
IMG_0783.jpg

途中から踏み跡があまりはっきりしなくなり、慎重に探しながら登っていく。
益々急になる尾根道を喘ぎながら登り、動物除けのフェンスが出てくると少し楽になる。
フェンスに沿って登り、3時間ほどかかって、11:20、主稜線に出る。
ガスがかかり少し寒いくらいである。
IMG_0788.jpg

左に折れて小ピークを2つほど超えて主稜線を北上する。
分岐から30分ほど登り、12:50、一等三角点の鬼面山山頂に出る。
     IMG_0795.jpg

2人連れの登山者がいるだけである。
櫓の上に上がるも、周囲は濃いガスの中で何も見えない。
全員で記念撮影をする。
IMG_0789.jpg

櫓の下で昼食タイムを取る。
IMG_0792_20160529060842493.jpg

30分ほど休み、13:20、登ってきた道を下山にかかる。
フェンスのところで若干道を間違えるも、15:40、無事登山口へ下る。
本谷を渡り、林道を少し歩いて、15:58、駐車地点に戻ってくる。

帰りに、飯田の天空の城の日帰り温泉で汗を流した後、中央道を走り、午後7時半ごろ帰名する。



西尾根からの鬼面山山行は、標高差が1000mぐらいあり、ほとんど人も入らないコースのようである。
最初のうちは踏み跡もはっきりしているが、だんだんと薄くなり、ルートファインディングに注意しながら登る面白いコースである。
ガスがかかって山頂からの眺望は得られなかったが、参加された皆さん全員が元気に山頂に立てたのは何よりであった。
山遊人


234-60-banner2016.jpg
夏山フェスタ
関連記事

*Comment

*Comment_Post

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

山遊人

Author:山遊人
Myブログへようこそ!
我が家の番犬だったウィルくんです。安全で楽しい登山を願っています!

FC2カウンター

電光掲示板

人生が輝き出す名言集



presented by 地球の名言

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ全記事表示

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-