FC2ブログ

山遊人の徒然日記

山と写真をこよなく愛するおじさんのブログです。 山行記録や旅日記また花の写真などを中心によしなし事を載せていきます。 同好の方がみえましたらお立ち寄り下さい。

Entries

長い岩稜が続く尾根歩き:宇連山

5月26日(水)

奥三河:宇連山(929.7m)

登山教室の現地学習で、奥三河の宇連山へ山行する。
uresanmap_201605260950084b8.jpg
 宇連山トラック

uresan_20160526095010ac7.jpg

【天気】 曇り

【コースタイム】
愛知県民の森(8:45)~南尾根展望台(9:37)~北尾根分岐(11:50/11:55)~宇連山(12:25/12:55)~滝尾根分岐(13:33)~展望台(13:57/14:05)~下石の滝(14:22)~愛知県民の森(15:10)



前日から雨になりそうな予報が出ている。
朝起きると既に朝6時ごろにはパラパラと雨がぱらつく天気である。
今回は、受講生等11名と指導員3名の参加で、朝7時前にマイクロバスで出発する。
新東名から三遠南信道に入り、鳳来峡ICで降り、左に折れてR151号を少し走る。
三河槙原駅手前で右に折れ、午前8時半ごろ愛知県民の森の駐車場に着く。
幸い現地の天気は名古屋よりはよく、薄曇りの天気である。
準備をして、8:45、キャンプ場から宇連山南尾根への道に取り付く。
IMG_0763_20160526094953883.jpg

少し登ると南尾根上に出て、岩稜地の道を登っていく。
IMG_0764.jpg

1時間弱登り、四阿の建つ南尾根展望台に着く。
IMG_0767_20160526094956c5b.jpg

さらに小さなピークの登り下りを繰り返して高度を上げていく。
IMG_0768.jpg

途中にはホソバシャクナゲがあるが、残念ながらすでに花の時期は終わっている。
登り始めて約3時間ほどかかり、北尾根との分岐に出る。
分岐から最後の急坂を登り、棚山高原からの道が左から合流すると間もなく、12:25、2等三角点の宇連山山頂へ着く。
山頂からは北東に三ツ瀬明神山が霞んで見える。
IMG_0775.jpg

今日は南アルプス方面はよく見えない。
山頂でゆっくりと昼食タイムを取る。
昼食後、全員で記念撮影をする。
IMG_0776.jpg

12:55、下山にかかり、北尾根分岐を過ぎ、滝尾根を下る。
結構急な尾根道を下り、午後2時前展望台に出る。
展望台から少し下り、「亀石の滝」への分岐を左に分け、右に折れて谷へ下って行くと眼前に「下石の滝」が現れる。
全長約90m、四段に折れ曲がった滝だが、今日は水量が少ない。
IMG_0778.jpg

滝を過ぎると道は平らになり、すぐに県民の森の散策路となる。
このあたりでは、コアジサイの薄紫の小さな花が沢山咲いている。
しばらくして橋を渡り、広い林道を歩いて、15:10、バスの待つ駐車場へ戻る。

帰りに、途中の日帰り温泉「うめの湯」で汗を流してから新東名、湾岸道を走り、午後6時ごろ名古屋へ帰る。



今日は途中雨に降られることを覚悟して出かけた山行であったが、幸いにも最後まで降られなかった。
3時間半を越す教室としてはロングコースであったが、全員が無事完登することが出来た。
これからの夏山山行のためのいいトレーニングになった山行であった。
山遊人

234-60-banner2016.jpg
夏山フェスタ
関連記事

*Comment

*Comment_Post

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

山遊人

Author:山遊人
Myブログへようこそ!
我が家の番犬だったウィルくんです。安全で楽しい登山を願っています!

FC2カウンター

電光掲示板

人生が輝き出す名言集



presented by 地球の名言

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ全記事表示